FC2ブログ

ジョゼと虎と魚たち(2)男が捨てたいと思う時

動物園で虎を見て語るジョゼ
「夢みそうにこわい。
一番こわいものをみたかったんや。
好きな男のひとができた時に
こうやって
もしできんかったら
一生本物の虎はみれんかと思ってた。
それでも しゃあないと思ってた。
けど みれた。
感謝しいや」

「え! オレが(恒夫)」

二人で旅に出て 思いっきり甘えるジョゼ
わがまま放題。
おんぶさせる。

これは男にはボディブローのようにきいてくる。

そして初々しい女性と出会う。
17歳の頃の上野樹里です。
色っぽいですね。
別人のようで、驚きでした。

ジョゼを捨てて、
樹里の前で恒夫が泣きますね。
まるでフェリーニ映画の「道」のように。

自分なら樹里に会った時は耐えて、
あとで一人泣きする。
恒夫にはそうあってほしかった。
スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
75位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line