FC2ブログ

バチカンで逢いましょう  完全ネタバレ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

ドイツからカナダに移住した老婦人マリアンネ・ゼーゲブレヒトは、夫に先立たれて、

娘に老人ホームをすすめられ、家族でローマへ行くという約束も破られて、

ゼーゲブレヒトは家族に内緒で、単身で、ローマ法王に面会するためバチカンへ向かう。

ローマに着くと孫娘のアパートを訪ねる。

彼女は敬虔なカトリック教徒で、法王に懺悔しなければならないことがひとつだけあった。

法王面会の待合室で、ゼーゲブレヒトは、老人ロレンツォが盲人なので、

自分の順番を譲り、法王に会えなかった。

バイエルン料理を食べたくなって入店すると、その店は廃業寸前。

オーダーした料理は不合格で、怒ったゼーゲブレヒトはキッチンに入り、

持った包丁で脅しながら、自分で料理してしまう。

店の主人はあまりの美味しさに、たいらげてしまう。

あの盲人のロレンツォがバイクに乗っているのを目撃する。

法王との集団会見で、盲人のふりをしたロレンツォに怒って、

唐辛子スプレイをかけてしまい、

二度と法王に会えなくなったゼーゲブレヒト。

再び、バイエルン料理店に行くと、無報酬で店のコックになることに。

「チップがもらえれば、それで十分」

彼女のつくる美味しい料理に、店は大繁盛する。

ロレンツォはゼーゲブレヒトは愛の告白をして、

法王に会わせるために、偽装結婚を提案する。

花嫁の姿になったゼーゲブレヒトは、いよいよ法王に会えるはずだったが、

会見会場から逃げ出してしまう。

嘘をつくのが許せないのだ。

娘が心配してローマへ。

ゼーゲブレヒトは娘に告白する。

お前の父は一夜だけ浮気した男の種だと。

それを法王の前で懺悔したかった。

法王がドイツ人になったので、なおさら懺悔したかった。

法王に会うことは断念して、帰国する当日。

ロレンツォの画策で、法王のデザートを作るために、法王のキッチンに呼ばれる。

食べた法王が感激して、法王が会いに来る。

ゼーゲブレヒトは帰国することをやめて、ローマに残ることに。

ある日ゼーゲブレヒトはロレンツォのバイクでミューヘンに行くことにした。

THE END
スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
75位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line