FC2ブログ

イングリッシュ・ペイシェント~砂漠と戦争と男の不倫の思い出

.

イングリッシュ・ペイシェント(1996)D


★数行で映画紹介しなければ

主人公の飛行機がドイツ軍に銃撃され墜落、

火傷にあうが救助されて、それを看病する看護婦。

記憶喪失になった主人公は次第に過去の不倫について思い出す。

第69回アカデミー賞作品賞/監督賞/助演女優賞/編集賞/撮影賞/音楽賞/衣装デザイン賞/音響賞

★ショウトしょうとSHORT

初見は退屈だった印象だけで、問題は162分と長いことですね。

再見してみて、やはり退屈なストーリーでした。

なぜ本作がア賞作品賞なのか

「アラビアのロレンス」と同じように砂漠映画だからかもしれません。

★ハートは炎と燃える器官

「戦争での裏切りは、平和な時の裏切りに比べると、子供だまし。

新しい恋人たちは臆病で優しい。だが全てを破壊する。

ハートは炎と燃える器官だから」

と言うフレーズが出てくるが、監督の好みのようだ。

僕的にはピンときません。


完全ネタバレ編


========

★基本情報

原題 The English Patient

監督脚本 アンソニー・ミンゲラ

原作
マイケル・オンダーチェ
『イギリス人の患者』

出演者
レイフ・ファインズ
クリスティン・スコット・トーマス
ジュリエット・ビノシュ
ウィレム・デフォー
コリン・ファース

原作
マイケル・オンダーチェ
『イギリス人の患者』

上映時間162分

製作国 アメリカ合衆国

============

過去3年、600本からマイベストです。


イで、はじまる恋愛映画(洋画編)


俳優別映画一覧


恋愛映画1500本~アイウ順索引


村上サガンの出版物
スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line