fc2ブログ

ミッション  完全ネタバレ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。


1750年ごろ、南米でのキリスト教の布教

スペイン統治下のパラナ川上流域では、キリスト教の布教が、険しい地形とジャングル、

そして先住民グアラニー族の抵抗に阻まれ、多くの宣教師が命を落としていた。

こうした中、宣教師として現地に送り込まれたガブリエル神父は、

笛を吹いて、「音楽」を共通の言葉としてグアラニーの民の心をつかんでいく。

一方、先住民を奴隷にする商人ロバート・デニーロは、

許婚の女性をめぐるいさかいから自分の弟を殺してしまい牢獄へ。

イエズス会に入会することで釈放となり、

以後ガブリエルの指揮する布教活動の有能なスタッフの一人となった。

グアラニー族への布教は急速に成果を上げて、グアラニー族自らで

バイオリンも作るようになった。

農場での収益を平等に分配し、

逃亡した先住民奴隷を惹きつける布教区は、

植民者にとって次第に疎ましい存在となっていった。

そのような折、スペイン・ポルトガル両国によって南米領土の国境線引きが行われ、

イエズス会布教地区はポルトガル領に編入、先住民には布教村からの移動、宣教師たちには退去が命じられた。

宣教師たちはこれに背いて先住民と行動を共にすることを選択。

植民地当局の軍隊が迫る中、ガブリエルが村人たちとともにミサを守る一方、

デニーロは宣教師のおきてにあえて背き、一度捨てた剣を再び取り、

グアラニーの男たちとともに戦うことを決意するが、

ポルトガル軍の猛攻で宣教師もすべて死んでゆく。

「この虐殺は必要だったのか?」

THE END
スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line