FC2ブログ

気まぐれ天使  完全ネタバレ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

舞台はアメリカ

司教デイヴィッド・ニーヴンは、

町に新しい教会堂を建設する基金活動を行っていたが、

うまく集まらず、ついに彼は神に救いを求めた。

その祈りに応えるように現われたのがケイリー・グラントだった。

「僕は天使だ。君を助けよう」

司祭のアシスタントとして働くことになる。

「君が僕を必要としないと思うまで、僕は君を助ける」

魔法で娘のピンチを救ったり、教授に研究テーマを与えたりする。

グラントの行く所、人々が幸福になってしまう。

彼にすっかり心をうばわれたのは司教の妻であった。

グラントがフランス料理へ招待したり、

スケートに誘ったり、彼女には人一倍親切だったのである。

「僕は違う星から来たんです」

ニーヴンは嫉妬のあまり、彼を解雇した。

しかしグラントが、難物のハミルトン夫人を苦もなく説得して、

基金に応募させたりするのをみて、ニーヴンは降参してしまう。

妻にお別れを言うグラント。

グラントの行動はすべて、夫婦の復活愛のためだった。

自分が去ったら、地上の人は1人残らず自分のいたことなど記憶に残らないと、

グラントはニーブンに言ってお別れする。

司教夫妻は2人の愛を再確認する。

娘のベッドに置かれた天使の人形をみて、「誰の贈り物かしら?」と言う妻。

グラントが書いたものを、ニーヴンはクリスマスミサで

司教の言葉として述べている時に

この町をあとにするグラント。


THE END
スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
63位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line