FC2ブログ

わが青春のマリアンヌ  完全ネタバレ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

舞台はオーストリアのフィッシェル湖畔

美しい湖を望む館で寄宿生活をする身よりのない少年たちの仲間に、

南米アルゼンチンから来た美青年。

みんなからアルゼンチンと呼ばれた。

クラスメートは向かいの“幽霊城”と呼ばれる古城へ船で彼を連れていくが、

番人に犬をけしかけられて彼一人おいて逃げ帰ってしまう。

幽霊城で、彼は、自らを囚われの身だという美少女マリアンヌに出会い、心奪われる。

「あなたなのね?」

もう二人はかつての恋人みたい。

(マリアンヌは、頭がおかしいのでは?)

夜となって、マリアンヌは番人の寝こみをついて、彼を対岸まで船で送る。

それから「助けて」とだけ記されたマリアンヌからの手紙で、

一目散に湖を泳いで渡るが、途中で尽きてしまい、なんとか助かる。

夜に鹿の呼ぶ声に誘われて幽霊城に向かう。

マリアンヌと会うが、もうすぐ城主の男爵と結婚せねばならないと訴える。

老人の男爵にみつかり、男爵は言う。

「私は後見人のようなものだ」

「なぜ、マリンアンヌを囲う?」

「囚われているのは私の方だ。

立ち去れ!

昔、マリアンヌは結婚寸前で男に逃げられて、気が狂ってしまったのだ」

マリアンヌが騒ぎ出すので、アルゼンチンはマリアンヌを連れ出そうとすると

番人に殴られて気を失い、湖畔に置き去りにされる。

友人と、再び城へ向かうが、もぬけの殻で、

男爵、マリアンヌに関わるものは何もなく、マリアンヌと男爵の肖像画があった。

もしかしたらアルゼンチンの妄想か、幽霊に化かされたか?

転校するアルゼンチン。

友人に

「マリアンヌを見つけるよ。さよなら」と言う。

THE END

美男子ばかりの、ありえない寄宿学校ですね。
スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
101位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line