FC2ブログ

イル・ポスティーノ  完全ネタバレ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

舞台はイタリア、ナポリ湾のカプリ島

1950年代の一時期、祖国チリを追われた

実在の詩人パブロ・ネルーダが住んでいた事実に基づく。

==

<イル・ポスティーノ>とはイタリア語で、郵便配達人。

青年マリオは、父親から一緒に漁師をしようと言われるが断り続け、

文字が読めることから郵便配達の仕事に就く。

詩人パブロ・ネルーダは共産主義の思想で、

チリから国外追放されて、イタリアの小島に住んでいる。 

島の住人は字が読めない。

郵便配達先は1件だけ、詩人パブロ宛て。

世界中の女性からファンレターが届く。

詩人パブロは妻と2人暮らし。

毎日毎日、女性からファンレターが届く。

やがてパブロと交流することで、文学や芸術に目覚める。

2人はしばしば浜辺で会話し、友情を深めていく。

マリオはパブの女性に恋をして、恋愛相談相手となるパブロ。

パブロの指導で、マリオは女性をとろかせるような詩で、求愛する。

マリオは女性と結婚する。

パブロの逮捕状が解消され、島を去り、祖国チリに帰る。

マリオは共産主義活動に傾倒してゆく。

数年後、パブロが島に訪れたとき、マリオの姿はなかった。

共産活動のデモで命を落としていたのだった。

マリオは島のいいところを録音したものを残した。

パブロは2人の思い出の海岸に足を運び、マリオとの日々を想い、そっと涙を流した。

THE END

辛口ですが

詩人と知り会ったばかりに、共産かぶれして不幸になる話
スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
90位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line