FC2ブログ

赤目四十八瀧心中未遂  完全ネタバレ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

与一は人生に生きがいをなくし、尼崎に流れ着いた。

焼鳥屋の女主人・大楠道代に、古いアパートの一室を世話された与一は、

来る日も来る日もそこでひたすらに臓物をさばき、串にモツを刺して暮らしていた。

そんな与一は大楠に同行していると、大楠の知り合いである寺島しのぶと会う。

ある日、同じアパートに寺島が住んでいることがわかる。

寺島は彫物師の愛人だったが、与一は寺島に惹かれていた。

ある日、与一の部屋に来て、寺島からセックスをしかけてきた。、

濃厚に交尾する。

同じアパートの住人から頼まれごとをされる与一。

東京に戻れという昔の同僚もたずねてくる。

「うちを連れて逃げて」と寺島が言う。

「どこへ?」

「この世の外へ連れてって」

寺島はヤクザから追われているのだ。

「あんた! 本当にウチと行くの?」

「はい。どこも行く所がありません」

駅のコインロッカーに

張り出されていたポスター(赤目四十八瀧)を見て

「そんなら、最後と思って、赤目四十八瀧にゆきまへんか?」

赤目四十八瀧に行く。

「あんたを殺すことはできへん。ウチは大阪へ帰るわ」

ヤクザに追われる日が過ぎて時効になったらしい。

「そうですか」

「ここで、抱いて!」

赤目四十八瀧で交尾。

大阪に戻る途中、寺島はさよならを告げる。

ヤクザに3千万で売られて、売られ先の博多へ行く決心をしたのだ。


THE END

===

こんな男、いるんでしょうか?

話は支離滅裂に思えます。

男は太宰治作品に出てくる男に似ていますね。
スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
75位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line