FC2ブログ

Mr.レディMr.マダム  完全ネタバレ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

舞台はフランス

ゲイのショー・クラブを経営するウーゴ・トニャッツィ。

店の花形にして長年のパートナー(ゲイ妻)、ミシェル・セロー。

そこへ息子が結婚すると報告に来た。

相手の娘は、党の書記長の令嬢で、父は婿の家柄を気にする。

党名は「秩序と道徳党」

両親が会いにくることになった。

セローをどこかへやってくれと、息子は頼む。

ウーゴがセローに頼むと、怒る。

息子のおじさんになることに。

身のこなしの特訓に。

ジョンウェインみたいに歩け。

でも、うまく行かない。

それで別れた妻に頼むに行くと、妻から迫られて

それを目撃したセローは出ていく。

なんとかセローをなだめる。

時間がなくなり、両親がやってきた。

セローは完全女装して現れる。

パパラッチが書記長をマークしていた。

セローはカツラがずれそうになり、中座する間に。

遅れて本当の母がかけつける。

すべてがばれてしまう。

怒って両親は帰ろうとすると

外はパパラッチで帰れない。

党の書記長は女装して逃げ出す。


最後は息子の結婚式場で。

「あの女やっぱり来たわ」

「うん」

「呼ぶなと言ったのに」

「息子の母親だ。 来るのが当然だろう」

「当然じゃないわ。育ての母は私よ。

あの女が披露宴に出るなら 私は出ないわ」

「頼むよ」

「女を追うなんて、お不潔よ」

「頼む」

「頼んだってダメよ。

ローラン(息子)はきっとわかってくれるわ。

私の傷ついたかわいそうな心

私は一人でアパートへ

信じられない 許せないわ」

THE END

===

身元調査をすれば、すぐにバレるはず。
スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line