FC2ブログ

OK牧場の決斗  完全ネタバレ編

.

最後まで完全ネタバレです。

西部劇の実話です。

1881年10月26日、アリゾナ州トゥームストーンの

O.K.牧場付近の路上で起こった銃撃戦。

ワイアット・アープら市保安官と、

クラントン兄弟率いるカウボーイ軍団の、4対7の決闘。

==

ドク・ホリデイ(ギャンブラーで、早撃ち名人、元歯科医でドクと言われる)は、

イカサマ問題で、トラぶって、ドクが町の住人にリンチ処刑されるところを、

ワイアットに助けられる。

しばらくして、ドクはワイアット保安官の助手になる。

ドクの女をクラントン兄弟の助っ人リンゴ・キッドにとられて、

もめるが、副保安官になったドクは自重する。

クラントン兄弟は昔から恨みがあったワイアットに復讐に来るが、

ドクの援助で、なんとか切り抜ける。

ワイアットは、好きな女性ができて、

保安官引退という時に、弟の保安官から救援の依頼が来る。、

女性の反対を押して、ドクとワイアットはトゥームストーンへ向かう。

クラントン兄弟はOK牧場を経営していて、他の牧場から盗んだ牛を移動させたいが

保安官組は、それを許さない。

積年の因縁もあって、クラントンはワイアットを殺すことに。

手始めに、ワイアットの弟を闇討ちして殺す。

私闘となり、町民の援助はもらえない。

ワイアット、ドクを含めたは4名は

OK牧場へ向かう。

4対7の決闘がはじまる。

保安官モーガンが最初に撃たれる。

ドクが1名を射殺。

逃げ出した1名が味方に射殺される(2人目)。

幌馬車から応戦する敵に対して、

ランプを撃って幌を燃やし、3人目が焼け死ぬ。

それに動揺した4人目をワイアットが射殺。

そして5人目もワイアットが射殺。

保安官の2人目が撃たれる。

ドクはリンゴキッドを射殺して6人目。

最後の1人ビリー(7人目)は、ドクが仕留める。

注:有名なビリー・ザキッドと別人

「また、おまえに、借りができたな」

「どこへ行く?」

「カルフォルニアだ」

「女性も一緒か?」

「そうだと、ありがたい」

「きっと、待っているさ」
スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
86位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line