FC2ブログ

三十四丁目の奇蹟  ネタバレ編

.
ネタバレです。

クリスマス美談です。



舞台はアメリカ

自分はサンタクロースと言う老人が裁判にかけられる。

審理を追及する裁判長は、最初は「サンタなどいない」

ということで審議してゆくが

ニューヨークの裁判所が「サンタはいない」と判決を下したら

クリスマスを否定することになるし、子供の心を裏切り、

クリスマスプレゼントの習慣もなくなることになる。

それで、老人がサンタだと言う証拠を出すように、弁護士に迫る。

困った弁護士に、援助が送られる。

老人がサンタだと言うのは3通の手紙で、宛先は「裁判所にいるサンタ」だった。

国が認める郵便局が老人はサンタだと認めている。

これが証拠だと言うと

裁判長は「3通では足りない。もっと、なければ」と言う。

「まだあります!」

「じゃ、私の机に提出してください」

すると、5万通以上の手紙で机の上は、山のようになる。

老人はサンタと認められる。

======

スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
71位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line