FC2ブログ

理想の結婚  ネタバレ編

.
ネタバレです。

舞台はイギリス

オスカー・ワイルド四大喜劇

格調高いラブコメ。

こみいった話で、粗筋だけにします。

よくできた話です。

オスカーワイルドの素晴らしさがわかりました。

==

話は若くして外務次官になった男が

昔、株のインサイダー取引を行った。

その証拠の手紙を公開されたくなかったら、

アルゼンチン運河計画を中止しないで続行すると議会で表明してほしいと、

未亡人ジュリアン・ムーアは脅す。


次官は親友ルパート・エヴェレットを自宅に呼んでに相談する。

妻ケイト・ブランシェットは

夫のインサイダー取引を知り、

潔癖を求めるがために、夫と離婚寸前になる。

ケイトは自宅に来た夫の親友ルパートに相談しようとするが、

ルバートは急用でいなくなる。


* *


ジュリアンがルバート邸に来る。

ルパートとジュリアンは昔、結婚寸前までいった仲で

彼女をくどいて、証拠の手紙を渡すようにルバートは懇願する。

ジュリアンは届いたばかりの手紙を盗み見してしまう。

内容はケイトからルバート宛で、

「あなたが行かれてから、私の愛は粉々に…。お会いしたいの。すぐ伺います」

学生の頃から犬猿の仲のケイトが、ルバートと不倫しているとジュリアンは勘違いする。

証拠の手紙より、次官の不倫問題が重要だと思い、

ジュリアンはルバートに賭けを申し出る。

次官が脅しに屈して答弁すればジュリアンと結婚する。

もし屈しなければ、証拠の手紙は渡すと。


* *



国会がはじまり、次官は、屈しないで、「アルゼンチン運河計画」は中止すべきと訴えた。

ジュリアンは不倫の証拠の手紙を次官に送り、ウィーンに帰国する。

次官は手紙をみて、親友の裏切りに激怒する。


(ここから複雑です)


自宅に戻ると、妻ケイトとルバートと妹がいて、次官は怒り狂う。

妹が、その手紙は、次官宛ての手紙で、妹が送った。

夫(次官)がルバート邸にいると思ったからだと言う。

誤解がとけて、和解する夫婦。

ついでに友人ルバートが証拠の手紙を、その場で破り、友情に感謝する次官。

* *

(ここからが、もっと複雑です)

ルバートは親友の次官の妹と結婚することになったが

次官は反対する。

理由は不倫疑念の夜に、ジュリアンとルバートは会っていたらしいと言う。

そこで、妻ケイトはあの手紙はルバート宛で、妹は妻をかばって嘘をついたと証言する。

つまり、疑念の夜はジュリアンじゃなくて、ケイトがルバートと会っていたと言う。

それも夫の相談事で。

聞いていたルバートの父は大笑いし、全員が笑い出す。

結婚は承認される。


スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line