FC2ブログ

カサブランカ~「あなたの瞳に乾杯」~続編「もうひとつのカサブランカ」その2



続編「もうひとつのカサブランカ」その2


★訳者汀一弘氏のあとがき

アメリカ人の一番好きな映画「カサブランカ」の後日談である。

同時に、主人公リックの由来を説く前日談でもある。

「カサブランカ」はいろんな人に影響を与え
人類の遺産のような映画なのだ。

「カサブランカ」はアメリカ人にとって国宝級の映画だから

著者が言い訳しないと承知しない人が大勢いるのだ。

「カサブランカ」という人類の遺産、20世紀のイコンに、

一人の作家が前と後ろを付け足し、

全く別の、壮大なスケールの小説に仕上げた。

=====

★続編の概要

ナチス高官ラインハルト・ハイドリッヒの
暗殺事件がハイライトになっている。

ハイドリッヒは
ヒトラーよりもユダヤ人にもっとも恨まれた実在の人物

ユダヤ人問題の最終的解決計画の実質的な推進者

彼は映画「シンドラーのリスト」に登場しますね。

銃で収容中のユダヤ人を撃つ遊びをする若い監視官。

暗殺の作戦に
参加するのがリック(ボギー)、イルザ、ラズロ、ルノー署長で
007で有名なMI6のMも登場する。


=====

★続編の最後の台詞がいいですね。

「君の瞳に乾杯」へのイルザの答え。

「わたしたちにはいつだってパリがあるわ」。

イルザはリックの首に腕をからめ、

息がつまるまでキスをした。

「乾杯」。

リックはグラスをかかげた。

「あなたの瞳に乾杯」とイルザ・ブレインは言った。


スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
89位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line