FC2ブログ

カサブランカ~続編「もうひとつのカサブランカ」その1



続編「もうひとつのカサブランカ」その1


「カサブランカ」には続編がある。

ひとつは
「カサブランカ」のメイン脚本家ハワードゴッチが
テレビドラマでボギーの息子が
カサブランカに行く話しである。

もうひとつが今回お話ししたい続編です。

タイトルが「As Time Goes By」という小説。

日本訳「もうひとつのカサブランカ」

映画「カサブランカ」に
関わっていない人物が大胆に
約70年も経過した
21世紀になって書いている。

著者はマイケル・ウオルシュ

内容は恋愛物よりは戦争冒険物である。

この続編は大きくふたつの筋で展開される。

ひとつは「カサブランカ」原作戯曲「誰もがリックの店にやってくる」
をベースにしたボギーのニューヨーク時代
映画「カサブランカ」が始める以前のことで
サムとの出会いも含まれる。

もうひとつは
映画が「ルイ、これが美しき友情のはじまりだな」という
セリフで幕をとじる
まさにその直後から物語が始まり、
リックとイルザ(ボガードとバーグマン)が
ナチス高官ハイドリッヒの暗殺事件に巻き込まれる。

村上春樹氏の小説のように
二つの話しが交互に展開するスタイルです。

つづく
スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
89位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line