fc2ブログ

めぐり逢い~淀川長治氏でも泣ける映画


.

我が生涯ベスト作品のひとつです。
「真夜中のカーボーイ」「道」「サウンド・オブ・ミュージック」

映画「めぐり逢い」 は
究極のすれ違い、恋愛映画の古典だと思います。

ハッピーエンドで、前半は絶妙のラブコメです。

お涙頂戴の代表的な恋愛映画として、
批判もされているようですが。

故淀川長治氏が言います。
「私はこの映画観て、
本当に鬼の目にも涙、もう思わず涙が落ちました。
というのは、奇麗な奇麗なお話なんですね」

主演のケーリーグラント(偉大なる男優2位)は言います。
「めぐり逢いは、お涙頂戴映画だ!」

再度言います。話は悲劇ではなくて ハッピーエンドなんですよ。

女性テリーのけなげな生き方に
アメリカでもフランスでも女性は大泣きしてしまいます。
女性らが大泣きする場面は他の映画で紹介されてます。


オマージュ作品である「めぐり逢えたら(1993)」 を観られたらわかります。

自分も男ですが、最後のあのシーンになるとポロポロと涙がでてきて
今やパブロフの法則のように涙が出てきます。

★三回リメーク

1.邂逅(めぐりあいと読む)(1939) シャルル・ボワイエ、アイリーン・ダン

2.めぐり逢い(1957) ケーリーグランド、デポラカー

3.めぐりあい(1994)  ウォーレン・ビーティとアネット・ベニング

1と2は同じ監督です。よほど本作に思い入れがあるのでしょう。
2の作品の裏話

2の作品が、一番好きです。

3の作品は完全に別物のように思えます、なぜ映画にしたのか残念です。

どうか「めぐり逢い」で、3の作品を先に観ないことを希望します。

さらに
以下のように「めぐり逢い」を賛美する、またはモチーフ的な映画を2作みつけました。


1.めぐり逢えたら(1993)トム・ハンクス メグ・ライアン


2.逢いたくて(2002)カトリーヌ・ドヌーヴとウィリアム・ハート


~~~~~~~~

スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line