FC2ブログ

地獄の黙示録~戦争映画の三大名シーンのひとつ

.、

地獄の黙示録(1979)A


サーフィンがしたいだけに、ベトコン村を襲撃するシーン。

戦争映画の三大名シーンのひとつだと言われています。

2時間30分の映画だが面白いのは15分程度。

しかしその15分は映画史上に残る有名なシーンである。

だからそれを観れば十分かもしれません。

ア賞撮影賞と録音賞を獲得したその15分の動画を紹介します。

観る前に解説!

ベトナム戦争中の頃

サーフィンが好きなキルゴア中佐は

ベトコン基地のある海岸は6フィートの波が来ると聞き

基地を襲撃してサーフィンを決行することにした。

「サクッと爆撃とか終わらせて、

早くサーフィンに行くぞ。いいな!」


ヘリコプター部隊は出撃する。

もうサーフィンのことしか頭にないキルゴア。

「でも中佐、あそこはベトコンの拠点ですよ。ヤバすぎますよ」

キルゴア「ベトコンはサーフィンしないだろ!」

キルゴア
「朝日を背負って低空で侵入、

目標から1マイルのところでミュージックスタートだ。

ワーグナーをかけたれ!

やつらを心底ビビらしたるんじゃ!

爆音で行け!

Shall we dance!」

ワーグナーの"ワルキューレの騎行"

この音楽をかけながらロケット弾とマシンガン乱射して

軽快にベトコンをやっつけてしまう。

村を制圧したが、まだ村の周囲から大砲の弾が飛んでくる。

部下とサーフィンやろうとするのだが、部下は怖気づいてできない。

そこで彼は空軍を無線で呼び出し、近くの密林の爆撃を要請。

「ナパームで石器時代に戻したれ!」

ジェット戦闘機が飛来してきてナパーム弾で密林を焼き払う。

するとあたりはシーンとする。

彼は言う「おれは朝のナパームが大好きだ。」

「いつだったか、ある丘を12時間ぶっ続けで爆撃したことがある。

丘を登るとガソリンの香りが充満していた!

勝利の香りだ!」


YouTube動画  



YouTube動画 続き ナパームの威力  



*基本情報

ベトナム戦争時代、ある将校が逸脱して

ミャンマー国境付近で、王として君臨している。

王となった将校の殺害指令をうけた男の物語


アカデミー賞で作品賞を含む8部門でノミネートされ、そのうち撮影賞と音響賞を受賞




原題 Apocalypse Now

監督 フランシス・フォード・コッポラ

脚本 ジョン・ミリアス
フランシス・フォード・コッポラ

原作 ジョゼフ・コンラッド
『闇の奥』

出演者
マーロン・ブランド
ロバート・デュヴァル
マーティン・シーン
デニス・ホッパー


上映時間
153分(劇場公開版)
202分(特別完全版)
製作国 アメリカ
スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line