FC2ブログ

真昼の決闘  ネタバレ編

.
ネタバレです。

人間の本性をえがく西部劇です。


この日を最後に引退する保安官は結婚式をあげている。

そこへ昔、保安官が捕えた男が、減刑されて、

12時の汽車で戻ってくることがわかる。

死刑囚になっても当然の乱暴男だった。

それを知って逃げ出す、かつての愛人。

町の者も、新妻も、保安官に、逃げることをすすめる。

しかし逃げても追いかけてくる男だ。

保安官は立ち向かう決心をして

仲間を集うが、駅には3人の刺客が、その男を待っており

町の者は「逃げろ」と言うだけで、助けるものはいない。

新妻は拳銃で、兄や父が死んで、暴力反対。

一緒に逃げないのなら、12時の汽車で帰ると言う。

あと1時間もない保安官の苦悩の状況を、時計を見せながら、

リアルタイムに、えがいていく。

保安官が遺書を書いていると、汽笛が聞こえてきた。

汽車が着き、男が降りてきて、

3人の刺客と共に保安官事務所へ向かう。

町には保安官以外は、誰もいない。

4対1の決闘がはじまる。

保安官は1名を撃ち殺して、馬屋に逃げる。

馬屋での銃撃戦で、刺客1名射殺。

残る2名は、馬屋にランプを投げて、

火事にして、いぶりだす作戦に出た。

保安官は10馬以上の馬を放つ。

1頭の馬の腹に隠れて逃げるが、

その時に保安官は、肩を撃たれてしまい、

店に逃げ込むが、残りの2名が囲むように近寄る。

刺客の1名が後ろから射殺される。

射殺したのは新妻だった。

最後に残った男は、新妻を人質に、保安官に立ち向かう。

新妻が抵抗したスキに、保安官の銃口が火を噴き、男は射殺される。

決闘が終わって、二人は抱き合う。

やがて町の住民が集まるが、保安官はバッジを足元に捨てて、

新妻と馬車に乗って、町を去っていった。
スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
101位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line