FC2ブログ

レイジング・ブル  ネタバレ編

.
ネタバレです。

40年代の米ボクシング界はKOREAN(八百長)時代。

7度ダウンさせて、テンカウントもナインコールで時間切れだとカウントされない。

そんなKOREANを味わったラモッタは、逆にそれを利用して、マフィアと組む。

故意に負けて、あまりのやらせに二年か出場停止となる。

しかしその見返りにチャンピオンベルトを獲得。

レイジングブル(怒れる猛牛)と言われたが

実力があってもチャンピオンになれない、審判の買収時代だった。

私生活は、異常な猜疑心で、美貌の妻の浮気を警戒。

父とのキスぶりでも、妻に文句を言うほどで、

猜疑心から無実の弟と殴り合いの喧嘩をして別れてしまう。

引退して、クラブを経営。

自らコメディアン司会をする。

男性客に未成年の少女を紹介したとして、懲役刑の宣告を受け、

刑務所に6ヶ月間服役する。

ラモッタの浮気が原因で妻と子供三人とは別れる。


コメディアン司会で、どさ回りしていると、偶然に弟と再会。

和解したい、電話をくれと頼む。

最後は聖書の一節が流れて、エンド。

そこでパリサイ人たちは

以前は盲人であった男を再び呼び寄せて言った。

「神の御前で真実を述べよ」

この者(イエス・キリスト)が罪人であることを我々は知っている〟

すると盲目だった男は答えた。

あの方が罪人であるかどうか、私は知りません。

ただ、一つのことだけ知っています。

私は盲(めしい)であったが、今は見えるということです。


(新約聖書 ヨハネ福音書第9章24-26)

スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line