FC2ブログ

エリザベス・テイラー(コールガール役)がアカデミー主演女優賞~バターフィールド8



バターフィールド8

20歳の頃の映画ノートから

バターフィールド8(1960)

1月2日 
リズのアカデミー賞女優賞受賞作品
新年そうそう名作を見られて光栄です。

男のエゴが女を死にいたらしめる。

「私は13歳の時に、義父に犯されたの。

でも それが楽しかった。夢中になるほど。」

リズが告白する場面 スゴク リアル。

三文作家との不毛の友人関係、母親との虚偽の関係

女の性(サガ)の悲しさがしみじみと 

残酷にえがかれていた。

男にはわからない女の気持ちが少し理解できたみたい。

=====

今の年齢で観ると どう感じるだろう?



BUtterfield 8は
1960年制作のアメリカ映画。
ジョン・オハラが1935年に発表した小説が原作。

主演のエリザベス・テイラー(コールガール役)が
アカデミー主演女優賞を受賞した。

動画:有名なヒール攻撃シーン

★基本情報
バターフィールド8
BUtterfield 8
監督 ダニエル・マン

脚本 ジョン・マイケル・ヘイズ
チャールズ・シュニー

出演者
エリザベス・テイラー
ローレンス・ハーヴェイ
エディ・フィッシャー

音楽 ブロニスラウ・ケイパー
撮影 ジョセフ・ルッテンバーグ
チャールズ・ハートン

上映時間 109分

スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
92位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line