FC2ブログ

プライドと偏見 (その2)矛盾の恋愛

テレビドラマでダーシー役を演じてスターの座を確たる物にした

コリン・ファース。
コリン・ファース





原作ファンである脚本家ヘレン・フィールディングは

「ブリジット・ジョーンズの日記」で、

ダーシーを元にマーク・ダーシーのキャラクターを作り上げたという。


このダーシー様

エリザベスの姉の縁談を破談にしてしまう。

そしてエリザベスに言います。

「あなたの両親、妹は品がなさすぎるから、破談にした」

それを聞いて激怒するエリザベス。

ダーシーの発言は、ありえないと思いますが

若い頃、同じ過ちをしたことがあります。

家族と好きな人は別だと思う。

でも、とんでもないことで。

家族を否定されるということは自分も否定されることなのだ。

ダーシーはそれでもエリザベスに自分の思いを伝える。


友人には、家族が卑しいから結婚を反対しておいて

自分は、その卑しいと言った家族のエリザベスに求婚する。 

「あなたは別だ」という論理

エリザベスは言います。

「それでも紳士?

あなたのように尊大で他人を見下す人とは、

どんなにお願いされても結婚しません」


つづく

スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line