fc2ブログ

ペーパーボーイ~救えない、紙の様な薄っぺらな人々

.

ペーパーボーイ(2012)F


★数行で映画紹介しようよ

舞台はアメリカ

冤罪の男を救うために、

新聞屋が乗り込む。


★ショウトしょうとSHORT

かなりの辛口で、ごめんなさい。

評価が高い作品のようですが

僕的には意味不明。

「なぜ?」、背景動機が疑問のままで映画が進む。

何回も観るのをやめようかと思いました。

話しがよくわからない。

字幕が悪い?

原作を読んだ人用の映画か?

それぞれの人物の動機、モチベーションが意味不明でした。

これで、原作はベストセラーなんですね。

僕がおかしいのでしょうね。

ひどい脚本。不親切な演出ですね。

あとで解説読むと
ちょっとブスな女性は死刑囚と手紙のやりとりだけで婚約してしまったんですね。
でも、僕には理解不能。

それで、このちょっとブスっぽい女性は
ニコールキッドマンだそうで。
これまたびっくり。
彼女は人相をバカスのは

「めぐり逢う時間たち」から得意ですからね。

婚約者の女性に横恋慕する弟の気持ちもよくわかりません。



ネタバレ編



========

★基本情報

原題 The Paperboy

監督 リー・ダニエルズ

脚本
ピート・デクスター
リー・ダニエルズ

原作 ピート・デクスター

出演者
マシュー・マコノヒー
ザック・エフロン
ジョン・キューザック
ニコール・キッドマン
スコット・グレン
ネッド・ベラミー

上映時間 101分
製作国 アメリカ

スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line