FC2ブログ

映画イントゥ・ザ・ワイルド~新しいヒッピーの模索



イントゥ・ザ・ワイルド(2007)



原題:Into the Wild

原作は
ジョン・クラカワー(JON KRAKAUER)
のノンフィクション小説『荒野へ』

以下のひと言にぐっときました。

物事を正しい名前で呼ぶことが
人生の目的だ、と気づいた...


日産(ダットサン)の車を愛した若者。

名門大学を卒業して行方不明になる。
自殺したかった? 
アラスカの自然の中で自活したかった?

自然を甘くみすぎている。
厳しい自然に入るために
十分すぎる準備している僕らに失礼な奴だが。

お金を大事にしないで燃やしては駄目だ。
ほらシッペ返しが来ただろう。

40年前に謳歌したヒッピーの考えが
まだアメリカでは続いているんですね。


★映画基本情報
イントゥ・ザ・ワイルド
Into the Wild

監督 ショーン・ペン

俳優のショーンですね。
作品の映画化に10年かかったそうです。

脚本 ショーン・ペン
出演者
エミール・ハーシュ
マーシャ・ゲイ・ハーデン



↓ 以降ネタばれ編







ネタばれ編

黄金の70年代

この手の映画は70年代には非常に多かったテーマです。

生きる意味を探すための野生入り。

本が友人、病んだ社会からの脱皮、親への反抗

彼も言っているように「野生のワナ」にはまってしまった。

====

この映画を観ていて、かぶるところが多い。

1.鉄砲水

西表島のジャングルに奥深く、
はいって迷子になったが。
怖かったのは、この鉄砲水で、
雨が降ると、いつもビクビクでした。

2.熊

北海道の原生林に入り込み、
この熊との対峙を、ひたすら避けた。
ポイントは熊は低いうなり声で、こちらへ来るなと威嚇する、
そのかすかな声を逃さないことだ。

3.鹿

屋久島は鹿が多く、泊まった雑居の民宿。
欧米人4,5名といっしょに泊まった。
家主は冷蔵庫を複数持ち、
中には鹿肉がはいっていた。
夜、鹿避けの網に身動きできなくなった鹿を殺して生肉にしていた。

====

もっと入念に準備して、
半自然で練習してから野生に入るべきだ。
自殺同然の行為だ。


映画「真夜中のカーボーイ」の撮影方法がとられていますね。
わかる人はいますか?
スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line