FC2ブログ

ケイト体当たり演技、ア賞女優賞作品~愛を読むひと



愛を読むひと(2008)


★紹介編

「私は貝になりたい」のドイツ版

500万部のベストセラー「朗読者」の映画化

アカデミー賞作品賞ノミネートは妥当。

個人的には54分までは我慢
後半良かったです。

出演者
ケイト・ウィンスレット
レイフ・ファインズ

ケイトの体当たりの演技、脱ぎすぎだけど。
アカデミー賞女優賞は納得

監督スティーブン・ダルドリーの3作目
1作目「リトル・ダンサー」最後の花火のような感動は斬新
2作目「めぐりあう時間たち」作家バージニアウルフまで調べました。

↓ 以降ネタばれ編








ネタばれ編

戦争と人間という重いテーマですね。

前半退屈、後半は完全に魅入りました。

最後は涙が出てきた。

ケイトのフンダンなヌードに、ちょっとうんざりですが
妥協しないですね。
入浴でもちゃんと胸を見せています。
普通、入浴している時は胸は
見せない演出が多いので新鮮にみえました。

映画の運びがうまい。
特に最後の展開は3段構えで、ニクイ演出でした。

最初の54分は長い、退屈でした。
ルコント監督のようにばっさり切って欲しいけど
カットするとケイトの女優賞はないかも?

「めぐりあう時間たち」で多用した時間軸の切り方も
今回は違和感なしです。


観客を泣かせるひとつのテクニック
茶缶と家族の写真を、ただじっと撮影するだけ。

=>じ~~んときました。

字が読めないことですが、
彼女が釈明しても無駄だとさとった
と思います。


英国の監督脚本役者で、
ドイツものを映画する。
そこに何か違和感がありました。
手紙や本の内容は英文だし。



スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
90位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line