fc2ブログ

イタリアの恋愛映画

この国の恋愛映画で、僕的に代表作としてあげるとしたら
昔の作品ですが

「ひまわり(1970)」


「マレーナ(2000)」


「道(1954)」


「カビリアの夜(1957)」


最近では

イタリア的、恋愛マニュアル(2005)


モニカ・ベルッチの恋愛マニュアル(2007)


昼下がり、ローマの恋 (2011)


俳優では
ソフィア・ローレンとマルチェロ・マストロヤンニのコンビ
「ひまわり」「「昨日・今日・明日」「ああ結婚」などの観ごたえのある共演作が多いです。

女優では
1.クラウディア・カルディナーレ 
切れのある美人、通称「CC」と呼ばれる。 
「ブーベの恋人」「ピンクの豹」

2.モニカ・ベルッチ 
1635820752_16.jpg

「ヨーロッパの至宝」と言われています。
こんな美人がイタリアにもいるとは驚異。
「マレーナ」


3.ジュリエッタ・マシーナ 
eiga-michi.jpg

女性チャップリン
「道」 「カビリアの夜」

男優では
1.ロッサノ・ブラッツィ
イタリア恋愛映画の代表選手
「恋愛専科」「南太平洋」「旅情」「裸足の伯爵夫人」

2.カルロ・ヴェルドーネ
日本の寅さんみたい。
「イタリア的、恋愛マニュアル」

監督としては
1.フェデリコ・フェリーニ
5度もアカデミー賞受賞、ウッディアレンが神と崇める。
「8 1/2」「甘い生活」より、「道」「カビリアの夜」を先に鑑賞してください。

2.ミケランジェロ・アントニオーニ
「情事」など、愛の不毛をテーマにした巨匠です。

3.ヴィットリオ・デ・シーカ
悲劇ものが得意
「終着駅」 「昨日・今日・明日」 「ひまわり」

4.ジュゼッペ・トルナトーレ
「ニュー・シネマ・パラダイス」より「海の上のピアニスト」と「マレーナ」が好きです。

スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line