fc2ブログ

フランス映画を話そうよ(4)女性の不倫はあたりまえ


前回

====
国民性のジョークがあります。

奥さんと不倫相手の、浮気現場を発見すると

アメリカ人は銃を持って浮気した二人を脅すか射殺。

フランス人は浮気を許し、3人でプレイしようとする。

妻の浮気は恋の都パリでは日常茶飯事。
あたりまえの遊び。

映画「恋の手ほどき(1958)」で
そんな時に旦那は、どうすべきか?
パリジャン(老紳士)が教えてくれる。

相手はテニスなどのスポーツの教師が多い。
まず密会現場に踏み込み、妻を驚かせて、
「さよなら」と言って黙って立ち去ることだ。 

妻の不倫で印象のある映画は
パトリス・ルコント監督の「タンゴ(1992)」

一途に妻を愛していたセスナ機乗りの男は、

妻の浮気を知って飛行機で追いつめて相手の男を殺してしまう。

そして妻も得意の曲芸飛行で空から放り出して葬ってしまう。

機上で、結婚記念日の薔薇の花束と共に安全ベルトを切る。

ルコント作品は、
「仕立て屋の恋」「髪結いの亭主」「イヴォンヌの香り」などが印象的です。
特徴は90分台に凝縮して、男と女を、するどく切りますね。

突然炎のごとく(1962)

前述の「人のセックスを笑うな(2008)」
や「サンセット大通り(1950)」と同じように、
妻を愛するがゆえに、恋多き妻を受け入れて、父親になってしまう。

映画は好色妻の半生、
欲望に応じて対応する夫


芸術家岡本太郎の母と同じ、
妻の愛人と同居しても問題のない夫。


作品のモデルは、妻はマリー・ローランサン、
夫はユダヤ系ドイツ人作家フランツ・ヘッセル。

妻は何名も愛人がいるが、
夫は自分の友人が一番安心だと、
同居を条件に友人との結婚と子作りを応援する。

原作がいいので、トリュフォー作品でも上位に位置しますね。

妻の発作的行動は、一種の精神病だと思います。

監督は
「欲望に応じて修正される男と女のモラルをえがく」と言っています。
スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
69位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line