FC2ブログ

キリマンジャロの雪~ヘミングウェイ、グレゴリーペック、自由奔放な女性




まず映画「キリマンジャロの雪」(1952)について

原作は短編で

キリマンジャロ山は、アフリカにあるが、

いつも雪の世界にある高山だ。

そこに、一匹のヒョウの死骸が横たわっている。

これは何を意味するのか?

ヒョウはみずから自分を苦しめてまでも、自分の限界に挑もうとした。。。

短編を読んだが、かなり謎的で、あっさりしている。

映画化にあたり、ケイシー・ロビンソンは大胆に脚色する。

ヘミングウェイの、これまでの生き様 と

小説「武器よさらば」、「誰がために鐘はなる」、「日はまた昇る」

の3作品をミックスして、短編原作と違った脚本にした。

映画ではこの3作品の情景がでてくる。

特にパリでの情景は印象深い。

一人の不思議な女性が登場する。

彼女は恋愛をとるために妊娠した子供をわざと流産させる。

そんなに男を愛しているのかと思うと

突然にスペインの闘牛士と駆け落ちする。

男はスペインに、女を探しにゆき、スペイン戦争にまきこまれる。

戦争の中で命いくばくもない彼女をみつける。

話しは、ある作家の自伝回想という筋書きで、

3人の女性との関わりがおもしろい。

監督:ヘンリー・キング 
出演:グレゴリー・ペック,エバ・ガードナー,スーザン・ヘイワード


====

ヘミングウェイのショート

アーネスト・ヘミングウェイ、カポーティ、

ウルフ、スコット・フィッツジェラルド・・・

作家との出会いは、映画からです。

ノーベル文学賞受賞のアメリカ作家
ヘミングウェイ

映画から彼の作品に傾倒していった。

ヘミングウェイ作品が好きな理由

1、簡潔表現

ハードボイルド文学の原点と言われている。

ごちゃごちゃ書かれた文が嫌いで、

簡潔に書かれた彼の作品は、読みやすく好きです。

フランソワーズサガンが好きな理由もそこにある。

村上春樹さんの文は意外に長い描写があるが、なぜか読みやすい。

読みやすいと思うリズムがある。

ヘミングウェイは小説を書く過程で

100回以上書き直し、贅肉を削ぎおとし、簡潔化へもっていったそうだ。

その代表作が「武器をさらば」で、

ただそこに、あることだけを書いて

悲しんだのか、楽しかったのか、などの思いは一切書かない。

読者に感じてもらうような書き方を追求した作品だ。


2、明日のことを考えない無鉄砲、刹那的生き方

ロストジェネレーション(失われた世代)文学の元祖と言われる。

いわゆる戦争の後遺症を背負った世代

正確には第一次世界大戦で貧乏くじを引いた若者世代  

すべての旧価値観を否定し、

酒や享楽に溺れる「自堕落な世代」とも言われる。

代表作が「日はまた昇る」で彼の作品で一番好きだ。

=======================

彼の小説で映画化された情報(他から引用)

『武器よさらば』A Farewell to Arms 新潮文庫他

 「戦場よさらば A FAREWELL TO ARMS」1932(米)
監督:フランク・ボーサージ 
出演:ゲーリー・クーパー,ヘレン・ヘイズ,アドルフ・マンジュー

 「武器よさらば A FAREWELL TO ARMS」1957(米)
監督:チャールズ・ビダー 
出演:ロック・ハドソン,ジェニファー・ジョーンズ,ビットリオ・デ・シーカ

--------------------------------------------------------------------------------
『誰がために鐘はなる』For Whom the Bell Tolls 新潮文庫他
「誰がために鐘は鳴る FOR WHOM THE BELL TOLLS」1943(米)
監督:サム・ウッド 
出演:ゲーリー・クーパー,イングリッド・バーグマン,エイキム・タミロフ

--------------------------------------------------------------------------------
『海流のなかの島々』Islands in the Stream 新潮文庫

「海流のなかの島々 ISLAND IN THE STREAM」1977(米)
監督:フランクリン・J・シャフナー 
出演:ジョージ・C・スコット,クレア・ブルーム,ハート・ボックナー


--------------------------------------------------------------------------------
『殺人者』The Killers 三笠文庫

「殺人者 THE KILLERS」1946(米)
監督:ロバート・シオドマク 
出演:バート・ランカスター,エバ・ガードナー

 「殺人者たち THE KILLERS」1964(米)
監督:ドン・シーゲル 
出演:リー・マービン,ロナルド・レーガン,アンジー・ディキンソン

--------------------------------------------------------------------------------

『老人と海』The Old Man and the Sea 新潮文庫他

「老人と海 The Old Man and the Sea」1958(米)
監督:ジョン・スタージェス 
出演:スペンサー・トレイシー,フェリペ・バゾス

「老人と海 The Old Man and the Sea」1999(日+露+カナダ)
「ヘミングウェイ・ポートレイト」
監督:エリック・カーネル
監督・脚本・作画:アレクサンドル・ペドロフ
老人と海/ヘミングウェイ・ポートレイト

--------------------------------------------------------------------------------
『キリマンジャロの雪』The Snow of Kilimanjaro旺文社文庫他

「キリマンジャロの雪 THE SNOWS OF KILIMANJARO」1952(米)
監督:ヘンリー・キング 
出演:グレゴリー・ペック,エバ・ガードナー,スーザン・ヘイワード

--------------------------------------------------------------------------------
『日はまた昇る』The Sun Also Rises新潮文庫他

「陽はまた昇る THE SUN ALSO RISES」1957(米)
監督:ヘンリー・キング 
出演:タイロン・パワー,エバ・ガードナー,エロール・フリン,メル・フェラー

--------------------------------------------------------------------------------
『持つと持たぬと』To Have and Have Not三笠書房(ヘミングウェイ全集)他

「脱出 TO HAVE AND HAVE NOT」1945(米)
監督:ハワード・ホークス 
出演:ハンフリー・ボガート,ローレン・バコール,ホーギー・カーマイケル

「破局 The Breaking Point」1950(米)
監督:マイケル・カーチス 
出演:ジョン・ガーフィールド,パトリシア・ニール,フィリス・サクスター

--------------------------------------------------------------------------------
***その他***

「決死の猛獣狩り The Macomber Affair」1947(米) ※未公開
監督:ゾルタン・コルダ 
出演:グレゴリー・ペック,ジョーン・ベネット

「さすらいの涯 Under My Skin」1950(米)
監督:ジーン・ネグレスコ 
出演:ジョン・ガーフィールド,ルーサー・アドラー

「青年 Hemingway's Adventure of a Young Man」1962(米)
監督:マーティン・リット 
出演:リチャード・ベイマー,ダイアン・ベイカー,ポール・ニューマン
スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
90位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line