FC2ブログ

5.めぐりあう時間たち~映画ヴァージニア・ウルフなんかこわくない



映画ヴァージニア・ウルフなんかこわくない(1966)

この映画で はじめて言われるようになったのは「FUCK」

マイク・ニコルズ監督「卒業」のデヴュー作

僕は作家ヴァージニア・ウルフとこの映画の関連性がわからない。

「狼なんかこわくない」と歌っていて、

その替え歌で、単純にヴァージニア・ウルフをつけたら

みんなが笑って受けたので、

それから「ヴァージニア・ウルフなんかこわくない」

と言い出した。それだけのようだ。

この映画は4人だけで演じられる。

役割は言い争い、喧嘩、泥酔の演技ばかりで

俳優としてのイメージを悪くするだけ。

この4名(リチャードバートン・エリザベステイラー夫妻他)が

わざわざ、この汚れ役を演じた勇気におそれいる。

アカデミー賞主演女優賞・助演女優賞獲得。

僕の中で、この映画をどう、これまでのとリンクさせたらいいか

思案中ですが恐ろしい筋書きです。

最後まで4名が、ののしりあう映画です。

死んだのか、本当にいたのかわからない息子の幻想におびえる妻

その病んだ心がヴァージニア・ウルフと共通するのだろうか?

この映画は死について何も語っていない。
スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line