FC2ブログ

イングリッドバーグマン




8月29日は命日です

イングリッドバーグマンの命日でもあり、誕生日なんですね。

何度も彼女について書いていますが、再び改稿です。

好きな女優、イングリッドバーグマン。

小学生の時に「カサブランカ」を見て以来のファンです。

スウェーデン出身の北欧の美女

こんな美女は見たことありません。

ヨドナガさんも こんな美人 

今まで見たことない

千年に1度くらいの美女

と言ってます。

彼女がいるだけで映画になる女性。

いること自体が演技の一部のような女性。

彼女に見つめられるとフリーズしてしまう。

「カサブランカ」の、名セリフ通りに、君の瞳だけで乾杯したくなります。


アカデミー主演女優賞2回、助演女優賞1回

イタリア監督との不倫に走り、ハリウッドから追放されたので

出演作品は極端に少ない。

彼女は晩年に

自分の出演した「カサブランカ」を、はじめて観たそうだ。


彼女はボツになった映画だと勘違いしていたらしい。


===================================

見た映画  
       作品の好感度★


ワルプルギスの夜(1934)E~イングリッド・バーグマンの初期メロドラマ

================
間奏曲

とても初々しい。

=========

別離(1939)E~イングリッド・バーグマン、間奏曲のような恋


================
ジキル博士とハイド氏  セクシーだった。

================


カサブランカ★★★

   
古い映画です、1942年。

本作はアメリカ人にとって国宝級の映画。

人類の遺産、20世紀のイコンと言われています。

今でもワーナー・ブラザーズのエンブレム
のバックに流れている曲は
本作での歌「時の過ぎ行くままに」

恋愛映画の古典、教科書。

故淀川長治さんは

本作を男と女のしゃれた会話の洪水と言ってます。

脚本の神様と呼ばれたエプスタイン兄弟が脚本に関わっています。

数多くの歴史的な名セリフが生まれ、後世に語り継がれています。

白黒の古い映画ですが永遠にリメークが許されない作品。

パロディーとか引用されている映画は多数あります。


アメリカ映画ベスト100(オールタイム)
オールタイムつまり永遠なる映画で第3位の作品です。


================

六月の夜(1940)E~イングリッド・バーグマンの最後の故国出演


誰が為に鐘は鳴る(1943)A~ヘミングウェイ、誰のために戦う?


ヘミングウェイ小説の映画化  
坊主に近いショートヘアーでも綺麗

私生活では 共演の女優食いの帝王ゲーリークーパーの餌食になった。


================

ガス燈

        
アカデミー主演女優賞
この手のニューロティック映画(異常心理映画) に
バーグマンは、はまり役に。

================

白い恐怖 ★★★  

  
サルバドール・ダリが担当した夢のシーン

夢分析など精神医学からみたサスペンス

ヒッチコックの代表作品

================

聖メリーの鐘

監督: レオ・マッケリー.
出演: ビング・クロスビー, ヘンリー・トラヴァース

「我が道を往く」の続編というか、無感動。

イングリッド・バーグマンがもったいない。

概要
神父オマリーが、聖メリーの教区の再建へ。
学園が付属していて、尼僧長ベネディクトとからむ。


================
サラトガ本線

「誰が為に鐘は鳴る」の延長線

================


汚名 
     
セルズニックがアリシア役に望んでいたヴィヴィアン・リーは
ヒッチコックに拒否された。
代わって前作『白い恐怖』で一緒に仕事をした
ヒッチコックお気に入りのバーグマンが起用される。

================
凱旋門

カサブランカ、ガス燈の延長にある映画。

================


イタリア旅行


イングリッド・バーグマンの不倫して、

後に旦那となったロベルト・ロッセリーニ監督の作品

================


追想 ★★


ロベルト・ロッセリーニ監督との不倫で
ハリウッドから追放状態にあったバーグマンがハリウッドに復活で話題となったが、
残念ながらバーグマンの往時の美貌はすでにいくらか衰えている。
ただしバーグマンはこの作品でアカデミー主演女優賞を得た。
これには、アメリカの映画界がバーグマンを追放していたことを謝罪するという意味合いがあるそうだ。

================

さよならをもう一度(1961)B~イングリッド・バーグマン、フランソワーズ・サガン「ブラームスはお好き」


サガンの小説「ブラームスがお好き」の映画化

DVDリリースしてほしい作品です。

================

サボテンの花

60年代の代表ラブコメ
ウォルター・マッソー、ゴルディ・ホーン
================


オリエント急行殺人事件 ★ 


アカデミー助演女優賞 

推理小説の女王アガサ・クリスティの最高傑作だと思う。



スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line