FC2ブログ

最後に恋に勝つルール~すれ違いラブコメ、アシュトン・カッチャー 、アマンダ・ピート

最後に恋に勝つルール(2005) A

4度もすれ違う、地味に徹したラブコメ

二人の演技がいいですね。

特にアマンダ・ピートが最高。

「やめて! 台無しになる」 彼女の決まり文句。

お別れの時に、男が何か言うと、必ずそう言う。


★数行で映画紹介

再会しては意気投合するが、なぜかすれ違ってしまう。

再会と別れを繰り返す

微妙な関係が続く男女の恋の行方

===

★監督の制作方針(DVD特典から)

地味なラブコメをつくりたかった。

しんみりとしたもの、

大げさな演出はしない。

=====


★奇妙な出会い

出会いは空港である。

エミリーが「NANA」のシルエットに見えた。

フられたて、彼の車に、飲みかけのボトルを投げつける。

空港待合室で、エミリーとオリバーは、一目ぼれに近い目線をかわす。

飛行機で同乗したオリバーとエミリー。

トイレにオリバーが入ると、いっしょにエミリーも乱入して

Sしてしまう(なんて女だ?)

ゆきずりのS?で、いったんお別れ。

「初対面でSをする男」は恋人ではない。

街で再会をすると、

「あなたはタイプじゃない」

3ストライクの三振男だと、エミリーは言う。

1.向こうから迫ってこない

2.ギターを弾かない

3.星座の相性が悪い

オリバーは言う。

「賭けをしようか。

今から6年後に電話してくれ、その時には、

仕事について、美しい妻がいるかどうか」

だが、お互いに気が合い、うちとけてゆく。

賭けのために、自宅の電話番号を彼女に渡して別れる。


===

★2回目のすれ違い

3年後

俳優の卵のエミリーには他に、彼氏ができていた。

しかしわがままなエミリーに、彼氏(脚本家)は嫌気がさして、

彼が別れようと言う。

その日は大晦日で、新年は一人でいたくないと、

電話帳を取り出し、新年を共にする彼氏探しを行い、

オリバーの電話番号メモを発見する。

電話すると幸運にもオリバーとつながり、

エミリーが「コーヒーでも飲まない?」と誘う。

オリバーはすぐにエミリーに会いに行く。

すぐに、せまるオリバーを、拒否して、

「3年前の私と違う、恋人と別れるたびに、誰かれ構わず寝たりしない」 と言うエミリー。

それから食事して、今回のエミリーの恋愛破談の話を聞く。

大晦日のパーティーへ出かける。

二人の新年お祝いのキスのタイミングはドラマティックです。

元彼(脚本家)がもう新しい恋人がいて、驚くエミリー。

元彼が新しい恋人とキスはじめるのを、みせつけられる。

そこへ、オリバーがエミリーにキスにくる。

年が明けた深夜。

オリバーの部屋に行くと、部屋がかたづいている。

オリバーは仕事がみつかったばかりで、

シスコへ今日引っ越すという皮肉。

「好きになり始めたのに・・・」

キスしているうちに、Sに展開する。

「私は誰かの彼女にならないと決めたわ、ちょっと待って、すぐに戻るから」

オリバーは歯磨きして待っていると、エミリーは来ないので、

トイレに、みにゆくと、エミリーは爆睡していた。

エミリーが目をさましたら、もうオリバーは引っ越ししていた。

=====

★3回目のすれ違い

2年後

オリバーには彼女がいるが、性格の不一致が多すぎて別れてしまう。

「もう無理なの、終わりにしましょう」

1人になってさみしいオリバーは、エミリーに会いに行く。

今度こそ、彼と結ばれたいと、エミリーは願ってる。

しかしオリバーは別れた彼女の愚痴ばかり。

傷心を癒すためにエミリーに会いにきたのだ。

オリバーを元気にさせようとするエミリーの演技がいいです。

慰めようと、車で旅に出る。

この旅のシーン、いいですね。

シカゴの「愛ある別れ」がラジオから流れ、

二人で熱唱して相性のいいことを認識、

砂漠の中、カーセックスで結ばれる。

旅から戻ると

オリバーは前の彼女の気持ちがふっきれない。

心の整理をつけてから会いにいくと言う。

ニューヨークに、商談で行くオリバー。

オリバーは悩んだ上、シスコでの仕事が順調じゃないので、

ロスにいるエミリーと会うのをやめてしまう。

===

★4回目のすれ違い

1年後

シスコでの会社はクローズして、ロスへ戻るオリバー。

ロスの写真展で、エミリーの写真を見かけるが、

30歳で無職のオリバーは元気がない。

オリバーはギター片手に、歌いに来て、エミリーに求婚する。

「今無一文で、6年遅かったけど、ストライクワンをとりもどしたい」

しかし、彼女はすでに婚約していた。

オリバーは言う。

「告白したので、年をとって、あの時言っておけばと、後悔しなくで済む」


===

★その半年後

マリッジブルーになったエミリーは、オリバーのことが忘れられなくて、

婚約者と別れてしまう。

友人から、オリバーが他の女性と結婚しようとしていると聞く。

結婚式の日に、エミリーはオリバーに会いに行く。

ひと目会って帰ろうとするエミリーを追いかけるオリバー。

「もう手遅れよ」

「いや、大丈夫だ、妹の結婚式だ」

キスして、エミリーに言う「やめて、台無しになる」




===============

★基本情報

日本未公開

原題 A Lot Like Love

監督: ナイジェル・コール.

監督の 「カレンダーガールズ」はオススメ

出演: アシュトン・カッチャー, アマンダ・ピート

上映時間:107分

====

サで、はじまる恋愛映画(洋画編)
スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
90位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line