FC2ブログ

メグライアンのラブコメ「めぐり逢い」を5回引用~めぐり逢えたら



「めぐり逢えたら」(1993) 

メグライアンとトムハンクスのラブコメ

二人の共演ラブコメは
「ユー・ガット・メール」がありますね。

映画「めぐり逢い」をモチーフとした話し
賛美映画と言っても言い過ぎではないですね。

本プログでの「めぐり逢い」

ケーリーグラントとデボラカーの
「めくり逢い」が
5度引用されている。

__________


引用その1

デボラが<愛していたわ>

メグ・ライアンが
「この頃は本当の愛しかたを知っていたのよ」
と言う。

ケーリー<約束しよう>

デボラ<約束だなんて怖いわ>

ケーリー<この幸せをつかまないのはおろか者>

デボラ
<愛の思い出のない冬は寒いわ。私たちに春はなかった>

友人が「このシーンが大好きなの」 
二人はグシャグシャに大泣きして言う
meguriaetara3.jpg


「男性陣にはわからない映画よ。そうなの。無理よ」

女性には大事な会話のようだ。

「めぐり逢えたら」では 
日本訳も良くないし中途半端なので
以下「めぐり逢いで」の会話です。

「思い出のない冬はつらいわ。春は過ぎたし」

「そう最後の機会だ」

「私にも?」

「逃したら最後さ」

「怖いこと言わないで」

「幸福を逃したら後悔する」

「・・・」

「半年努力する。その時君はどこにいる?」

「何を言いたいの?」

「つまりその時に結婚して欲しい」

「最高の殺し文句だわ」
_________

「めぐり逢い」引用その2

メグがトムハンクスに会いに行き、
友人にデートの報告をする。

「ハローと言っただけよ」

友人はDVDで
「めぐり逢い」の
名場面(ハローしか言えない)
を見せて
二人で泣いてしまう。
meguriai-hello2.jpg


__________


「めぐり逢い」の引用その3

トム・ハンクスの友人の奥さんに
エンパイアーステートビルで
会いたいというラブレターが来たと報告する。

奥さん「それは@めぐり逢いといっしょね」

トム「?」

奥さん「ねぇ知らない。
 ケーリーグラントとデボラカーよ」

奥さんは以下のようにまくしたて
大泣きする。
meguriaetara2.jpg


「彼女はビルへ急ぐ途中に車にはねられる。
彼は何時間も待つ。
でも誇りがたくて彼に言えないの事故で脚が~。
もう歩けない。
彼も誇りがたくて約束を破ったか尋ねない。
でもとにかく彼女に会いに来る。
理由は忘れたが。
会いにいって、彼女はハローと言うが、
彼女がどうして立たないか彼にはわからない。
そして彼はすごく傷ついて何も尋ねないで
そのまま帰ってしまいそうになる。
可愛いそうに彼女はソファに座ったきり。
脚を毛布で隠して震えるひざも隠して。
僕の絵。
彼は寝室にかけこんで絵を見つけ、
かけこんで戻ってきて彼女を見つめて、
すべてを理解して抱き合うの」

旦那「また始まったよ」

トム・ハンクスがあきれて
「それは女の映画だ」


この最後の場面
筆者も毎度大泣きします。
ヨドナガさんも泣けると言ってます。

__________

「めぐり逢い」の引用その4

トム・ハンクスの息子
のガールフレンドが「めぐり逢い」を観て

「最高の映画よ。貴方がエンパイアーへ行くべきよ」と励ます。

__________


「めぐり逢い」の引用その5

メグ・ライアンがエンパイアーステートビルの
閉館時間ぎりぎりにかけつける。
ビルの守衛は閉館ですと言う。
「なんとか上に登りたいの、
これは私の運命がかかっている」と言うと

守衛は「ケーリーグラントだね」

メグ「めぐり逢いを知っているの?」

守衛「カミサンが大好きなので」


運命のイタズラもあって
奇跡的に二人は102階で再会する
その時流れてくるのが「めぐり逢い」の名曲
An Affair to Remember (Our Love Affair)/過ぎし日の恋

===========
本作の冒頭の曲は

「カサブランカ」の時の過ぎゆくままに
(As time goes by)

カサブランカでサムが歌っていますね。

本作主人公サムとひっかけていますね。

===

本作でホロリとさせたのは
亡くなった奥さんが
幽霊として登場する
(倉本さんの「優しい時間」風)

「クリスマスよね」
「どんな乾杯の言葉?」
「君の瞳に乾杯?」 

またカサブランカです

=======

面白かったのは
ひと目ぼれについての
精神病医師の定義

「誰かに惹かれるということは
その人の潜在意識が相手の潜在意識に
無意識のうちに惹かれる。
運命の出会いとは
二人の神経症患者のなぐさめあいだ」



★基本情報
Sleepless in Seattle

監督 ノーラ・エフロン
脚本 ノーラ・エフロン 
デヴィッド・S・ウォード
出演者
トム・ハンクス 
メグ・ライアン
音楽 マーク・シェイマン 
撮影 スヴェン・ニクヴィスト


あらすじは

ボルチモアの新聞記者アニー・リード(メグ・ライアン)は
カーラジオで偶然聞いた番組に心ひかれた。
リスナー参加のトーク生番組で、
8歳の少年ジョナー・ボールドウィン(ロス・マリンジャー)が
「落ち込んでるパパに新しい奥さんを」
といじらしいまでに切々と訴えていた。
電話口に出た父親サム・ボールドウィン(トム・ハンクス)の声が、
アニーの胸に響いた。
建築技師のサムは、1年半前に妻に先立たれてからの
やるせない心境を淡々と語り出し
孤独で眠れぬ夜もあると告白する声にもらい泣きするアニー。
(他から引用)




スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
90位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line