FC2ブログ

ヨコハマメリー~街頭に立って待ち続けた、お婆ちゃん

yokohamameru.jpg

ヨコハマメリー(2006)

ホラーじゃないです。

あなたは「横浜のメリーさん」を、知ってますか?

90年代半ばぐらいまで横浜は関内近辺に出没していた、

真っ白い顔のおばあさんです。

95年に突然横浜から消えたメリーさんを知る人、知っていた人、

愛していた人を通して「メリーさんのいたヨコハマ」を

描くドキュメンタリー映画


★基本情報
『ヨコハマメリー』
日本のドキュメンタリー映画。
中村高寛初監督作品。
カラー/スタンダード/1時間32分。

★出会い
 池袋駅を降りて
自宅まで歩いて帰る間に
映画館を通る。「ヨコハマメリー」の
怪しげな映画ポスターをみかけた。
近づいて見るとホラーではない。
不思議にひかれた。



★実在のメリーさん

 戦争で人生は狂った。

良家のお嬢さんだったが、戦争孤児になり、

娼婦にならないと生きてゆけない。

日本映画の「肉体の門」、洋画の「哀愁」だ。

戦争はむごい事をする。

以下のような歌が流行った。

♪星の流れに 身を占って

何処をねぐらの 今日の宿

荒(すさ)む心で いるのじゃないが

泣けて 涙も 涸れ果てた

こんな女に 誰がした♪

===

 娼婦になった女性の歌だ。

メリーさんも娼婦になった。

上品で美人だったので

客を選ぶことができた。

アメリカの将校さんしか相手にしなかった。

メリーさんは、ある将校さんが好きになった。

その将校さんしか相手にしなかったかどうかは忘れたが。

将校さんはアメリカへ帰っていった。

彼女は一途なのか? 

何があったのだろう?

それからずっと待っている。

理由は映画では出てこなかったようだ。

彼女はどこで暮らしていたかと言うと

街の人に嫌がれて、

ビルの渡り廊下で寝ていたらしい。

yoko-mery2.jpg


正月は郷里に帰省していたそうだ。

伝説になっていますね。

数多くの方が、メリーさんについて調べられている。

私が書くまでもない。

メリーさんの後日談など映画では丹念にえがかれています。





スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
130位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line