FC2ブログ

重力ピエロ~伊坂幸太郎で泣ける作品



重力ピエロ(2009)


★ソース

伊坂幸太郎、同名の小説


★以下の台詞で泣けました。

あんなに楽しそうなんだから

落ちるわけないじゃないか

もし落ちても 無事に決まっている。

楽しそうに生きていれば、

地球の重力なんて

消してしまえるんだよ。

~~

★感動しました。

伊坂ファンが伏線が
いっぱいあると
言っている意味がわかりました。

伏線ではぴんときません。

これはリンクと重層です。

例えば落ちる、
落下という、ひとつをとっても

何重にもひっかけています。

春が二階から落ちてきた。 
春=桜の花びら

春が二階から落ちてきた。 
春は弟の名前

兄弟の名前泉水と春、
二人の名前を英語にするとスプリング

とにかく、ほとんどが、
必ずリンクして、ひっかけられています。

よく計算されていますね。


「アヒルと鴨のコインロッカー」が

普通の作品で

まだ伊坂さんの良さがわかりませんでしたが

本作で納得です。

★基本情報
重力ピエロ
監督 森淳一
脚本 相沢友子
出演者
加瀬亮
岡田将生
小日向文世
鈴木京香
撮影 林淳一郎
上映時間 119分
製作国 日本
スポンサーサイト



line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line