FC2ブログ

Fukushima 50(2020)C〜50名が命をかけて日本滅亡を救った

Fukushima 50(2020)C

★数行で映画紹介しなければ
門田隆将著の書籍『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発』を原作
東北地方太平洋沖地震に伴う福島第一原子力発電所事故発生時に発電所に留まって
対応業務に従事した約50名の作業員たち・通称「フクシマ50」の闘いを描く物語。

★ショウトしょうとSHORT

首相の暴走が際立つ。真実ならば大問題。

★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
監督 若松節朗
脚本 前川洋一
原作 門田隆将
『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発』
製作 二宮直彦
製作総指揮 井上伸一郎
出演者 佐藤浩市
渡辺謙
吉岡秀隆
緒形直人
火野正平
平田満
萩原聖人
堀部圭亮
小倉久寛
和田正人
石井正則
三浦誠己
堀井新太
金井勇太
増田修一朗
須田邦裕
皆川猿時
前川泰之
ダニエル・カール
小野了
金山一彦
天野義久
金田明夫
小市慢太郎
伊藤正之
阿南健治
中村ゆり
田口トモロヲ
篠井英介
ダンカン
泉谷しげる
津嘉山正種
段田安則
吉岡里帆
斎藤工
富田靖子
佐野史郎
安田成美
音楽 岩代太郎
撮影 江原祥二(J.S.C.)
編集 鄺志良(中国語版)
制作会社 角川大映スタジオ
製作会社 「Fukushima 50」製作委員会
配給 松竹株式会社
KADOKAWA
公開 日本の旗 2020年3月6日
上映時間 122分
製作国

★概要ネタバレ
津波で原発の冷却設備が故障。
冷やさないと原子炉は爆発する。
「ベント」(手動による圧抜き)を実施。
未だかつて世界で実施されていない。
命をかけて放射能があふれでている
原子炉内に突入。
事態の収拾のために闘った職員たちの5日間。
1号機が水素爆発。 3号機も爆発。
2号機は爆発しなかった。
理由は2号機建屋の側面のパネルが一箇所落ちていた。
THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line

パーフェクトストーム(2000)E~漁船が嵐で転覆

パーフェクトストーム(2000)E

★数行で映画紹介しなければ

セバスチャンユンガーが実体験を元に執筆した小説

当時困難だった大波を見事映像表現

臨場感あふれる映像す。

★ショウトしょうとSHORT

あらすじファンなので、個人的にEです。

作品ファンには申し訳ございません。


完全あらすじ


========

★基本情報
原題
The Perfect Storm
監督 ウォルフガング・ペーターゼン
脚本 ビル・ウィットリフ(英語版)
ボー・ゴールドマン
原作 セバスチャン・ユンガー(英語版)
『パーフェクトストーム -史上最悪の暴風に消えた漁船の運命(英語版)』
製作 ウォルフガング・ペーターゼン
ゲイル・カッツ(英語版)
ポーラ・ワインスタイン
製作総指揮 バリー・レヴィンソン
ダンカン・ヘンダーソン
出演者 ジョージ・クルーニー
マーク・ウォールバーグ
音楽 ジェームズ・ホーナー
撮影 ジョン・シール
編集 リチャード・フランシス=ブルース
製作会社 ワーナー・ブラザース
Baltimore Spring Creek Productions
Radiant Productions(英語版)
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 2000年6月30日
日本の旗 2000年7月29日
上映時間 130分
製作国 アメリカ合衆国
ドイツの旗
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====

line

ウェルカム・バクスター (1998)D~町が封鎖されてしまう

ウェルカム・バクスター (1998)D

謎の液体を載せたタンクローリーが横転、
運転手が死亡のために
町(バクスター)がFBIによって隔離されてしまう。

淡々とスケッチするような作品、玄人好みでしょうね。 

===
初公開: 1998年9月12日
監督: モーガン・J.・フリーマン

ケイト・ハドソン
ブレンダン・セクストン三世
クリスティーナ・リッチ 
line

あと60日以内に日本で巨大地震?

,

3.11以来の巨大地震

2015年初頭までに日本で巨大地震が?


村井名誉教授が指摘する「4つの警戒ゾーン」!

最近の大きな地震は100%的中 (白馬村の地震も的中)

各地設置されているGPSのゆがみで予測するので、科学的。


記事元



2014.10.02時点での予知、あくまでも可能性


(1)飛騨・甲信越・北関東  →9月16日の茨城県南部(M5.6、最大震度5弱)はその一つか?

(2)首都圏・東海  →「首都直下地震」または「南海トラフ地震」(東海)か?

(3)南海・東南海  →「南海トラフ地震」(南海・東南海)か?

(4)九州・南西諸島

来年の1月頃までに、上記エリアのどこかで巨大地震が起きる可能性がある

今年7月に巨大地震の前兆現象があった。

前兆現象は6か月前からあらわれる。

異常変動が見られる地域では、

まず周辺で震度2~4の地震が発生し、

その後に震度5~6の地震が起きる場合が多いという。

これらの地域で小規模の地震が継続する場合には、

より大規模の地震に注意する必要がある。

====

あと60日、予知は当たるでしょうか?

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line