ぼく東綺譚~永井荷風の自伝的娼婦通い物語

.
ぼく東綺譚(1992)C

★数行で映画紹介しなければ

新藤兼人監督が、永井荷風の同名小説を基に、

主人公を荷風本人に置き換え、玉ノ井の娼婦・お雪とのロマンスを中心に

荷風の半生を描いたドラマ。

荷風の小説中、最高傑作ともされる。

★ショウトしょうとSHORT

昭和初期の娼婦街のことが詳しく書かれていますね。

作家は夏目漱石のように胃を悪くするようですね。
死因は胃潰瘍だそうです。


完全ネタバレ編


★仕入れた情報

綺譚は造語で、今では奇談として表示。
意味は「世にも珍しく興味ある話。不思議な話」
補足ですが綺談の場合は「面白く仕組まれた話」と、言う意味。

ぼく東は墨田川の意味。今の東京都墨田区一帯、すなわち隅田川中流東岸(江東区)。

========

★基本情報

監督脚本 新藤兼人

原作 永井荷風

出演
津川雅彦
墨田ユキ
宮崎淑子

上映時間 117分

============

エッセイ「恋愛映画を話そうよ」


過去3年、600本からマイベストです。


ホで、はじまる恋愛映画(邦画編)


俳優別映画一覧


恋愛映画1500本~アイウ順索引


村上サガンの出版物


スポンサーサイト
line

草の上の月~冒険作家ロバート・E・ハワードは性障害?

.

草の上の月(1996)D


★数行で映画紹介しようよ

「コナン・ザ・グレート」などのヒーローもので

有名な作家ロバート・E・ハワードは30歳で自殺するが、

それまで交際していた女性の自叙伝の映画化

彼との交際の様子が克明にえがかれている。


★ショウトしょうとSHORT

人気作家ロバート・E・ハワードと作家志望女性の恋

女性側の自叙伝から、こまかく描かれていますが

ロバートは性障害者ではないだろうか?

どうもプラトニック恋愛だったようだ。


ネタバレ編


========

★基本情報

原題 The Whole Wide World

監督ダン・アイアランド

脚本マイケル・スコット・マイヤーズ

原作ノーヴェリン・プライス・エリス
自叙伝『One Who Walked Alone(ひとりで歩む者)』

出演
ビンセント・ドノフリオ
レニー・ゼルウィガー
アン・ウェッジワース


上映時間 112分

製作国アメリカ合衆国

============

クで、はじまる恋愛映画(洋画編)


俳優別映画一覧


恋愛映画めざせ2000本~アイウ順索引


by 村上サガン


line

アガサ・クリスティの映画

アガサ・クリスティ
ミステリー女王

ポアロやミス・マープル、名探偵産みの親

推理小説の女王アガサ・クリスティの

ミステリー傑作クラシック映画ニ作



「情婦」

ハリウッド監督ビッグ3のビリー・ワイルダー作品 

マレーネ・ディートリッヒの世紀の怪演!


YouTube:Marlene Dietrich Witness for the Prosecution 1957



========



「オリエント急行殺人事件(1974)」


イングリッド・バーグマン・カンバック!


YouTube:Murder on the Orient Express





line

ヘミングウェイのショート

アーネスト・ヘミングウェイ

アーネスト・ヘミングウェイ


トルーマン・カポーティ


バージニア・ウルフ


スコット・フィッツジェラルド


以上の作家との出会いは、映画からです。

ノーベル文学賞受賞のアメリカ作家

アーネスト ヘミングウェイ

映画から彼の作品に傾倒していった。

ヘミングウェイ作品が好きな理由

1、簡潔表現

ハードボイルド文学の原点と言われている。

ごちゃごちゃ書かれた文が嫌いで、

簡潔に書かれた彼の作品は、読みやすく好きです。

フランソワーズサガンが好きな理由もそこにある。

村上春樹さんの文は意外に長い描写があるが、なぜか読みやすい。

読みやすいと思うリズムがある。

ヘミングウェイは小説を書く過程で

100回以上書き直し、贅肉を削ぎおとし、簡潔化へもっていったそうだ。

その代表作が「武器をさらば」で、

ただそこに、あることだけを書いて

悲しんだのか、楽しかったのか、などの思いは一切書かない。

読者に感じてもらうような書き方を追求した作品だ。

ヘミングウェイの文体を「氷山理論」と呼ぶそうだが、
形容詞の少ない簡潔な文体。
氷山の威厳は水面下に沈む八分七にあると、省略の有効性を唱える。
文字で書かれていない部分が、より鮮明になると言うのだ。
セザンヌのように書きたい。言外で表現する。すべては語らない。

ヘミングウェイの文体は真似ができないようで、
同じような作家は現れないと研究者は語る。

2、明日のことを考えない無鉄砲、刹那的生き方

ロストジェネレーション(失われた世代)文学の元祖と言われる。

いわゆる戦争の後遺症を背負った世代

正確には第一次世界大戦で貧乏くじを引いた若者世代  

すべての旧価値観を否定し、

酒や享楽に溺れる「自堕落な世代」とも言われる。

代表作が「日はまた昇る」で彼の作品で一番好きだ。

=======================

映画化された作品


「エデンの園」 ヘミングウェイ遺作


「誰がために鐘は鳴る FOR WHOM THE BELL TOLLS」1943(米)


「陽はまた昇る THE SUN ALSO RISES」1957(米)


「キリマンジャロの雪 THE SNOWS OF KILIMANJARO」1952(米)


「武器よさらば A FAREWELL TO ARMS」1957(米)


「脱出 TO HAVE AND HAVE NOT」1945(米)



 「戦場よさらば A FAREWELL TO ARMS」1932(米)
監督:フランク・ボーサージ 
出演:ゲーリー・クーパー,ヘレン・ヘイズ,アドルフ・マンジュー

「海流のなかの島々 ISLAND IN THE STREAM」1977(米)
監督:フランクリン・J・シャフナー 
出演:ジョージ・C・スコット,クレア・ブルーム,ハート・ボックナー

「殺人者 THE KILLERS」1946(米)
監督:ロバート・シオドマク 
出演:バート・ランカスター,エバ・ガードナー

 「殺人者たち THE KILLERS」1964(米)
監督:ドン・シーゲル 
出演:リー・マービン,ロナルド・レーガン,アンジー・ディキンソン

「老人と海 The Old Man and the Sea」1958(米)
監督:ジョン・スタージェス 
出演:スペンサー・トレイシー,フェリペ・バゾス

「老人と海 The Old Man and the Sea」1999(日+露+カナダ)
「ヘミングウェイ・ポートレイト」
監督:エリック・カーネル
監督・脚本・作画:アレクサンドル・ペドロフ
老人と海/ヘミングウェイ・ポートレイト

「破局 The Breaking Point」1950(米)
監督:マイケル・カーチス 
出演:ジョン・ガーフィールド,パトリシア・ニール,フィリス・サクスター

--------------------------------------------------------------------------------
***その他***

「決死の猛獣狩り The Macomber Affair」1947(米) ※未公開
監督:ゾルタン・コルダ 
出演:グレゴリー・ペック,ジョーン・ベネット

「さすらいの涯 Under My Skin」1950(米)
監督:ジーン・ネグレスコ 
出演:ジョン・ガーフィールド,ルーサー・アドラー

「青年 Hemingway's Adventure of a Young Man」1962(米)
監督:マーティン・リット 
出演:リチャード・ベイマー,ダイアン・ベイカー,ポール・ニューマン

==

line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
250位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line