脳死の女性が男児出産

.

脳死の女性が男児出産、カナダ

AFP=時事 2月12日(水)21時58分配信


昨年12月末に妊娠22週目で倒れ、

脳内出血による脳死と判定されたカナダの女性が8日夜、男児を出産した。

女性は出産するまで生命維持装置によって延命されていたが、出産の翌日、装置が外され、死亡した。

夫が10日、ブログで発表した。

脳死の妻と生まれ来る息子、夫がつづるブログ カナダ

 ディラン・ベンソン(Dylan Benson)さん(32)は、

妻のロビン(Robyn Benson)さん(32)の身に起きた不幸と、息子の出産に向けた準備をブログでつづっていた。

 ブリティッシュコロンビア(British Columbia)州ビクトリア(Victoria)の病院の医師らは

妊娠34週目まで出産を待とうとしていたが、8日夜、妊娠28週目に帝王切開で男児の出産を行った。

 出産後、医師らはロビンさんの生命維持装置を外し、ロビンさんはまもなく死亡した。

「9日、残念ながら、私が出会った中で最も強く、最もすてきな女性に別れを言わなければならなかった」

「言葉で表現できないほどロビンが恋しい」と、ディランさんはブログで語った。

 ディランさんは、息子は早産ではあるが健康だと述べ、集中治療室で赤ちゃんを抱いた写真を公開した。


AFPBB News
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
291位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line