ファミリー・マン ヘッドハンターコーリング~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

シカゴの人材紹介会社で働くジェラルド・バトラー ・ジェンセン。

同僚のリンは、総括部長のポストを争うライバル同士。

ジェラルド・バトラーは、架空契約をでっちあげたり、

FBIのふりをして顧客の偽情報を企業に流したりと、リンとは正反対の手段を使う。

ジェラルド・バトラーの妻は、仕事優先で家族をかえりみない夫に不満を募らせていた。

そんなある日、体調不良が続いていた息子が、病院の検査で急性リンパ白血病と診断された。

息子の容態は悪化するばかりで、医者は最後の手段として遺伝子治療を進める。

美しい建築物を見るのが好きだという息子。

初めてジェラルド・バトラーは息子を連れて、さまざまな由緒ある建物を訪れる。


会社のクリスマスパーティ。

リンがジェラルド・バトラーに耳打ちする。

業績を上げるためにジェラルド・バトラーが行っていた数々の裏工作を、リンは見抜いていた。

病院では息子の容態が急変し、昏睡状態に。

担当医は大事なのは両親の声だ。

昏睡状態でも息子は聞いていると言う。

妻は、仕事に夢中で息子の異変に気づかなかったジェラルド・バトラーを責める。

ジェラルド・バトラー に、息子に付き添っていた医療スタッフのアントワーヌが声をかけてきます。

息子は、自分がどれほど父親を愛し、尊敬しているかをアントワーヌに話す。

ジェラルド・バトラーは、昏睡状態の息子に昼も夜も付き添うことにした。

病室からヘッドハンティングの電話をかけ、自分の仕事ぶりを目覚めない息子に聞かせた。

年齢がネックで就職ができない顧客、ルーの力になろうと決めたジェラルド・バトラーは、

企業に頼み込んで仕事を確保することに成功。それも利益ゼロで。

久々に出社すると解雇を言い渡されるジェラルド・バトラー。



真夜中、病院にいる妻から電話が入りました。

治療は成功し、息子が目覚めたのだ。

解雇を知った妻は、笑い出す。

そして社長から独立しろというサインの封書をもらう。

個人で、それも在宅で人材紹介業をスタートさせたジェラルド・バトラー に、ルーから電話が入る。

技術者を紹介してほしいと依頼するのだった。


THE END
スポンサーサイト
line

真夜中の虹~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

父と共に鉱山労働者であるカスリネンは、炭鉱の閉山により職を失う。

父は「この町にいても仕事は無いが、南へ行っても意味がない」と息子に言って、

トイレに入って、父はピストル自殺。

仕事も唯一の家族も失ったカスリネンは、父のキャデラックに乗って、都会の南に旅立つ。

立寄ったドライブインで2人組の強盗に所持金を盗まれる。

路上駐車していたカスリネンは、駐車違反の切符切りの係員イルメリが注意する。

イルメリはカスリネンに運命の男を感じたかわからないが、

この監督得意の、あっという間に、ベッドイン。

子持ちのイルメリに、カスリネンも惹かれる。

彼女の息子・リキも、すぐなつく。



カスリネンは、襲った強盗に遭遇。

腕力のあるカスリネンは強盗をノックアウトさせるが、

その様子が防犯カメラに写っていて、カスリネンは現行犯逮捕されてしまう。


カスリネンは強盗殺人未遂等で、1年11カ月の懲役刑に。

面会に来たイルメリと脱獄を相談。

本に定規のようなノコを挟んで、差し入れ。

なぜ一年待てないかわかりませんが、脱獄。

紆余曲折があり、闇の偽造パスポートを作り、

真夜中に、イルメリとリキと一緒に、メキシコ行きの旅客船に乗船。

「虹の彼方に」の歌が流れる。

THE END
line

ハムレット ゴーズ ビジネス~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。


シェイクスピア劇「ハムレット」を


舞台を企業に移し替えただけのストーリーです。


母が会社社長の父を毒殺。

家にいた専務が毒殺の証拠を隠蔽。

母は専務と再婚。 

専務が会社の実権を。

息子ハムレットは、会社では閑職の役員。



専務の娘オフェリアをハムレットに接近させて、ハムレット篭絡作戦。

実はハムレットも父を毒殺しようと考えて、母と専務の行動を目撃。

ハムレットは専務を殺そうとするが、失敗。

専務が送ったスパイを殺してしまう。



専務はハムレットを、英国行きをすすめる。

英国行きの船に乗るが、そこには専務派遣の殺し屋2人。

まぬけな2人組で、返り討ちにあう。



オフェリアは自殺する。

自殺の理由はハムレットが愛していないと、一人で英国に行ったから。

(よくわかりません。 

原作はそうだが、本作では、2人の恋愛はチグハグですので)

ハムレット帰国。

モモ肉に毒を盛って、専務を殺そうとするが、

間違って母が食べて死ぬ。



専務のデスクに乗り込むハムレット。

そこには殺し屋がいたが、

撃退するハムレット。

専務は発砲するが、上手に避けて、逆に専務を射殺。

「殺し屋と専務が争った」と、警察へ通報。

自殺したオフェリアの兄がハムレットを毒殺する。

THE END
line

世界一キライなあなたに~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

2008年に

ラグビー選手のた安楽死の実話を元にした小説です。



大富豪のイケメン長男が事故で半身不随に。

下の世話などは男性介護士がついている。

長男の話し相手になる若い女性を雇う。

女性は無職なので、その仕事につく。

2人はだんだんに話すようになる。

長男の恋人は友人にとられてしまう。

6か月の契約期間が終わる頃に、

長男は安楽死を決意していて、両親も同意していた。

スイスの自殺幇助機関ディグニタスで死ぬ。

女性には、しばらく暮らして行けるお金を残す。

THE END
line

にがくてあまい~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

川口春奈は、イケメンに出会い、

泥酔して、イケメンをお持ち帰り。

翌朝に、「やっちゃた!」と反省する川口春奈。

気づくと家の中は掃除されて、イケメンは朝食を作っている。

イケメンは料理が趣味で、イケメンのバッグから高校生教師の資格証を見つける川口春奈。

いつもの? 男性の一夜の食い逃げは許さないと、交際を強要しようとする川口春奈。

しかしイケメンは、やっていないと言う。

イケメンはゲイだった。

それでもイケメンに惚れた川口春奈は高校教師をネタに脅し、

部屋の賃貸契約も切れる寸前もあって、イケメンの家に引っ越しをする。

イケメンの気を引くために男装とかするが、失敗。

しかし2人は、セックスなしの大切なパートナーになっていく。

お互いに相手を慰めたり励ましあったりする。

川口春奈の父親が、結婚をすすめるが、イケメンはゲイだと断る。

しかし2人の同居生活は継続する。

THE END
line

ショコラ ~君がいて、僕がいる~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

実在したフランス初の黒人芸人の半生

明治の終わり

フランスに植民地から密入国した黒人ショコラ。

フランス本土で黒人は少なく、パンダみたいな扱い。

警察から逃げながらサーカスで、人食い人種の見世物でしのいでいた。

黒人は珍しいのフランス女性には困らない。

サーカス団に落ち目の道化師フティットが、この黒人と漫才をしたら、

うけると思いコンビを組む。

たちまち大人気。

パリ進出。

身分保障もされて大金持ちに。

しかし賭博と女に全部使い、貯金すると言うことを知らない。

毎日いじられ役で、けつをけられる漫才に嫌気をさし、

コンビ解消。

シェイクスピアの黒人役オセロで舞台にあがるが、不評。

そこから、いきなり映画は晩年へ飛ぶ。

地方のサーカスの掃除人。

シングルマザーの女性が主婦。

結核で死ぬ直前に、フティットが訪問。

「俺は、バカだった」と言い残して死ぬ。

THE END

line

本能寺ホテル~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

京都にでかけた綾瀬はるかは手違いで、

路地裏に隠れた「本能寺ホテル」に宿泊。

ロビーにある古時計が、ネジを巻いても動かないが、

物語設定のために、時計が作動。

すると、「本能寺ホテル」のエレベーターが

織田信長が謀反にあう本能寺の変の一日前の、本能寺内にタイムスリップ。



綾瀬はるかの持ち物から、未来人とすぐ理解した信長は、

天下統一をして民を安らかにしたいと言って、

京都の町を案内する。

信長に恋した綾瀬はるかは明智謀反の話をしてしまう。



信長は逃げずに、秀吉に急ぎの手紙を送る。

現代に戻った綾瀬はるかは本能寺の変の歴史が変わっていないことに気づく。


綾瀬はるかは意を決してタイムスリップ。

そこは、謀反で炎上中の本能寺。

信長に会って「なぜ逃げなかったのです?」

信長は、綾瀬はるかから入手した観光チラシを見せ「そなたの未来につながればいいな」

現代に戻った綾瀬はるかは結婚を破断にして、再就職を。



「本能寺の変」は諸説あるが、筆者は、本能寺の脱出トンネル説を支持。

トンネルで抜け出した信長は、トンネル内で殺される。

殺したのは、秀吉?家康?

THE END
line

ジャニス リトル・ガール・ブルー~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。


ジャニス・ジョプリンの関係者の証言、彼女が書いた手紙などを紹介しながら

歌も聞けます。

ファンにはたまらない映画です。


妹と弟の証言

印象的には姉ジャニス・ジョプリンの良さを語っていません。

父母も、あまり愛していなかった印象



テキサス大学に入り歌いだした。

ブルース専門

大学のブ男投票で なぜか 女性の彼女が一位に。

かなり傷心する。

容姿では高校の頃からいじめにあっていた。

これは、故郷が嫌いになる。

数度しか故郷に帰らない。



大学を中途でやめて、1963年にサンフランシスコへ。

フォーク・シンガーとして生計を立てていたが、麻薬の常習が始まった。

同性愛趣向もあり、二名の女性が実名で登場。

英国男性ピーターと同棲するが、

ジャンキーのピーターとドラッグ漬け

静養のためにポート・アーサーへ帰郷。

ピーターと結婚予定だったが、彼が他の女性を妊娠させて破局。

1966年には再びサンフランシスコへと戻る。


バンド「ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー」に参加する。

1967年にアルバムを発表したが、売れ行きは不調。

モントレー・ポップ・フェスティバルに出場して、一気に有名になる。

下手なバンドから離脱して、コズミック・ブルース・バンドを結成。

ジャニスに統率力がなくすぐ解散。

というか完全にヘロイン漬けで、周りがやめろと忠告する。

やっと忠告を聞いて、ドラッグをやめる。

バック・バンドであるフル・ティルト・ブーギー・バンドを結成。

アルバム録音が終わり、

ふと魔が差した?

ヘロインの大量摂取?

純度不全? 

一度だけと思って、ヘロインを摂取してショック死。

皮肉にも旅好きの恋人が旅先にこないかと言う電報が、死んだ翌朝届く。

死ぬ運命だったと思う。



短命の理由 

両親が普通以上に健康だから 自分も大丈夫と思うと証言。

これは近親者でも同じことを言って無理をして死んでますので

自分は大丈夫は禁句です。

夜の、あの声も けたたましかったそうです。

THE END
line

ドリアン・グレイの肖像~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。


オスカー・ワイルドの怪奇小説です。


ドリアン・グレイ卿は、女性を惑わせる独身の美青年。

友人の画家バジルがドリアン・グレイの肖像画を描く。

バジルには幼い姪がいて、ドリアン・グレイに恋焦がれていた。

2人の知人のヘンリー卿が常にドリアン・グレイにささやいて、惑わされる。

ヘンリー卿「自分の若さと美への賞賛、及び奔放な生活こそ最高」

この男の野望をドリアン・グレイも望んでいて、

肖像画に、「肖像画の方が替わりに歳を、とればいい」とつぶやく。

ドリアン・グレイの女性漁りが始まる。

若い舞台女優シヴィルと恋に落ち、結婚について、ヘンリー卿に相談する。

「まだ招いていない自宅に招待して、その日に寝る女なら結婚するな」

シヴィルは、そうとは知らずに泊ってしまう。

ドリアンは幻滅して婚約破棄、手切れ金を渡す。

その日、ドリアンは自分の肖像画が醜くなっていたのを見て驚く。

思い直して反省して復縁の手紙を書くが、シヴィルは自殺していた。

落ち込むドリアンに。

ヘンリー卿「そんな女、いずれ自殺するタイプだ」

落ち込んだ気持ちが肖像画に乗り移ったのか、

リセットしたドリアンは女遊びに励む。

ドリアンに篭絡された女性は数多く、その女性をとられた男も自殺したりする。

年をとらないドリアンは、その後20年、女性をくどける経験だけは異常に増えてくる。

20年経過しても若いドリアン。

自分の衰えを見たくないドリアンは、肖像画を鍵付きの部屋に閉じ込めていた。

いつまでも若いドリアンに、年老いた画家バジルは指摘する。

「例の肖像画に変わったことはなかったか」

ドリアンは、見せなければいいのに。

「自分の正体を見せる」と言って肖像画を見せる。

過度な酒、麻薬、女、賭け事、そして加齢で、

醜く変貌した肖像画を見て、バジルは驚く。

ドリアンは悪魔に魅入られてバジルを殺してしまう。

死体の始末を、科学者の弱みつけこみ、骨も残らずに処分される。

科学者は罪悪感に、さいなまれて自殺する。

幼女から刷り込んだバジルの姪が盛んに求婚する。

一度結婚を決意したが、思い直すドリアン。

良心が残っているだろうか?

いよいよ醜悪になった肖像画を見てドリアンは、

絵を破壊しようとする。

しばらく音信不通で、かけつけた姪らが見たのは、

美青年の肖像画と醜い老人の死体だった。


THE END
line

ゴースト・イン・ザ・シェル~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。


日本のアニメ版が素晴らしいので


ハリウッド映画で実写化すると言うので

どうなるか心配していました。

僕的には最悪です。

ですから、ざっくりとあらすじします。

サイボーク化のために多数の人間を殺してきたハンカ・ロボティックス社。

素子も殺されて新鮮なうちに脳だけ取り出されてサイボーク化。

やっとサイボーク化が成功したようだ。

素子は公安9課のサイバー犯罪対応係。

素子より前に9割はサイボーク化に成功したクゼが生きていて、

ハンカ社の大量殺人を暴こうとする。

クゼからそのことを知った9課をハンカ社は抹殺しようとする。

9課は、なんとかハンカ社に勝利する。


THE END
line

クレージーの怪盗ジバコ~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

「日本のホコリを頂戴する」という挑戦状を

日本の警視総監のもとへ送ってきた怪盗ジバコ。

本名は誰も知らず、人相、年齢、国籍不明。

変装の名人で武芸百般に長けている。

世界中を騒がす怪盗が日本へやって来ると聞き、

警視庁のみならず日本中が色めきたった。

「日本のホコリとは一体何でしょう?」

「これは富士山 いや あれだ これだ」と議論になる。 

入国時に何としても捕まえてやろうと意気込む明智ハナ肇警部と谷敬刑事の前に、

W.C.W.C.という臭そうな観光調査団に紛れて

あからさまに怪しい日本人風の男が現れ、

拳銃(ただし「MADE IN JAPAN」と書かれている=おもちゃである)を落としていく。

後を追った谷敬刑事に、その男は「我輩がジバコだ」と名乗る。

その場でジバコ植木等を逮捕する谷敬刑事だったが、

ジバコ植木等は得意の変装で谷敬に化けて、まんまと逃げ出す。

そして再度谷敬に化けられて取り逃がしたので

とうとう谷敬は首になる。

しかし谷敬は観光会社で採用される。

これはジバコ植木等が観光会社の社長に変装して採用させたのだった。

仕事はジバコ植木等を捕まえる仕事だった。

社長は車は盗まれるは、愛人社長秘書の浜美枝をジバコ植木等にとられて恨んでいた。

浜美枝は「私はジバコ植木等の恋人」として新聞で発表する。

一方捜査陣には、日本民族の遺産たる美術品を盗むとのジバコ植木等の予告状が届いていた。

そして捜査本部の部屋内の物を電話機以外は全部盗んでしまう。



浜美枝を張り込む明智ハナ肇警部と谷敬。 

ジバコ植木等は現れるが、

捕まえようとする明智ハナ肇警部と谷敬に、再び谷敬に変装。

(谷敬変装のギャグは笑える)

必死に追う捜査陣を翻弄しながら、ジバコ植木等は手始めに義経の刀を手に入れる。

しかしそれは既にW.C.W.C.によって偽物とすり替えられていた。

国宝すり替え事件が全て自分のせいにされてしまったジバコ植木等は、

再びジバコ植木等に間違われて逃げている谷敬を助ける。

そして偽物のことを話す。

信用しない谷敬に偽物にすり替えられた国宝を見て回る。

W.C.W.C.は各地の国宝の撮影をしながら盗んでいた。

(ここから粗筋が駄作に、それまでコメディは傑作)

ジバコ植木等はW.C.W.C.のメンバーに変装

国宝の隠し場所を発見

谷敬と手を組んで、W.C.W.C.のメンバーのボスを倒し、

メンバーは警察に捕まる

新聞報道「国宝もどる!! 仕業はW.C.W.C.!!」



さあ 落ちです。

国際盗賊団逮捕で賞状をもらう明智ハナ肇。

そこにジバコから紙飛行機のメモが来る。

「このままでは、ジバコの名誉にかかわる。

東京タワーをいただく!!」

大笑いする長官。

しかしタワーを確認すると「東京タワーがない!」

THE END
line

PARTY7~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

ヤクザの永瀬正敏は組の金を盗んで逃走。

低能なのか、お笑い脚本なのか、

なじみの旅行会社のふせえりに、目立たないホテルを紹介してもらう。

ホテルの部屋に入ると、しばらくして、元のカノのカナがやってくる。

「どうしてわかった?」

「旅行会社のおばちゃんが教えてくれた」

「あいつ! 機密保護はないのか」

「貸した金返してよ」

「どうしたんだ?」

「私、結婚するのよ」

そこにカナの婚約者が入ってくる。

カナ「どうしてわかったの?」

婚約者「ついてきたんだ」

永瀬正敏は婚約者と殴り合いになり、お互いに疲れて休んでいると、

そこへ永瀬正敏の兄貴分がやってくる。

兄貴「親分にお前を殺せと言われた」

「兄貴、ここに(トランク)二億円ある、一緒に逃げよう。

どうせ組にいても出世できない」

迷っている兄貴。

そこへ組の若頭が殴り込む。

この若頭はゲイっぽい。

「裏切ったのね。みんな殺すわよ」

スキをみはからって若頭をなぐる兄貴。

その勢いで部屋をのぞいていた隠しガラスが割れる。

隣室で、のぞき趣味の浅野忠信と原田芳雄が、のぞいていたのだ。

2人はホテル関係者。



永瀬正敏と兄貴は逃亡しようと、トランクの中身を確認すると、

中には札束はなかった。

その時、なぜかテレビが映り、わざとらしく

二億円の寄付があったと報道される。



旅行会社のふせえりが永瀬正敏がトイレに行っている最中に

トランクの中身を、すり替えたのだった。

ありえないストーリーですね。

でもテレビでの漫才と思えばいいのでしょうね。

THE END
line

忘れられぬ人々~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

太平洋戦争を共に戦った三橋達也、大木実、青木富夫は

老人になり、同じ町で仲良く暮らしていた。

ある日、死んだ戦友・金山の孫娘・百合子が戦友会に出席し、

三橋達也は、彼女に金山の最期を語る。

百合子の恋人・仁は

老人相手の福祉事業を手がける会社に就職していた。

ところがその会社は、実は霊感商法を手がける悪徳業者だった。


1.青木富夫が一目惚れした生け花教室の先生・小春

戦争で亡くした三歳の霊がさまよっていると因縁をつけて、

一千万の供養像を買わされる。

三人がかりの演技で「あなたは鬼だ」と小春を責める。

そして発狂してしまう小春。

2.大木実は、妻が入院中で、供養像を買わされる。

妻の余命がないと脅されたのだ。

経営していた店を担保にして購入していた。

妻が死に、店は手放す。

3.青木富夫は小春の購入した像の返品を会社に申し出るが、

会社は拒否。

どのように死んだかわからないが、青木は死亡。

==

三橋達也と大木実は、刀を持って会社に乗り込む。

会社の社長は、ピストルで応酬。

2人は撃たれるが、三橋達也は、社長を刺し殺す。

三橋達也は致命傷。

大木実は軽傷。

**

邦画でよくある使い古しの殴り込みストーリーです。

THE END
line

黒崎くんの言いなりになんてならない~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

両親の海外赴任で寮のある春美高校に転校した由宇は、

寮にいる高校一のもて男・白河(白王子)と、

黒王子こと黒崎の両方からアタックされる。

(なぜアタック? 美人でもないのに 

ただ黒と白で、はりあっているだけ?

由宇は黒崎の髪を多数切ってしまい、

そのバツとして

「お前は俺の奴隷だ」と言われて、従うしかない由宇。

優しい白河に好きと言われながらも、

ときめきながらも、

黒崎のボディタッチのセクハラに耐える。

耐えると言うか、なすがまま。

耳をかまれたり、キスマークをつけられたり。

しかし黒崎は意外に優しい。

女子からいじめにあって助けてくれた黒崎

強く、ぐいぐいと愛してくる黒崎

観覧車に乗せられて黒崎になされるままの由宇。 

マゾ女性ですかね?


ある日 黒崎が宣言する。

「これで絶対服従の奴隷契約は終わりだ」

「なぜ?」

「お前にあきたからだ」

「それは助かる」 (これで白河との交際が深くなる)

でも、なんか元気になれない由宇。

本当は黒崎のことが好きだと気づく由宇。

白河もそのことに気づいて黒崎に由宇を譲る。

黒崎は由宇を呼び出す。

「春美坂公園へ来い。5分だけ待ってやる」

由宇は走り出す。

黒崎は3分遅刻と指摘した後

「無期限に変更する。赤羽由宇、お前は俺のもんだ。いや、俺の女だ。返事は?」

由宇 「やだよ! 私、黒崎くんの言いなりになんてならない。

でも、好きです!」

由宇は黒崎に抱きつく。

目をそらす黒崎を見て、

由宇「あ、もしかして照れてる?」

「てめえ、調子にのんなよ。キスするぞ」

由宇の方が積極的にキスする。

黒崎は一瞬硬直した後、由宇の身体に手を回します。

お姫様抱っこした黒崎に「おろしてください」と頼んだ由宇は、

「よし!帰るぞ。ついてこい!」と黒崎に命令して先に走り出す。

THE END
line

僕らのごはんは明日で待ってる~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。


高校3年生の中島裕翔。

兄を亡くし、それ以来すっかりネガティブで、学校で孤立していた。

同級生の新木優子が体育祭のクラス対抗リレーの米俵ジャンプのパートナーに中島裕翔を指名。

中島裕翔への恋のアプローチを開始する。

新木優子は中島裕翔とは正反対で、明るくポジティブな性格を装う。

この映画で、「おお!」と思ったのは以下の会話

「風立ちぬ」などの、恋人が死ぬ本ばかり読んでいる中島裕翔。

「いっぱい死んだ人がでてくる小説持ってきた。

毎回、ジャンジャン、人が死んでしまうんだよ。

しかも浅見光彦は刑事でもないのに

しょっちゅう、殺人に出くわす

気の毒でしょう?

でも、ちゃんと立ち直って、強く生きてる

それどころか、わざわざ、また人が死にそうな場所に 

どんどん顔をつっこんでいく

見習う所が多いよね」



体育祭で、見事にリレー優勝に貢献した二人。

新木優子は優勝したら中島裕翔に告白するつもりだったと打ち明ける。

「好きになるのが怖いんだ。

楽しい想いの後には必ず空しい想いが待ってると思うと怖いんだ」と言う。

「むなしい思いって、どこかで待っているの?」

「例えば、すごい映画をみて感動するんだけど

その分 見終わったら なんか さみしくなるだろ?

そういう時 最初から見なかったら 

こんなわけのわからない さみしい気持ちにならなかったのにって

思うだろ

おいしいステーキを食べたとするじゃん

美味しくて、幸せなんだけど 食べたらなくなってしまうと悲しい」

「そんなの 当り前じゃない

食べても食べてもなくならないステーキなんて 一種の嫌がらせでしょう?

好きになるのが怖い話からステーキがなくなるのがショックって 

かなり飛ぶんだね」

「いい思いと悲しい思いを比べたら 絶対 悲しい思いの方が大きいに決まっているから」

*  

やがて大学受験の時期が近づき、

新木優子は大学に行く気のない中島裕翔に大学に行った方がいいとアドバイスする。

その気になった中島裕翔は新木優子と同じ大学を受けると言い出すが、

保育士志望の新木優子が受けるのは女子短大だった。

二人は別々ながらも大学に無事合格、中島裕翔は新たな友達もできる。

ある日、中島裕翔は新木優子の大好物だというケンタッキーフライドチキンの店へ。

カーネル・サンダースについて熱く語る新木優子。

握手すれば元気になるんだよ

新木優子には両親がおらず、

祖母の松原智恵子と二人暮しをしていることを初めて知る。

そして、新木優子は「私が泣いてる時は相当弱ってる時だから助けに来てね」と言う。



それから3年の月日が流れ、新木優子は保育士の仕事に就き、中島裕翔も就職が内定。

新木優子の祖母に挨拶に行くと、交際を猛反対される。

ある日、新木優子は突然に別れ話を告げる。

納得のいく理由がわからない。

「とにかく3年以上つきあったから それでいいじゃない。

理由はいろいろあるけど もう別れると決めたから」 



その後、兄の墓参りで、再会。

「いちど始めたらやめられないの」

律儀な新木優子。

別れた理由は、

おそらく中島裕翔が昔言ったステーキの話に新木優子は従ったのだ。

「二人の幸福はいつまでも続かない」



大学時代の後輩・鈴原えみりとの交際が始まるが、

自分ばかりを要求する愛し方で、重く苦しくなっていく中島裕翔。

とうとう窒息しそうになり別れる。



月日は流れ、社会人となった中島裕翔は、

偶然に保育園の人から新木優子が子宮筋腫で入院したことを知り病院に。

「もう迷惑だから 来ないで」

隣のベッドの人から「彼女、とても不安がっている」

「俺に迷惑をかけたくないから 負担をかけさせたくないから」と、

新木優子の態度をポジティブに考える。 

二人で行っていたデパートの屋上の望遠鏡で、

入院中の病院の屋上で一人泣いている新木優子を発見してしまう。

かつて新木優子が言った「私が泣いてる時は相当弱ってる時だから助けに来てね」を思い出した中島裕翔は、

ケンタッキーフライドチキンの店からカーネル・サンダース人形を持ち出し、

病室に運び、中島裕翔は「お前じゃなきゃだめなんだ」

「おまえがいたから 俺は脱出できたんだ

子供ができなくても 俺は一緒にいたいんだ」

と言って、カーネル人形の手と新木優子の手を握手させ、

彼女はようやく笑顔を取り戻す。

手術は無事成功し、新木優子の祖母は中島裕翔を認め、二人の交際を認めた。

中島裕翔は回復した新木優子と、食事をとりながら、

突然 キス

そして

お互いに微笑みを交わした。

**

もう子供を産む子宮はないが

彼女が希望した家族は人工妊娠とか可能性はある、希望を捨てるな。


THE END
line

トップガン~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。


海軍パイロットのトム・クルーズは、やんちゃで、命令無視を行い、上司を困らせていた。

腕は、ぴか一の厄介者のために、上司はトップパイロット養成学校へ送り込む。

ミラマー海軍基地の育成学校は「トップガン」と呼ばれていた。



学校は

トップガンの卒業生で、世界最高のパイロットのバイパー教官が指導責任者。

優秀な成績を収めれば、トップガンの教官になることができる。

訓練機はトムキャットの2人乗り。

皆で飲みに行くと、トム・クルーズは美しい女性のシャーロットをナンパ。

彼女には年上の彼氏がいて、ナンパ失敗。

翌日の訓練で教官として現れたのは、

なんとシャーロットで、航空物理学者だった。

生徒の中でロシアのミグ戦闘機に遭遇したのはトム・クルーズだけで、

シャーロットはトム・クルーズに興味を示す。



トム・クルーズらは、教官のジェスターを訓練で模擬撃墜する。

その腕は素晴らしいが、やんちゃで、管制塔をかすめたり、

規則を破った行動によって怒られる。

トップを目指しているアイスマンから、トム・クルーズの飛行は危険だと言われる。

上司からはルール違反飛行だと注意を受ける。

「トムは直感で動く、親父そっくりだな」と上司バイパー教官はつぶやく。

トム・クルーズの父親は優秀なパイロット。

操縦ミスをして死んだと言われていたが、詳細は機密事項とされていた。



シャーロットは、トム・クルーズと恋愛関係になる。

戦闘機の訓練で、今日はバイパー教官が搭乗。

トム・クルーズは味方機をおいて、バイパー教官を追うことに。

撃墜できると思った瞬間、ジェスターに背後に回られて模擬撃墜された。

アイスマンもバイパー教官に模擬撃墜されていて、

成績はアイスマンとトム・クルーズがトップを競っていた。



今日の戦闘機の訓練では、成績を気にして、

アイスマンが前を塞いで邪魔ばかりしてくる。

アイスマンは頃合いを見て、急速離脱。

その時にジェット気流が発生してしまって、

トム・クルーズらの戦闘機はエンジンが停止して操縦不能に陥る。

トム・クルーズは脱出できたが、グースは脱出失敗して死亡してしまう。

トム・クルーズは自信を喪失。

そこに出世が決まって、異動が決まったシャーロットがやってきて、

励まされるもののトム・クルーズはパイロットをやめるか迷う。

バイパーの家を訪れて相談することに。

バイパーは、実はトム・クルーズの父親と同じ部隊だった。

彼から父親の死の真相を聞く。

敵の戦闘機が多数いる中で、父親は味方を救うために撃たれたのだった。

その場所が境界線を越えていたために機密にされていた。

飛び続けるかどうかは、自分次第で決めることだと言われる。

行かないつもりだった卒業式にトム・クルーズは出席。

すると緊急事態が発生して任務が下される。

潜水艦が敵地で迷ってしまった。

戦闘機が護衛するためにトム・クルーズらも出撃することに。

アイスマン組とハリウッド組の2機が出撃して、トム・クルーズ組は待機。

敵機は5機であることが分かり、ハリウッド組の戦闘機が撃ち落とされる。

アイスマン機に敵機が追いかけてくる。

トム・クルーズ機のみが出撃。

他の機は、トラブルで出撃できない。

トム・クルーズ機が4機を撃ち落とす。

残りの1機は逃げ帰って行った。

トム・クルーズの活躍は新聞の一面を飾る。

上層部から意向を聞かれて、

トップガンの教官になりたいと答えるトム・クルーズ。

シャーロットがミラマー基地に戻ってきてトム・クルーズに会いに行く。

THE END
line

エイミー、エイミー、エイミー!~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

父親のトラウマで、純潔を知らない主人公エイミー。

次から次にセックス三昧。

セックスが好物と豪語する。


ある日取材したスポーツ選手専門の医師、アーロンと

すぐにセックスして、普通は、それっきりだが

恋に落ちる。

というか、公園に一緒にいてもセックス三昧。

アーロンと相性は、いいが、セックスはまあまあ。

私はセックスは、もっと感じたい。



2人は、ささいなことで口論となる。

エイミーはこれで終わりだと思うが、彼は

「僕は愛しているんだ」

「私は、大勢と寝た女よ」

「何人と?」

「あなたは?」

「僕は、女性とこれまで三名寝た」

「私も女性とは三名寝たわ」

「男とは何名と寝たんだ」

「今年だけで?」



本音で話し合おう!

「あなたは〇〇〇が下手なのよ」

「わかった、練習する」



「大勢と寝るのはやめてほしい」

「それじゃ、私たちお別れね」

傷心のエイミーは、次の男と寝るが。

変な男で、完全なマゾ男だった。

とまどうエミリー。

殴りすぎて、その男が「ママ助けて!」。

ママが来ると、それは上司だった。



別れたことを後悔するエイミー。

エイミーは彼に会いにゆく。

(このへんは、もう映画的に故障しています)

よりを戻す2人。

THE END
line

ニュースの真相~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

実話に基づく

2004年

CBSの人気報道番組「60ミニッツ」は、

ブッシュ軍歴詐称疑惑をスクープ。

ブッシュ大統領がベトナム戦争中に空軍に入隊したが、その後の記録がまったくない。

健康診断、パイロットとしての飛行記録もない。

しかし、証拠として提示した書類は偽造されたものだと、

保守派ブロガーを中心にインターネット上で大論争が巻き起こる。



CBS会社上層部は事態の収束を図るために内部調査委員会を設置。

書類はねつ造と判明、だが、ねつ造者は見つからない。何名かを経由していた。

番組プロデューサーのメアリー・メイプスは解雇。



メアリー・メイプスは査問委員会にかけられる。

「あなたが、偽造したのでは?」

「NO」

「どうして、偽造と見抜けなかった?」

「この書類を作るには当時のブッシュ入隊時期の周囲の人物背景及び人物の性格まで熟知した者が書いた」

査問委員会は「番組に政治を持ち込んでいない」と結論づけて、彼女は無罪。



この報道を伝えたアンカーマンのダン・ラザーも番組を降板。

ダン・ラザーは
2007年、問題の責任を転嫁されたとしてCBSに7000万ドルの損害賠償を求める訴訟を起こした。

しかし、それは却下された。




肝心のブッシュの軍歴詐称問題はうやむやとなってしまう。

兵役義務をごまかしたのかもしれないのだ。

メアリーは、

解雇後に「放送界のピューリツァー賞」とも称される「ピーボディ賞」を受賞。

テレビの仕事をやめて、本作の原作を出版。


THE END
line

スターリングラード~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。


ロシアの英雄伝

1942年、スターリングラード攻防戦

ナチスドイツとロシアの大激戦

この戦いに負けたら、ロシアは滅ぶ

史上最大の戦死数約200万人に及ぶ市街戦

ロジアの首相になるフルシチョフがふんばる。



ウラルの羊飼いで、狼を撃つのに長けていたヴァシリは銃を持たされずに

スターリングラード前線に投入される。

ヴァシリは死んだ兵士の銃をとり、次々とドイツ兵を撃ち殺してゆく。

狙撃で有名になるヴァシリ。

スナイパーになり、戦意高揚として英雄宣伝がはじまる。

ヴァシリに助けてもらったダニロフは、

活躍ぶりを軍の機関紙で盛んに書き立て、

ヴァシリは全国に知られた英雄となる。

ダニロフとヴァシリに共通の思い人・女兵士ターニャが登場。

ロシアでは女性も普通に兵士として戦っていた。



ヴァシリの活躍を戦局の障害と考えたドイツ軍は

狙撃兵学校教官のドイツ人少佐を現地に派遣。

ヴァシリを倒すことを指令し、ソ連側の戦意を失わせようとする。

注:ロシアのいつものねつ造で、少佐派遣の件はドイツ側に記録なし。

ドイツ人少佐は口磨きなど雑用で働く少年を買収して、ヴァシリの狙撃場所を知る。

仲間の狙撃兵を仕留めるが、ヴァシリは助かる。

ドイツ少佐とヴァシリのバトルが始まる。

少年が、ヴァシリに情報を伝えていることを知ると、少年を空中につるす。

ヴァシリはワナだと知り、見殺しにする。

最終決戦

ターニャが砲弾で死んだと聞き、

生きる望みを失ったダニロフは、自分がおとりになる。

ドイツ人少佐はヴァシリを射殺したと思い、姿を現す。

ヴァシリはおかげでドイツ人少佐を射殺。



市街戦がようやくロシア赤軍の勝利で終わった後、

ヴァシリは病院で元気になりつつあるターニャと再会する。

THE END
line

てぃだかんかん 海とサンゴと小さな奇跡~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

沖縄の実話です。

海の生物が大好きだった岡村隆史は、

幼なじみの松雪泰子と結婚するために故郷の沖縄に戻って来る。

不肖の息子のために、母は猛烈に反対するが、

それを押し切って結婚して子宝にも恵まれ、

自分で始めたレストラン事業もうまくいく。

レストランにはサンゴを水槽で飼って見せていた。

店も4号店まで拡張して借金も返済。

そんな折り、突然岡村隆史は店をやめてサンゴ養殖をすると宣言する。

「このままだったらサンゴは全滅する」

奥さんの松雪泰子は反対しない。

映画では、この松雪泰子が神様というか、ありえないほどの人物。

そしてあげまんです。

有限会社・海の種を設立して、

水槽である程度育てて、海に移植しようと考える。

サンゴ礁が滅びた死海に、穴をあけて、ヘチマに固定したサンゴを埋める。

しかし埋める場所は漁業組合の海地。

組合長の許可を得たいが、OKがでない。

ここで後でわかるが、松雪泰子が子連れで組合長にお願いに行き、

組合長が離席しても、何時間も頭を下げたままなのだ。

組合長が尋ねる

「サンゴ埋めは世界で何人?」

「ゼロ」

「面白い」とOK。

「サンゴ礁は、宝じゃない。魚のすみか」

新聞で話題に。

海洋生物シンポジウムで発表するが。

学者から猛烈に批判される。

データ不十分で、移植は生態系を破壊するだけ。遺伝的かく乱。

そこで移植したサンゴが産卵すれば、学者は驚く。

前例がないということになる。

スポンサーがついて、約380種のサンゴを入れる大きな水槽を作るが、

スポンサーがとんずら。

家を抵当にしてしまうが、松雪泰子は不平不満を言わずに、生計に奔走する。

ボランティアも来て、死海にサンゴを埋める。

そして移植サンゴの産卵を確認できた。

エコロジー大賞を受賞。

岡村隆史はスピーチする。

「そんな、りっぱなことじゃないよ。

エコロジーなんて、そんなえらいもんじゃないよ。

もう一度、綺麗なサンゴ礁を、子供や家族みんなに、みせたかっただけなわけ。

弱い僕は、何度も負けそうになったよ。

けど、サンゴ礁を毎日見て、

サンゴのことを一番に思っているのは、僕だけしかしないと思ったよ。

だからあきらめきれんかった。

自分がまちがっていないと思って、

ここまでやってきただけなんだけどさ。

僕一人はなんにもできんかった。

けど、サンゴは卵を産んだだけさ。

おじいも母も、昔はもっときれいな海かったよと言うさ。

でも、おいは孫ができたら、昔はサンゴが少なかったのだよと言いたいわけさ」

THE END

line

マラヴィータ~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

フランス・ノルマンディーのとある田舎町に、

アメリカ人のロバート・デ・ニーロ一家が引っ越してきた。

ロバート・デ・ニーロは元マフィアで、

FBIの証人保護プログラムを適用され、

偽名で世界各地を転々としていた。



家族は全員凶暴な性格。

妻ミシェル・ファイファーは自分を馬鹿にした店員のいるスーパーを爆破し、

長女と長男は転入した学校で不良学生たちを袋叩きにする。

ロバート・デ・ニーロ自身も気に入らない人間を半殺しにして病院送りにしていた。



長男が学校発行の新聞に、

父がマフィア時代にドン・ルケージと交わしたジョークを載せてしまい、

その新聞が巡り巡ってアメリカの刑務所に収監中のルケージの元に届いてしまう。

ロバート・デ・ニーロの裏切りで逮捕されたルケージは、

部下に命じてロバート・デ・ニーロ一家の元に殺し屋を差し向ける。



妻ミシェル・ファイファーは、

神父にマフィアであることを懺悔したところ「悪魔の一家」と公言され、

長女は失恋、長男は学校内の悪行がバレてしまう。

一家が孤立し始めたことを知ったFBIのトミー・リー・ジョーンズは、

彼らを次の隠れ家に移そうと考える。

そこへ、ルケージの殺し屋集団がやってくる。

最初に気づいたのは長男、そして妻。

家にいたロバート・デ・ニーロは愛犬のマラヴィータが吠えるので身構える。

殺し屋集団はロケットランチャーで家を吹き飛ばす。

生き延びたロバート・デ・ニーロは脱出に成功し、

騒ぎを知った家族は殺し屋集団を逆に返り討ちにして全滅させる。

ロバート・デ・ニーロ一家は、次の家に向かうために町を離れる。

THE END
line

スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

舞台はカナダのトロント。

売れないバンドのベーシスト、22歳のスコット・ピルグリムは、

中国系の女子高校生ナイブスと付き合いはじめた。

すぐに、ニューヨークから引っ越してきたラモーナという白人女性にひと目ぼれ。

ナイブスにつきあえないと言う。



ラモーナにはギデオンという彼がいたが、つきまとうラモーナに嫌気をさした。

しかしラモーナがいなくなると、ギデオンの思いは再燃。

スコットと交際している情報が伝わると、

ギデオンは6名の刺客をスコットに送る。

6名との戦いは

本作の特徴でゲーム上で戦いを現実にさせた表現。

1人目はインド人系、ファイアーボールの炎攻撃で撃退。

2人目は白人の映画スター・りーの6名のスタントマンと殴り合い、勝利。

3人目は人気俳優のミスター・りーで、スケボー対決で、先に自滅するリー。

4人目は菜食主義者のトッドで、牛乳入りを飲ませて、トッド爆死。

5人目はレズビアンのロキシー、小股を触って感じさせて失神。

6人目は双子の日本人カタヤナギブラザーズ、バンド合戦の音量の勝負で勝利。



ギデオンがスコットの前に現れる。

ラモーナはよりを戻す。

それでもギオンと戦うスコット。 

ギデオンに刺されて、天国へ。

天国で、ラモーナが現れて

「ギデオンが好きだけど 相手にされないので、逃げていた」と言う。

「俺は死んだのか?いや死んでない」

そこで「1UP」と聞こえて、生き返り、ギデオンとの戦いの一時間前?に戻る。

「さあ!対決だ!これは俺のための戦いだ。ラモーナは関係ない」

強敵ギデオンとの戦いで、ラモーナとナイブスが味方する。

ギデオンを消滅させる。 



ラモーナはスコットにお別れを言う。

ナイブスが言う。

「彼女を追いかけて! 彼女のために戦ったのよ」

「わかった」

ラモーナを追いかけるスコット。

「一緒に、行っていい?」

「来るの?」

「もういちど、やりなおしたい」

THE END
line

ファントム・オブ・パラダイス~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

( )で、ぼやいています。ご勘弁ください。


ザ・ビーチ・ボーイズ風のポップスソングで、

巨万の財をなしたデス・レコード社社長スワンは、「パラダイス」劇場を建設、

こけら落としの興行のためにシンガーを探していた。

オーディションに参加した、無名のミュージシャン・リーチの歌を気に入る。

風貌はジョンレノン風で、歌はエルトンジョン風。

歌はゲーテ詩劇「ファウスト」の組曲だった。

悪魔に魂を売った錬金術師ファウストのストーリーだ。

マネージャーがリーチから楽譜を受け取る。



リーチは結果を知りたいが、何度会いに行っても面会できない。

邸宅に忍び込むと、女性歌手らのオーディション中だった。

そこで出会ったフェニックス嬢の歌唱を認めて、彼女に恋してしまう。

スワン側の陰謀で、リーチは投獄される。

獄中に、ラジオで、スワンが自分の作品を、売り出そうとすることを知る。

脱獄してデス・レコード社に乱入して、

原版を破壊しようとしてプレス機に頭を挟まれ、顔と声とを潰されてしまう。

(なぜ? 裁判しない? 自ら犯罪者になったリーチ)

リーチは、仮面で醜い素顔を隠し、

リハーサルでリーチの歌を歌うバンド「ジューシー・フルーツ」の舞台に、

爆弾をしかけて、大怪我を負わせて、スワンの首をしめるにかかる。

(もう完全な犯罪者だが、警察沙汰にならない)

すると、スワンは「君を探していた」と言って、逆に正式契約を結ぶ。

これまでのスワンにされたことを思い出せば、騙されないはずだが。

契約の内容も読まずにサインしてしまうリーチ。

「悪魔に魂を売る」契約なのに。



リーチは組曲の完成に専念する。

恋するフェニックス嬢に歌わせる口約束をしていたが

スワンは、ただ綺麗な歌唱のフェニックス嬢ではロックらしくないし、陳腐。

PANKゲイバンドのビーフに歌わせて、フェニックス嬢はバックコーラスとなる。

スワンはリーチに眠り薬を飲ませて、レンガを詰めて部屋を封鎖しようとする。

(普通に牢屋に入れればいいのに)

リーチは封鎖に気づいて、悲鳴をあげて、逃げ出す。

(寝ているのに、ありえません)



こけら落としの日

リーチは、歌っているビーフを感電死させる。

これが観客にうける。

替わりに歌ったのがなぜか??フェニックス嬢

熱唱して、一躍スターに。

コンサートが終わった後に、スワンに枕営業を申し込むフェニックス嬢。

それを聞いてフェニックス嬢に「劇場を爆破する。あいつと寝るな」と忠告するリーチ。

警察沙汰にならない。

フェニックス嬢はスワンの車で、スワンの豪邸へ。

枕営業を、豪邸の窓からのぞくリーチ。

リーチは涙を流し、自殺するが、死なないことに気づく。

のぞいているのを知っていたスワンがリーチの所に来る。

リーチはスワンを刺す。

(刺しても、フェニックス嬢は戻ってこない。黙って去ってゆけばいいのに)

しかしスワンが死なずに、スワンから悪魔との契約の話をされる。



リーチはデス・レコード社に潜入して、悪魔との契約ビデオや秘密のビデオを発見する。

秘密のビデオには明日の劇場のショウの中で、スワンとフェニックス嬢が結婚して、

狙撃手にフェニックス嬢を殺させることにしていた。

(フェニックス嬢は悪魔との契約をしたので、死なないのでは? それとも契約内容が違う。

(裏切ったと勘違いしている? フェニックス嬢が死ぬのであれば、それが一番では?)

(結婚もただのショウでは?)

リーチは、これらのビデオを破壊する。



結婚式のショウの日

舞台に乱入したリーチーがスワンの仮面を取ると醜く、リーチはスワンを刺殺。

(ビデオを破壊したのでスワンの顔が醜くなった?)

スワンが死んだことで、悪魔の契約でリーチも死ぬ。

リーチは死に行く中、フェニックス嬢に愛していることを訴える。

全て演出だと思っている観客は熱狂。

リーチとスワンの仮面をとった醜い顔が、

映画「キャリー」のようにグロく、ズームアップされる。

フェニックス嬢はリーチを抱きしめる。

THE END
line

仁義~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

5年の刑期を終えて出所したアラン・ドロンは、

かつての仲間リコを訪ね、貸しを求める。

貸しとは、警察にリコのことを言わなかったことだ。

お金を出し惜しむリコの隠し金庫を探し、

アラン・ドロンは金庫から金を手に入れると、パリへ向かう。

リコはアランドロンの女を寝取り、アランドロンの口封じを部下に命じる

さっそく2人の殺し屋がアランドロンを襲うが撃退。

列車で護送中に脱走したヴォーゲルがアラン・ドロンの車のトランクに潜り込んでくる。

アランドロンはそれを黙認する(??)。 

アラン・ドロンは、リコの追手に捕えられるが、ヴォーゲルに助けられる。

この時の銃撃でアラン・ドロンがリコからせしめた札束が穴だらけになり、

使い物にならなくなってしまう。

アラン・ドロンは出所直前に看守から持ちかけられていた宝石店を襲う仕事のことを思い出す。

一文なしとなり、仕事を決行することを決意。

(あまりに粗筋が乱暴 リコの始末はどうする。

出所してすぐ強盗? 逃亡犯のヴォーゲルがまた犯罪をする?)

新たな仲間としてヴォーゲルの昔の仲間で元警官のイヴ・モンタンを加え、

(新聞にも掲載されている逃亡犯の仕事に参加する?)

イヴ・モンタンの参加理由はアル中がなおるからだそうだ(??)。

宝石店を下見して、宝石強奪は成功するが、現金にする業者が警察に寝返っていた。

(当たり前です)

業者に化けた警察の元に、三人が訪れて、全員射殺される。

THE END
line

流れる~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

墨田区東向島近くの花街。

舞台は、山田五十鈴が経営している芸者置屋。

芸者は山田五十鈴も含めて三人だけ

置屋経営は赤字で、近所の店のツケさえ払えない。

その上、芸妓たちへの支払いもごまかしている様子。

芸者山田五十鈴は赤字解消に奔走するわけでもなく、

赤字の川に流されるだけ。

出戻りの妹・米子と子供を住まわせて電話番をさせている。

娘・高峰秀子は芸者にさせずに、居候状態。

他に芸者の杉村春子、岡田茉莉子が住んでいる。

そんな赤字の置屋に女中・田中絹代がやってきた。

女中を雇う給金も出ていないはず、

でも困窮の田中絹代は住まわせてもらうだけでありがたいようだ。

芸者置屋の家は抵当に入っているし、

借金の催促に来るものが多く、全部、田中絹代が応対する始末。

料理も家事もこなし田中絹代の女中ぶりは評判になる。



昔在籍の芸者なみ江の叔父が売春を強要されたと恐喝。

警察沙汰になり、示談となる。

示談金は、山田五十鈴の元旦那からの手切れ金だった。

山田五十鈴が姉さんと慕うお浜が、山田五十鈴に、多額の金を貸していた。

他の債権者も山田五十鈴に旦那を世話して借金整理したい。

山田五十鈴も覚悟を決めて元旦那の世話になるつもりだったが、

手切れ金となってしまったのだ。

いよいと借金返済の道は閉ざされて、

山田五十鈴の家は大手置屋のお浜が買い取った。

お浜から家を借りて置屋を続けることになる。

芸者2人はピンハネでもめて、他の置屋に行く。

家に残るのは山田五十鈴、高峰秀子と妹・米子と米子の娘。

新規まきなおしと新たな芸者を仕込む山田五十鈴。

イサカイの末、出て行った杉村春子が詫を入れてくる。

二階では高峰秀子が内職のミシン仕事。

女中をやめざるおえない田中絹代に、

お浜は、山田五十鈴らを追い出して、置屋を閉じて、

小料理屋を出したい、そこをやってもらえないかと言う。

田中絹代は断る。

もう他にもあてがあり、置屋閉鎖は決まっているようだ。

そんなことも知らない山田五十鈴ら。

郷里へ戻ろうと決心した田中絹代は、

山田五十鈴と杉村春子の三味線で踊る仕込み子たちの姿をいつ迄も眺めていた。

THE END
line

孤独な嘘~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。


弁護士のジェームズは、妻アンと郊外の家で暮らしている。

家政婦の夫がひき逃げ事故に遭って亡くなる。

車の引っかき傷から轢いた犯人が近所の名家の息子ビルであると気付いたジェームズは、

真実を警察に告げようとするが、

妻アンはビルの車を運転して事故を起こしたのが自分であること、

そしてビルと不倫関係にあることを告白する。

それを聞いたジェームズは自分の社会的地位を守るため、真実を隠すことにする。

一方、罪悪感に苛まれた妻アンは事故の真相を家政婦に告白するが、

家政婦は恩のある妻アンをかばって嘘の証言をする。

これにより事件は曖昧なまま収束し、妻アンはジェームズのもとに戻る。

月日が経ち、妻アンと以前と変わらぬ生活を送っていたジェームズは、

ある日、ビルが病魔に冒され、余命わずかであることを知る。

ビルに会ったジェームズは、妻アンに言わないように頼まれるが、

ビルの深刻な状況に隠すことができず、妻アンに話してしまう。

そしてビルの世話をするために家を出て行く妻アンをジェームズは見送る。

そんな妻アンを深く愛していることにジェームズは改めて気付く。

妻アンの献身的な世話も空しくビルが亡くなる。

ビルの葬儀で妻アンと再会したジェームズは彼女を近くの駅まで送る。

THE END
line

マダム・メドラー おせっかいは幸せの始まり~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

この程度で、映画にするとは

日本未公開は納得です。

長年連れ添った最愛の夫を亡くしたスーザン・サランドン。

住み慣れたニューヨークを離れ、娘のロリが住むロサンゼルスに引っ越してきた。

ロスで別々の住まいに暮らす。

娘は脚本家で多忙、娘と話せる生活を期待したが拒否される。

それで遺産があって働かなくていいのに、

ベイビーシッター、介護施設で働く。

そのうちに独身の同じ年齢の男性と親しくなる。

THE END
line

オオカミ少女と黒王子~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

二階堂ふみは、彼氏持ちのグループに入ってしまい、彼がいると嘘をついてしまう。

写真を見せろと言われて町で見かけたイケメンを撮影して見せると、

それは同じ高校の山崎賢人だった。

山崎賢人は「フリをする代わりに俺の犬になれ」と二階堂ふみに言う。

言われたように三回まわってワンと言う。

「これで、暇つぶしができた」

学校一のイケメンに、グループは疑問を持つが、山崎賢人に、弁護してもらう。

山崎賢人は彼女がいないので、二階堂ふみと、一緒に下校したりする。

両親が別居で、一人暮らしの山崎賢人だった。

二階堂ふみに声をかけてきたクラスメートの男性とデート

男性から申し込まれて、偽の彼氏だと正直に話すと。

山崎賢人の彼女じゃなければと、男性は申し込みをやめる。

しかしこれはフェイクで、山崎賢人に仕込まれたものだった。

「おまえは、だまされやすいんだな」



二階堂ふみは、だんだんに山崎賢人を好きになり告白するが、山崎賢人は相手にしない。

「それは勘違いだよ」

「オニ!」

しかしあきらめないで、訴えると。

山崎賢人はフェイクで、好きだと言って喜ばせるが。

嘘と知って傷つく二階堂ふみ。

二階堂ふみは女子グループから疎外されるのを承知で真実を告白。

それ以来、二階堂ふみは彼に近づかない。



その隙に、彼女を慕う男子生徒がたずねる。

「どこが好きなんですか?」

「自分でもわからないの。あんなにひどいことをされて。でも好きだったんだね」



山崎賢人の姉は、二階堂ふみと話していて、電話する。

「あんたに ひどいことをされたって。

あんたのこと 優しいって。 本心をみぬかれているんだよ。

気持ちは、ちゃんと言葉にして伝えないと」



これまで自分を思って、してくれたことを思い出す山崎賢人。

学校でプレイボーイを自慢する男が言う。

「俺は、300名の女性のアドレスがあるんだ」

すると山崎賢人が

「その中に自分のことをよくわかってくれている女はいるか。

ちょっと前まで俺もお前と同じだったと言い、

いなくなるかも知れないと思ったら、

胸が苦しくなるような女がその中にいるか?」



山崎賢人が二階堂ふみの前に現れる。

「もうオオカミ少女をやめる」

「ご主人様に水ぶっ掛けて調子のってるんじゃない」

二階堂ふみの首にネックレスをつけた。

「首輪だ。 これで お前は 俺のもんだってしるしだから 忘れんなよ」

「わかんない、ちゃんと言ってくれないと わかんない」

「うるさい口だな」と、キスして、「好きだよ」とささやく。

二階堂ふみは嬉しくて涙を流す。

「もう一度言って」

「うるさい、帰るぞ!」と走り出す山崎賢人。

それを追いかける二階堂ふみ。

**

私は こうやって イケメンを奪取した編でした。

THE END



line

君と100回目の恋~完全あらすじ編

.

映画の最後まで完全ネタバレです。

タイムリープ作品です。

本作では、レコード盤の溝の場所が時のダイアルとなっている。

レコードの最初の方が生まれた時になる。

そのことを知った坂口健太郎はタイムリープを繰り返して

幼なじみの女性miwaを好きにさせる。

映画・恋はデジャ・ブ(1993)のように何度も何度も過去に戻って、

miwaを好きにさせる。

本作では、このことを「ずる」と言う。



さて、愛するmiwaが女性大生の時に交通事故で死ぬ。

なんとか映画・バタフライ・エフェクト(2004)のように、

交通事故死しないように坂口健太郎は過去に戻って回避しようとするが、

どうしても回避できない。

ここはテレビドラマ・プロポーズ大作戦 (2007)と同じ。

とうとう自分がかばって死ぬパターンを行う。

しかしmiwaだけが、死んでいるだけ。

(勝手な推理だが、このレコード盤に傷とかあって欠陥があるのだろう) 



それでも何度も過去に戻って回避を模索する中

ある日miwaが、そのレコードを利用して過去に戻る。

それからmiwaは、坂口健太郎の時かけ行動を知る。

何度も繰り返し、坂口健太郎が摩耗して行くよりも、

今あるこの時を大事にすべきだと理解する坂口健太郎。

これで最後と決めて、miwaが死ぬまでに、自分の最大のおもてなしや優しさを注ぐ。


「ありがとう。100回目は絶好の誕生日ね」と答えるmiwa。

何度も自分を生かすために努力をしてくれた感謝。



シーンは、miwaの葬儀の後

miwaのメッセージを録音したレコードが流れる。

「あなたのレコードの針を先に進めてください。

あなたへの100回目の誕生日プレゼントです」

それを聞きながら、涙を流す坂口健太郎。

**

時を巻き戻せるレコード

でも 2人が同じ時点に戻れるのだろうか?

戻れることを知った彼女と それを知らない彼女の過去

どちらに戻れる?

THE END
line

迷い婚~完全あらすじ編

.

★ネタバレのつぶやき

キャリアウーマンのアニストンは恋人からプロポーズされたものの、

結婚へのためらいがある。

マリッジブルー

そんな時、自分はかつて結婚を前にして数日間家出した母親が

父とは別の男性との間にできた子供かもしれないという噂を聞き、真相探しの旅に出る。

自分の母と祖母があの映画「卒業」のロビンソン家のモデルだった。

親子どんぶり

つまり母と娘が同じ男ダスティンホフマンとセックスをしたのだ。

娘がアニストンの母だが、ダスティンホフマンとは別れて、今の父がいるのだ。

果たして本当の父はダスティンホフマンか確かめることに。

やっとみつけて尋ねると、ダスティンホフマンは種無しだった。

映画のラストで、アニストンの婚約者が、

ひとつだけ挙げた結婚の条件が笑えます。

俺の娘をダスティンホフマンには会わせるな」

4代も続くわけないですよね

THE END
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
147位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line