理想の女~名劇作家オスカー・ワイルド、ラブコメミステリーの傑作

.

理想の女(2005)A


★数行で映画紹介しなければ

オスカー・ワイルドの戯曲『ウィンダミア卿夫人の扇』が原作

1930年、南イタリアの高級リゾート地アマルフィが舞台

メグ(スカーレット・ヨハンソン)とロバート(マーク・アンバース)夫妻。

ある日、ロバートは、女ジゴロ・ミセス・アーリン(ヘレン・ハント)と出会う。

★ショウトしょうとSHORT

オスカー・ワイルドの戯曲です、すばらしい。

ストーリー重視で、映画を評価していますのでAです。

セリフも、ハイライトも、最後のオチも、パーフェクトです。

本作は
「理想の結婚」などと

オスカー・ワイルド四大喜劇と言われている。


完全ネタバレ編


========

★基本情報

原題 A Good Woman

監督マイク・バーカー

脚本ハワード・ハイメルスタイン

原作
オスカー・ワイルド
『ウィンダミア卿夫人の扇』

出演者
スカーレット・ヨハンソン
ヘレン・ハント

上映時間93分

製作国イギリス

============

コメントは、こちらにメールください
77hikoboshi@gmail.com


エッセイ「恋愛映画を話そうよ」Amazonで出版


過去3年、600本からマイベストです。


リで、はじまる恋愛映画(洋画編)


俳優別映画一覧


恋愛映画1600本~アイウ順索引


村上サガンの出版物



スポンサーサイト
line

小さな恋のものがたり~11歳の頃の、恋のめざめ

.

小さな恋のものがたり(2005)A


★数行で映画紹介しなければ

離婚寸前の両親を持ち何をやっても冴えない少年が、

ひょんなことから再会した幼馴染みの少女に生まれて初めて淡い恋を抱く

★ショウトしょうとSHORT

演出がスマート。いいですね。

10歳の頃の恋って、誰でも同じように、思い、悩むんですね。

男子側ですが、あまりに共感できて、思わずうなずいてしまいました。

僕と同じというか、あの年代の男子は同じことを考えるんですね。


完全ネタバレ編


========

★基本情報

原題 LITTLE MANHATTAN
監督 マーク・レヴィン
脚本 ジェニファー・フラケット
出演
ジョシュ・ハッチャーソン
チャーリー・レイ
ブラッドリー・ウィットフォード
シンシア・ニクソン

上映時間 91分

製作国 アメリカ合衆国

============
コメントは以下にメールください。
77hikoboshi@gmail.com


エッセイ「恋愛映画を話そうよ」Amazonで出版


過去3年、600本からマイベストです。


チで、はじまる恋愛映画(洋画編)


俳優別映画一覧


恋愛映画1600本~アイウ順索引


村上サガンの出版物





line

外国恋愛映画A評価(鑑賞1600本から)


.

恋愛映画鑑賞本数1600本をこえましたので


外国恋愛映画A評価


その国の公開最新年順

A評価とは

泣ける、思わずデキに拍手、ツボに、はまった映画です。

====

マッキー(2013) インド
Black&White/ブラック&ホワイト(2012) 米国
憧れのウェディング・ベル(2012) 米国
幸せのジンクス(2011) 米国
運命の元カレ(2011) 米国
アーティスト(2011) フランス
屋根裏部屋のマリアたち(2010) フランス
マーラー 君に捧げるアダージョ(2010) ドイツ
ブルーバレンタイン(2010) 米国
キッズ・オールライト(2010) 米国
わすれた恋のはじめかた (2009) 米国
抱擁のかけら(2009) スペイン
ブライダル・ウォーズ(2009) 米国
恋するベーカリー (2009) 米国
ラブ・ダイアリーズ(2008) 米国
セックス・アンド・ザ・シティ(2008) 米国
ラースと、その彼女(2007) 米国
ラッキーガール(2007) 米国
ラブソングができるまで(2007) 米国
モリエール 恋こそ喜劇(2007) フランス
JUNO/ジュノ(2007) 米国
ウェイトレス おいしい人生のつくりかた(2007) 米国
いとしい人 (2007) 米国
モーツァルトとクジラ(2006) 米国
ホリデイ(2006) 米国
ハニーVS.ダーリン 2年目の駆け引き(2006) 米国
プライドと偏見(2005) 英国
パーフェクト・マン  ウソからはじまる運命の恋(2005) 米国
最期の恋に勝つルール(2005) 米国
エリザベスタウン(2005) 米国
モディリアーニ 真実の愛(2004) 米国
ミーンガールズ(2004) 米国
13 LOVE 30 (2004) 米国
サイドウェイ(2004) 米国
50回目のファーストキス(2004) 米国
五線譜のラブレター DE-LOVELY(2004) 米国、英国
君に読む物語(2004) 米国
エターナル・サンシャイン(2004) 米国
トスカーナの休日(2003) 米国
ディボース・ショウ(2003) 米国
フリーダ(2002) 米国
さよなら、さよならハリウッド(2002) 米国
過去のない男(2002) フィンランド
ウォーク・トゥ・リメンバー(2002) 米国
猟奇的な彼女(2001) 韓国
ブリジット・ジョーンズの日記(2001) 英国
ハートブレイカー(2001) 米国
ニューヨークの恋人(2001) 米国
セレンディビティ(2001) 米国
キューティ・ブロンド(2001) 米国
愛しのローズマリー(2001) 米国
愛しのローズマリー(2001) 米国
ムッシュ・カステラの恋(2000) フランス
マレーナ(2000) イタリア
ベティ・サイズモア(2000) 米国
ハイ・フィデリティ(2000) 米国
天使のくれた時間(2000) 米国
kissingジェシカ(2000) 米国
エリン・ブロコビッチ(2000) 米国
理想の結婚(1999) イギリス
ノッティングヒルの恋人(1999) 英国、米国
ストーリーオブラブ(1999) 米国
恋するための3つのルール(1999) 米国
ことの終わり(1999) 英国
ギター弾きの恋(1999) 米国
オールアバウトマイマザー(1999) スペイン
メリーに首ったけ(1998) 米国
待ちきれなくて…(1998) 米国
パッチ・アダムス(1998) 米国
恋におちたシェークスピア(1998) 米国、英国
シーズ・ソー・ラヴリー(1997) 米国、フランス
恋におぼれて(1997) 米国
奇跡の海(1996) デンマーク
リービング・ラスベガス(1995) 米国
マディソン郡の橋(1995) 米国
Emma エマ(1995) 英国
フォレスト・ガンプ一期一会(1994) 米国
めぐり逢えたら(1993) 米国
ミセス・ダウト(1993) 米国
日の名残り(1993) 英国
恋はデジャ・ブ(1993) 米国
マイガール(1991) 米国
美女と野獣(1991) 米国
あなたに恋のリフレイン(1991) 米国
プリティ・ウーマン(1990) 米国
ゴースト/ニューヨークの幻(1990) 米国
髪結いの亭主(1990) フランス
仕立て屋の恋(1989) フランス
トーチソング・トリロジー(1988) 米国
偶然の旅行者(1988) 米国
君がいた夏(1988) 米国
バグダットカフェ(1987) ドイツ
危険な情事(1987) 米国
愛と宿命の泉 第二部 泉のマノン (1986) フランス
殺したいほど愛されて(1984) 米国
ある日どこかで(1980) 米国
リトル・ロマンス(1979) 米国
ドラキュラ都へ行く(1979) 米国
アニーホール(1977) 米国
離愁(1973) フランス
追憶(1973) 米国
男と女の詩(1973) フランス
私のように美しい娘(1972) フランス
ひまわり(1970) イタリア
ある愛の詩(1970) 米国
暗くなるまでこの恋を(1969) フランス
パリのめぐり逢い(1967) フランス
男と女(1966) フランス
恋するガリア(1965) フランス
マイ・フェア・レディ(1964) 米国
シェルブールの雨傘(1963) フランス
鬼火(1963) フランス
草原の輝き(1961) 米国
さよならをもう一度(1961) フランス、米国
ウェストサイド物語(1961) 米国
噂の二人(1961) 米国
バターフィールド8(1960) 米国
アパートの鍵貸します(1960) 米国
渚にて(1959) 米国
お熱いのがお好き(1959) 米国
悲しみよこんにちは (1958) 米国
めぐり逢い(1957) 米国
昼下がりの情事(1957) 米国
パリの恋人(1957) 米国
情婦 (1957) 米国
カビリアの夜(1957) イタリア
菩提樹(1956) ドイツ
愛情物語(1956) 米国
ピクニック(1955) 米国
道(1954) イタリア
裸足の伯爵夫人(1954) 米国
喝采(1954) 米国
ローマの休日(1953) 米国
月蒼くして(1953) 米国
女相続人(1949) 米国
ジェニーの肖像(1948) 米国
天井桟敷の人々(1945) フランス
心の旅路(1942) 米国
カサブランカ(1942) 米国
レディ・イヴ(1941) 米国
市民ケーン(1941) 米国
邂逅(めぐりあいと読む)(1939) 米国
歴史は夜作られる(1937) 米国
望郷(1937) フランス
舞踏会の手帖(1937) フランス
街の灯(1931) 米国

=======


作品のショウト感想をみる


=======
line

男と女~フランスの代表的な恋愛映画

.
男と女(1966)   A

フランスの代表的な恋愛映画

未見の方は、よく引用される映画ですので

おさえてください。

「男と女」が公開された当時、

日本では「ダバダバダ」のフランス恋愛映画と言われた。

バツイチ同士の男と女がめぐりあう。


フランシスレイの音楽が絶妙にからんでいる


斬新なカットと撮影は見事です。

セリフがほとんどない。

恋愛映画に雨のシーンはあってますね。

★当時ナンバーワンの男優

ジャン・ルイ・トランティニャン

一番好きな男優

フランスではアランドロン、ジャンポールベルモンドーより人気があり、

当時ナンバーワン男優に選ばれた。

存在感がないのが魅力? 

不思議な男優です。

★女優はアヌーク・エーメ

磁石のような強烈な、ウーマンの魅力

こんな魅力のある女優は稀ですね。

ザ・恋愛映画の女優ですね。

anukueme.jpg


★好きなセリフ

「ねえ! ステーキしか注文しないの?」

「じゃ! 何か 追加注文するか」

「ウェイター! それと!部屋をひとつ」


フランス映画で最強コンビと言われた。
監督クロード・ルルーシュ
音楽フランシス・レイ

ラストは「冷静と情熱のあいだ」の元ネタですね。

line

理想の結婚~オスカー・ワイルド四大喜劇

.

「完全でない人間ほど愛が必要なんだ」


理想の結婚(1999)A


★数行で映画紹介しようよ

舞台はイギリス

オスカー・ワイルド四大喜劇

格調高いラブコメ。

一組の夫婦に訪れた危機、嘘の行方


★ショウトしょうとSHORT

ストーリー重視で、映画をみています。

さすがオスカー・ワイルド、よくできています。



ネタバレ編



========

★基本情報

原題 An Ideal Husband

監督脚本 オリヴァー・パーカー

原作 オスカー・ワイルド

   『理想の夫』


出演
ケイト・ブランシェット
ジュリアン・ムーア
ルパート・エヴェレット
ミニー・ドライヴァー

上映時間 97分

製作国 イギリス アメリカ


============

過去3年、600本からマイベストです。


リで、はじまる恋愛映画(洋画編)


俳優別映画一覧


恋愛映画1500本~アイウ順索引


村上サガンの出版物

line

追憶~ロバート・レッドフォード、全米6位の恋愛映画

.


女性に圧倒的な人気のある恋愛映画で、未見の方はトライしてください。

「違いすぎる二人は、惹かれあっても、長くは、いっしょにいられない」


アメリカ恋愛映画ベスト100の6位


追憶(1973)A


★数行で映画紹介しようよ

20年間にわたる男と女の、出会いから別れまで

★ショウトしょうとSHORT

1.感動するし、人気があるのは、

美人じゃない女優が、
有数の美男レッドフォードと恋愛するからだろうか?

社会人になって再会するシーンでのレッドフォードの顔は、いいですね。
レッドフォードの、一番旬な時期の顔

2.人気の原因は、話しがリアルすぎること。

脚本を書いたアーサー・ローレンツが、
大学時代に体験した学生運動を元にストーリーを練り上げたと言われる。



3.音楽が忘れられない

アカデミー主題歌賞(「追憶」)



★五つの名シーンがある映画は傑作となる。

デビットリーン監督が言ったそうですが

本作で、ぼくが好きなシーンは

彼女の歌「メモリ~」が始まる最初

軍服の彼との再会

ラストシーン ~娘に会わないという彼

酔った彼との変な結ばれ方~私とわかっていないのね

学校卒業でのダンスシーン

★ラストも、いいですね。

別れた後は優しくあるべき

連想映画

「シェルプールの雨傘


「草原の輝き」



★制作裏話

1.納得できる別れた理由はカットされた。

バーブラがクレームしているが、自分もそうでした。
映画を観ただけでは別れる理由が納得できない。
カットシーンで、そのことがわかりました。
赤狩りの影響で妻と離婚しないと解雇の通告があったんですね。

2.最後までレッドフォードは出演を拒否

主人公のキャラが好きになれないと言う理由d
監督は何度も出演を懇願したそうで。
駄目な場合はライアンオニール。


========

★基本情報

原題 The Way We Were

監督 シドニー・ポラック
脚本 アーサー・ローレンツ

出演者
バーブラ・ストライサンド
ロバート・レッドフォード
 

上映時間 118分

製作国 アメリカ合衆国

============

ツで、はじまる恋愛映画(洋画編)

line

ある愛の詩~70年代恋愛映画の人気第1位

love-story.jpg
,

全米1970年興行収入ランキング1位、日本でも人気に。


ラブストーリー100の9位


ある愛の詩(1970)A


★数行で映画紹介しようよ

苦学の音大女性と、

ハーバード大学(日本の東大?)の富豪の御曹司が学生結婚。

「25歳で死んだ若い女性の事をどう言ったらいいのだろう?

彼女が愛したもの、それはモーツァルトとバッハ、ビートルズ 、そして僕・・・」


★ショウトしょうとSHORT

「シンプルかつ格調的」と言われているベタな作品ですが

なんといっても映画音楽がこれほど効果をあげたものもないでしょう。



多感な時期、リアルタイムに観た映画なので、Aです。

再見しましたが、同じ経験をしていますので、号泣しました。

「苦痛はないわ。静かに崖を落ちるみたい」

「うん」

「落ちたことも、ないくせに」

「落ちたさ、君に出会ったとき」

~~

「私から音楽をパリを、奪ったと思わないで。
 自分を責めないで、誰の責任でもないわ、
 あなたに罪はない。それだけよ。元気よく生きてね」


★なぜ、アリ・マッグローが主演?

美人とも思えない普通の女性ですが、

彼女が原作を売り込みにきて、企画者と恋に落ちて

二人でセリフを磨いていく、あの名セリフは彼女の発案だそうで。


詳細は~ゴッドファザーの裏に、「ある愛の詩」


★あの名セリフは二回

「愛とは決して後悔しないこと」
(Love means never having to say you're sorry)


字幕者高瀬氏の名訳意訳だが


1.映画では最初に彼女が鍵がなくて、家の前で凍えていると、
彼が来て「ごめん」と言う、その返事。

2.ラストに父親が病院にかけつけて「すまない」と言う、その返事。

========

★基本情報

原題  Love Story

監督 アーサー・ヒラー
脚本 エリック・シーガル
原作 エリック・シーガル
音楽 フランシス・レイ

出演者
アリ・マッグロー

上映時間 99分

製作国 アメリカ合衆国

============

アで、はじまる恋愛映画(洋画編)




line

プライドと偏見~200年も読まれている恋愛小説の元祖

.

夏目漱石も認める、これが最初の小説

英米人の「源氏物語」



プライドと偏見(2005)A


★数行で映画紹介しようよ

舞台は18世紀末の英国

5人姉妹の恋愛模様


★ショウトしょうとSHORT


今日の恋愛映画の原型を作った偉大なる作家
ジェイン・オースティン


映画「ユー・ガット・メール」で

メグライアンが言います。

「私は、プライドと偏見を200回は読んでるの」

ジェイン・オースティンの代表作「高慢と偏見」。

タイトルが「自負と偏見」や「プライドと偏見」と、

訳が様々で混乱しますね。


「ブリジット・ジョーンズの日記」

原作者ヘレン・フィールディングは
オースティンの本作を元ネタにして
書いたと告白している。

玉の輿に乗りたいけど、愛情も大事揺れ動く女性心、思い違いなど。


川口喬一「イギリス小説入門」によれば

「小説を、今のような小説にしたのは、オースティンである」と言っている。

平凡な日常生活や平凡な人間の交際をそのままに描いた最初のパイオニア。


夏目漱石は「文学論」で、彼女の写実を賞賛している。


==

人を最初の印象だけで判断してしまう偏見。
思い込みはこわい、真実がみえなくなるから。

偏見を高めるのはプライド。
本当に自分を愛している男は誰なのか
勘違い、思い違い。

自分のつまらないプライドを、ちょっと傷つけられただけで嫌いになった男。

それが偏見だったと気づく。

男の方も最初に彼女を傷つけたのはプライドだったことに気づく、

最後の展開は劇的ですね。

本作から印象に残る部分をふたつ。

1.結婚生活の幸福なんて、まったくの運次第だわ。

どんなにお互い知り合っていたところで、

どれだけ結婚前に気が合っていたところで、

幸福が増すわけじゃない。

たいていの場合が、結婚した後に、

どんどん性格ちがいの人間になっていって、

気まずい思いばかりしている。

そう思えば、 むしろ一生いっしょに暮らそうという人の欠点など、

できるだけ知らないでいるほうがいいのよ。

2.ほんのちょっと惚れたような恋にかぎって、

ラブソングを歌ってしまえば

恋心のほうは、完全に発散してしまうようなものですよ。



ネタバレ編



★仕入れた情報

原作はこれまで何度も映像化されている

ジェーン・オースティンの小説『高慢と偏見』(Pride and Prejudice)。

この作品は『高慢と偏見』『自負と偏見』等の訳題で親しまれてきたが、

「プライドと偏見」という題名が付けられたのはこの映画が初である。

========

★基本情報

原題 Pride & Prejudice

監督 ジョー・ライト

脚本 デボラ・モガー

原作 ジェーン・オースティン

出演者
キーラ・ナイトレイ
マシュー・マクファディン

上映時間 127分

製作国 イギリス


============

フで、はじまる恋愛映画(洋画編)


俳優別映画一覧


恋愛映画めざせ2000本~アイウ順索引


村上サガンのプロフィール


line

幸せのジンクス~全米ベストセラー小説のラブコメ、友人か、友人のカレをとるか

.

幸せのジンクス(2011)A


★数行で映画紹介しようよ

親友の婚約者と深い仲に、恋と友情の間で揺れる主人公


★ショウトしょうとSHORT

さすが、全米ベストセラーの恋愛小説

骨太、リアルな本格的恋愛作品

意外な展開と本作で完結しない前編で終わります。


★優柔不断男にふりまわされる

主人公に、ずっと片思いで、告白しなかった男。

主人公から友人を紹介され、婚約にいたる。

結婚直前になって、

男は「ずっと好きだった」と、主人公に告白する。

主人公は驚く、実は男のことが好きだったのだ。

そして危険な三角関係になっていく。

★友人、友人のカレ、どちらをとるか?

主人公は葛藤する。

こんな時はスペインのノーベル賞作家の
「コレラの時代の愛」ように

何もしないで、ずっと待つことかもしれませんね。

つまり、二人を結婚させて、その後離婚すれば

正々堂々と交際できる。

「コレラの時代の愛」の男は、52年も待った。

========

★基本情報

原題 Something Borrowed

監督 ルーク・グリーンフィールド
脚本 ジェニー・スナイダー・アーマン
原作 エミリー・ギフィン

出演者
ジニファー・グッドウィン
ケイト・ハドソン
 

上映時間 113分

製作国 アメリカ合衆国

============

シで、はじまる恋愛映画(洋画編)

line

アーティスト~ア賞作品賞は納得のハッピーエンドラブストーリー

最後は拍手喝采、傑作ですね。

謙虚さを失った男が哀れ。

アーティスト(2011)A

★数行で映画紹介しようよ

1920年代、

映画がサイレントからトーキーへと移行する時期のハリウッドを舞台に、

サイレントの大スターとトーキーの新進女優の恋物語を

情感豊かに描くモノクロサイレント映画

★ショウトしょうとSHORT

1.文句なしのア賞作品賞、おそらく「スラムドッグ$ミリオネア」以来。

2.フランス人監督とフランス人による主演で、

しかもモノクロのサイレント(無声映画)で

アメリカ人、アメリカ映画をえがく。

3.最後にひと言話す以外は完全無声で、

逆に新鮮で、映像だけに集中できる。

4.北野監督の傑作無声映画
「あの夏、いちばん静かな海。」

「座頭市」のタップダンスを連想した。

5.主演男優賞の主人公、勝手にウォルトディズニー氏に似ていると思いました。

圧巻の存在感で、役者のオーラが全開でした。

犬もア賞演技賞をあげたいですね。

★アカデミー賞

フランス映画で初。

第84回アカデミー賞の作品賞、主演男優賞、監督賞など5部門を受賞

========

★基本情報

原題 The Artist

監督 脚本 ミシェル・アザナヴィシウス

出演者

ジャン・デュジャルダン

ベレニス・ベジョ

上映時間 100分
製作国 フランス
言語 サイレント
英語(中間字幕)

============

アで、はじまる恋愛映画(洋画編)
line

屋根裏部屋のマリアたち~ブルジョア男がメイドに溺れていく恋愛模様

.

お別れのSをして消えたメイド

屋根裏部屋のマリアたち(2010)A


★数行で映画紹介しようよ

妻より圧倒的に魅力のあるメイドが来て

心変わりしてゆく夫

★ショウトしょうとSHORT

これほど感情移入できた作品もなく、
自分も主人公になってメイドとの恋を体験したかのようです。

セザール賞(フランスのア賞)
6回ノミネートの名役者ファブリス・ルキーニ
の、いつもの安定した演技。

ブルジョア男が庶民生活を体験して、その良さに気づく。

メイドは、「ノルウェイの森」のように、
初めてのSをお別れのSと思っていたのに。


========

★基本情報

原題 es Femmes du 6eme etage

監督 フィリップ・ル・ゲイ

脚本
フィリップ・ル・ゲイ
ジェローム・トネール

出演者
ファブリス・ルキーニ
サンドリーヌ・キベルラン 

上映時間 109分

製作国 フランス

============

ヤで、はじまる恋愛映画(洋画編)

line

ひまわり~イタリア映画、戦争で引き裂かれる夫婦

ひまわり
.
公開された当時、観た人の、ほとんどが泣いた。


ひまわり(1970)A


★数行で映画紹介しようよ

第二次世界大戦終結後のイタリア。

出征して行方不明の夫の消息を求めて、

役所をまわり、とうとうロシアへ。、


★ショウトしょうとSHORT


1.淀川長治さん「お涙ちょうだい映画」ベスト3

2.戦争が終わり、女は待ち続けた、男の帰りを。

3・巨匠デ・シーカ監督の不朽の恋愛映画

4.マルチェロ・マストロヤンニとソフィア・ローレン

イタリア映画のゴールデンコンビです。

5.
ヘンリー・マンシーニの主題曲が哀愁をさそいます




ネタバレ編



========

★基本情報

原題 I Girasoli

監督 ヴィットリオ・デ・シーカ

脚本
チェーザレ・ザヴァッティーニ
アントニオ・グエラ
ゲオルギ・ムディバニ

出演者
マルチェロ・マストロヤンニ
ソフィア・ローレン
リュドミラ・サベーリエワ
上映時間 101分

製作国
イタリア
フランス
ソビエト連邦(ロシア)

============

ヒで、はじまる恋愛映画(洋画編)



俳優別映画一覧



恋愛映画めざせ2000本~アイウ順索引



by 村上サガン


line

リトル・ロマンス~ダイアン・レイン、少年少女の駆け落ち

.

リトル・ロマンス(1979)A


★数行で映画紹介しようよ

舞台はパリそしてベニス

ベニスでの「サンセットキス」の伝説を信じて

男女(中1、小6?)が駆け落ちする。

★ショウトしょうとSHORT

ストーリーが最高です。

原作もいいのでしょうか。
脚本、演出も最高です。

演技で爵位をもらった
20世紀の名優ローレンス・オリヴィエ
が泣かせます。

ダイアン・レイン(12歳の頃)のデビュー作

映画で登場する作品は
「明日に向って撃て!」「スティング」など
監督の自作で、自画自賛はちょっと。
でも傑作です。


ネタバレ編



========

★基本情報

原題 A LITTLE ROMANCE

監督 ジョージ・ロイ・ヒル
脚本 アラン・バーンズ
原作 パトリック・コーヴァン
出演
ローレンス・オリヴィエ
アーサー・ヒル
ダイアン・レイン

上映時間 109分

製作国 アメリカ合衆国

============

リで、はじまる恋愛映画(洋画編)



恋愛映画めざせ2000本~アイウ順索引



by 村上サガン


line

恋するガリア~「男と女」に匹敵するフランス映画秀作

ミレーユ・ダルク
.

恋するガリア(1965)A


★数行で映画紹介しようよ

自殺未遂を起こした中年女性を助けたことから

彼女の夫に恋してゆくガリア

サスペンスタッチ

★ショウトしょうとSHORT

「男と女」に匹敵するフランス恋愛映画だと思います。

ミレイユ・ダルクの可愛さに、ため息をつき、

音楽がたまらない。バッハの「ダバタダバダー」スキャット。


演出もお洒落、脚本もスマート。



ネタバレ編



========

★基本情報

原題 GALIA

監督: ジョルジュ・ロートネル

脚本:
ベア・カッチャ
ジョルジュ・ロートネル

出演:
ミレーユ・ダルク
フランソワーズ・プレヴォー
ヴェナンチーノ・ヴェナンチーニ

上映時間 104分
製作国 フランス


============

コで、はじまる恋愛映画(洋画編)



恋愛映画めざせ2000本~アイウ順索引



by 村上サガン


line

天井桟敷の人々~フランス映画史上ベストワン

天井桟敷の人々2

天井桟敷の人々(1945)A

フランス人にとって永遠なる映画は、なんだと思いますか?

アメリカでは「カサブランカ」でしょう。

フランス映画史上ベストワンは

本作「天井桟敷の人々」です。

ラストがとても印象深いです。

二度と忘れません。



★数行で映画紹介しようよ

19世紀のパリで繰り広げる1人の女性に関わる4人の男の恋愛模様

パリの演劇界の様子を中心に、当時のパリの世相を見事に描写。


★ショウトしょうとSHORT


久々に再見しました。

ひと言で言うと「すれ違いの恋」

ラストシーンは1位だと言う人が多いでしょう。


1.映画のセリフが、キザですがセリフ自体が詩になっています。

あの恋愛セリフの洪水と言われた「カサブランカ」に

匹敵する名セリフばかり。

2.フランス人がアンケートすれば永遠の映画で1位。

キネマ旬報のオールタイムベストでも1位。


ネタバレ編

===========


「恋なんて簡単よ」と主張する女性ガランス

フランス人特有のSと恋は別もので、

ガランスはパチストを好きですが、俳優フレデリックと同棲するし、

モントレー伯爵にも囲われる。


★名セリフ

1.「愛し合っている同士にはパリも狭いわ」

このセリフは「ロシュフォールの恋人たち」でも使われている。

ナンパする俳優フレデリック

「いつまた会える? この通りに置き去りかい?」

ガランス「いつか会えるわ。偶然にね」

フレデリック「パリは広いんだよ」

ガランス「愛し合っている同士にはパリも狭いわ」


2.「恋なんて簡単よ」


ガランス「あなたは子供みたいね。愛なんて本や夢の中だけよ」

バティスト「夢も現実も同じだ。でなきゃ、生き甲斐がない」

ガランス「恋なんて簡単よ」

以下のような意味だろう?
恋は簡単にできるが、その後は難しいもの。


3.モントレー伯爵の求愛

ガランスの元に豪華な花が届けられる。

「何? この花、誰か死んだの?」

モントレー「そうです。死んだのです。
 あなたのためにと、思い上がっていた男が・・」

「まあ コワイ」

「別の男が生まれました。あなたのために命を捧げる別の男です」


4.古くなったオルゴール

今は悲しくもなく楽しくもないわ。

古くなったオルゴールよね。

曲は同じでも音色が変ったわ。


★製作裏話

マルセル・カルネ 監督がドイツ軍占領下の圧迫に耐え、

3年3ヶ月かけて完成させた映画。

★受賞

1946年、ヴェネツィア国際映画祭で特別賞を受賞。

1979年、セザール賞特別名誉賞とフランス映画史上ベストワンに選ばれる。

1980年、キネマ旬報日本公開映画外国映画史上ベストワンに選ばれた。



★基本情報

原題 Les enfants du Paradis

監督 マルセル・カルネ

脚本 ジャック・プレヴェール


出演者
アルレッティ 「ミモザ館」

ジャン=ルイ・バロー

音楽
モーリス・ティリエ
ジョセフ・コズマ
撮影
ロジェ・ユベール
マルク・フォサール

上映時間 190分

第1部「犯罪大通り」、第2部「白い男」と、2部作構成となっている

製作国 フランス

========




★登場人物記憶メモ

バチスト・ドビュロー/
ジャン=ルイ・バロー:主人公。パントマイム芸人でガランスに思いを寄せる。

ガランス(クレール・レーネ)/
アルレッティ:落ち目の女芸人。バチストに誘われ、無言劇団「フュナンビュール座」へ。
 後にモントレー伯爵と結婚。

フレデリック・ルメートル/
ピエール・ブラッスール:女たらしの俳優。無言劇団「フュナンビュール座」に入団する。後に他の劇団に移籍する。

ピエール・ラスネール/
マルセル・エラン:表では代筆業を営み、裏では強盗・殺人を繰り返す男。

ナタリー/
マリア・カザレス:
無言劇団「フュナンビュール座」の女優、座長の娘。バチストを愛している。ガランスに嫉妬の感情を抱く。

モントレー伯爵/
ルイ・サルー:無言劇団「フュナンビュール座」の公演でガランスに心奪われる。かなりのお金持ち。







============

テで、はじまる恋愛映画(洋画編)




恋愛映画めざせ2000本~タイトル、アイウ順索引



by 村上サガン

line

ある日どこかで~世界的ファンクラブがある恋愛映画



映画「ある日どこかで」(1980)

たまらなく涙が出てくる恋愛映画です。

この映画こそ、熱狂ファンがいて、口コミで広がった映画。

宣伝予算もなく、陳腐なメロドラマ、恋愛映画を駄目にしたと

酷評され、上映は二週間もしないで打ち切られた。

そんな作品が10年後によみがえる。

この作品を好きな一個人が

(「ある日どこかで」熱狂的ファンの国際ネットワーク)
を作って、ファンが増えていった。

私もファンの一人です。

★感動のイントロ

映画「ミスポター」以来です。

始まって数分でホロリです。

老女が「帰ってきてね」と言う。

ぐっときますね。

老女はホテルに戻ってラプソディーを聞く。

もうポロポロです。

映画で泣かせるには老女が登場すればいい。

子役も泣かせるけど。

==

★シンプルなセリフ

本作はウナルような台詞がない。

それでも感動させる。

シンプルな台詞だが強い印象を与えた。

「帰ってきてね」

「あなたなのね」

★ジョンバリーの映画音楽がいいですね。

 YouTube

===

★基本情報

ある日どこかで
Somewhere in Time
監督 ヤノット・シュワルツ
脚本 リチャード・マシスン
出演者
クリストファー・リーヴ
ジェーン・シーモア
音楽 ジョン・バリー

==


★口コミでひろがった経緯

前述のように、2週間もしないで上映が打ち切られた。

関係者はほとんど、涙したという。

それだけ、この作品への思い入れのあるものが集まっていたのだ。

この映画の不思議な魅力。

感動がだんだんに広がる。
そんな映画だろう。

上映打ち切り後

ロスアンジェルスのケーブルテレビ担当者が、この映画に感動して

テレビで放映した。それでファンがまた増えていった。

そして本作はビデオ化されるとカルト作品として一部マニアにひろまった。

映画上映から10年後にはファンクラブができ、世界的にひろがってしまった。

2010年、ファンクラブ結成30周年!!

ある日どこかでのファンクラブホームページ

==

★行ってみたくなる舞台のグランドホテル

aruhidokokade3.jpg


名前から昔から有名な映画が多いので、そのホテルと思ったが

そうではない。

あれはベルリンだ。

ミシガン州のマッキナック島にある実在のホテルで

舞台となったグランドホテルには、
この映画の記念碑が建てられている

毎年この場所でコンベンションも行われ、

現在もファンクラブによる上映会などが開催されている。

このマッキナック島はかなり制約の多い島で、

アプローチもながい。

デトロイトから時間をかけて、

アッパー・ペニンスラやマキノー(Mackinaw)から

高速フェリーに乗って行くらしい。

マキナックは車の乗り入れが禁止されているので、

島内の移動は自転車か、馬車だそうだ。

いつか行ってみたい。


その2制作裏話と、なぜ酷評されたか~「ある日どこかで」 
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
206位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line