fc2ブログ

大コメ騒動(2020)E〜越中女房一揆


大コメ騒動(2020)E〜越中女房一揆

★数行で映画紹介しなければ
1918年に起きた米騒動の発端となった富山県で起きた“越中女房一揆”

★ショウトしょうとSHORT
政府の無策
戦争で米の値段が上がればどうなるか想像できるのに。

========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
監督 本木克英
脚本 谷本佳織
原案 本木克英
製作 岩城レイ子
出演者 井上真央
三浦貴大
夏木マリ
立川志の輔
吹越満
鈴木砂羽
舞羽美海
左時枝
柴田理恵
木下ほうか
西村まさ彦
中尾暢樹
冨樫真
工藤遥
吉本実憂
内浦純一
石橋蓮司
室井滋
音楽 田中拓人
主題歌 米米CLUB『愛を米て』
撮影 南野保彦
編集 川瀬功(J.S.E.)
制作会社 エース・プロダクション
製作会社 「大コメ騒動」製作委員会
配給 ラビットハウス
公開 富山県の旗 2021年1月1日(先行公開)
日本の旗 2021年1月8日(全国公開)
上映時間 106分

★概要ネタバレ
1918年(大正7年)、富山県のとある漁村。
男たちが海に漁に出ている間、家を守るのはもっぱら女房、通称“おかか”たちの仕事でした。
この村に住む松浦いとは夫・利夫と3人の子供、利夫の母・タキと暮らしていました。

いとは利夫が漁に出ている間、
他のおかかたちと地元の米商人から託された米俵を浜辺に停泊している商船のもとまで
担いで運ぶ女仲仕の仕事をしていました。

4月。地元の海は魚が獲れない時期となり、
村の男たちは数ヶ月かけて遠い北海道や樺太の海に漁に出ていました。
利夫も長き航海に出ることになり、秋になったら帰ってくるからと、
いとに子供たちやタキを託して出航していきました。

それから3ヶ月後。
おかかのひとりである水野トキが酒屋で働く夫・源蔵と夫婦喧嘩をしていました。
騒ぎを聞いたいとは他のおかかたちと共にトキのもとへ駆けつけました。
トキと源蔵の間には嫁入りを控えていた娘がいましたが、源蔵は酒屋の女中でいとの幼馴染だったヒサに手を出してしまい、そのことがきっかけで酒屋を追い出され、ヒサを連れてトキの元に戻ってきたのです。

おかかのまとめ役である清んさのおばばは源蔵に説教し、ヒサをその場から追い出しました。

この頃から米の価格が高騰し始め、
わずかな稼ぎで何とか米を買っていたおかかたちは
村で唯一の米商人「鷲田米商店」に文句を言いに来ました。
米商店の妻である鷲田とみは自分の一存で決まったことではないと釈明しました。

当時は第一次世界大戦の真っ只中であり、日本政府はシベリアへの出兵を決定。
戦地に向かう兵士のために政府が国じゅうの米を買い占めたことに
端を発して米の価格が高騰したのです。
そのことを新聞で知ったいとは、そのことをおかかたちに説明しました。
おかかたちはおばばを筆頭に、米の船への積み込みを阻止する運動を起こし、
地元警察の署長・熊澤剛史がそれを抑えました。

おかかたちの起こした騒動は地元の新聞・富山日報で報じられました。
大阪新報社の編集長・鳥居鈴太郎はこの騒動は一大スクープだとみて、若手記者の一ノ瀬実を富山に送り込んでこの騒動を取材させることにしました。一ノ瀬は地元の学び舎・池田模範堂の女性教師・池田雪の家に滞在することにしました。池田のもとでは、いとの長男・正一郎の他にもおかかのひとり・小川サチの娘おみつも学んでいました。

米の価格高騰は留まることを知らず、おかかたちは鷲田米商店に怒鳴り込んで米価を下げるよう要求しましたが、主人は全く取り合おうとはしませんでした。一ノ瀬は早速おかかたちの取材を始めました。


おかかたちは地元の貿易会社経営者で大地主の有力者・黒岩仙太郎に掛け合って仲介に入ってもらおうと考えましたが、おかかたちの動きを読んでいた黒岩は熊澤を呼びつけ、騒動を収めるよう要請しました。

おばば率いるおかかたちは意を決して黒岩邸に乗り込み、座り込みの抗議活動を始めました。いとたちも後から合流する予定でしたが、仲間が逮捕されたためにいとたちは警察署に身柄を引き取りに行かざるをえず、その間におばばたちは熊澤によって追い払われてしまいました。
ようやく合流したいとたちはおばばたちから裏切者だと誤解を受けてしまいました。
おかかたちから孤立してしまったいとはタキから早く元気を取り戻すよう励まされました。

村ではおかかたちに対する不当な圧力が強まり、船の積み込みの仕事に転職した源蔵はトキに決して騒動に加わらないよう釘をさしました。一ノ瀬は一連の騒動を記事にまとめましたが、鳥井は読者はもっとセンセーショナルな記事を求めているとして更に取材を続けるよう命じました。

生活に困窮したいとは近所の沢辺フジに米を分けてくれるよう頼みましたが断られてしまいました。
一方、おみつは学費を捻出するため、サチや池田を伴って黒岩のもとに奉公に上がろうとしましたが、おかかを庇う趣旨の発言をしたことで黒岩に冷たくあしらわれてしまいました。結局おみつは学び舎を辞めることになり、これに嘆いた正一郎は自分の家族の窮状を池田に訴え、どうすれば人並みの暮らしが送れるのかと問いかけました。

いよいよシベリア出兵が始まりそうになり、いとはおばばに頭を下げて出兵前に手を打つべきだと訴えました。
そして8月4日午後8時、おかかたちは鷲田米商店の前に集結しましたが、主人は居留守を使って取り合いませんでした。これにしびれを切らしたいとは店の前に流れる川に石を投げて大きな音を立て、これが導火線となっておかかたちは店に雪崩込みました。

一ノ瀬は早速この騒動を記事にしましたが、鳥井は記事の一部を抜粋して話題性あるセンセーショナルな内容に勝手に書き換えました。この記事は瞬く間に全国各地に報じられ、米騒動の余波は各地に広がっていきました。一方、黒岩は熊澤に早く騒動を終わらせるよう命じ、熊澤は鷲田米商店に出向いて対策を要求しました。
とみはおかかたちの仲を裂く作戦を考えました。

トキの娘の嫁入り祝いに向かっていたおばばが突然逮捕、投獄されました。
これにおかかたちは意気消沈してしまいました。
続いてとみはいとのもとを訪れ、他のおかかたちはそれぞれ便宜を図っていると吹聴し、
いとにだけ特別に米を安く売ってやると持ちかけました。
栄養失調を起こしていたいとはとみの誘いにまんまと乗っかり、米を安く分けてもらいました。

いよいよ金に困ったサチを見かねたおみつは米を盗もうとして失敗し、サチは謝罪に出向きました。
正一郎はおみつを庇おうとしましたが、
とみはいとが自分との取り引きに応じて米を安く買ったことを暴露しました。
いとはこのことでおかかたちから仲間外れにされてしまいました。

その夜、おみつは再び米を盗もうと米蔵に忍び込み、米俵の下敷きになって圧死してしまいました。
いとは池田に悔しさを伝え、
おみつが死んだことを知った正一郎は家族に良い暮らしをさせるために

士官学校に入って軍人になることを決意しました。

一ノ瀬は自分が書いた記事を鳥井に勝手に改変させられたことで落ち込んでいました。
いとは一ノ瀬に、自分たちの行動は無駄ではなかったと気付かされたことを告げて励ましました。

おばばは獄中で飲まず食わずの日々を過ごし、釈放された時には衰弱しきっていました。
いとやおかかたちはおばばのもとに集まり、
それぞれの過ちを告白したことでいとは再びおかかたちと和解しました。
おかかたちは再び団結し、停泊する船への米の積み込みを全力で阻止することに成功しました。
その後、いとたちの住む地域の町議会が救済措置として米の支給と安売りを行うこととなりました。

米騒動はおかかたちの勝利で幕を閉じ、
寺内内閣は騒動を招いた責任を取って総辞職に追い込まれました。
作家の尾上公作はおかかたちの米騒動を書き記しました。

秋になり、長い漁から帰ってきた利夫はいとに出迎えられました。
そしてトキと源蔵の娘は無事に嫁入りを果たしました。
THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line

罪の声(2020)A〜グリコ・森永事件


罪の声(2020)A〜グリコ・森永事件

★数行で映画紹介しなければ
グリコ・森永事件モチーフ

★ショウトしょうとSHORT

題材がいいね。 映画化すればヒット間違いない。
フィクションなんですね。びっくり、ありえますね。
時効になった事件の謎解き
株価操作だけの誘拐事件で、身代金もとらなかった。
警察も犯人がわからずに事件は迷宮になったのですね。

========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
監督 土井裕泰
脚本 野木亜紀子
原作 塩田武士『罪の声』
製作 那須田淳
渡辺信也
進藤淳一
出演者 小栗旬
星野源
松重豊
宇野祥平
古舘寛治
市川実日子
火野正平
宇崎竜童
梶芽衣子
音楽 佐藤直紀
主題歌 Uru「振り子」
撮影 山本英夫
編集 穗垣順之助
制作会社 TBSスパークル
フイルムフェイス
製作会社 「罪の声」製作委員会
配給 東宝
公開
日本の旗 2020年10月30日
上映時間 142分

★概要ネタバレ
1984年、おまけ付きお菓子の有名メーカー「ギンガ」の社長が誘拐されました。
「くらま天狗」を名乗る犯人は、10億円もの身代金を要求しましたが、
誘拐された社長は監禁場所から自力で脱出しました。

くらま天狗は店頭のお菓子に青酸カリを混入すると脅迫し、
警察に脅迫状を送り付けるという。
犯人は特定できず、事件は未解決のまま時効を迎えた。

あれから35年
新聞社に勤める阿久津(小栗旬)が平成から令和に変わるタイミングで、
この未解決事件を追うという企画の担当を任された。
どう調べたらいいのか分からず途方に暮れていた阿久津は、
社会部にいる鳥居(古舘寛治)から情報を得て、ロンドンに飛びます。

当時事件を調べていた中国人がアムステルダムにいて、マークされていた。
その中国人が今ロンドンにいるという。

当時、怪しい動きをしていた中国人の噂を聞き、
彼を知るソフィという人物を訪ねますが
「中国人なんか知らない」と言われ、
阿久津は早くもそこに繋がる手立てを失ってしまいます。

テーラー曽根の二代目店主である曽根(星野源)は、
家の押し入れから父の名前が書かれた箱を見つけます。
箱には英語で何やら書かれた手帳と、1984と書かれたカセットテープが入っていた。
曽根がそのテープを再生すると、自分の幼少期の声が流れてきました。

「きょうとへむかって いちごうせんを にきろ ばーすてーい 
じょーなんぐちの べんちの こしかけ」

読み上げるように話す過去の自分、
そして曾根は手帳に「GINGA」と「MANDO」の文字を見つけ、
過去にあったギンガ・萬堂事件を調べ始めます。
曽根は、時効を迎えたこの事件で、脅迫で使われた男の子の声が、
録音された自分の声と同じだと気づいて驚愕します。

曽根は父・光雄と交流のあった仕立て屋の川村に手帳とテープのことを聞きに行きました。
筆跡から手帳は行方不明になった父の兄のものだった。
祖父の死にはギンガが深く関係していた。
死んだと思っていた叔父の達雄がまだ生きていると知る。

次に、光雄と達雄の幼馴染だった藤崎に会い、
二人の若き日の写真(柔道部での集合写真)を目にします。
最近達雄と連絡を取ったと言われている小料理屋を訪ねていきます。

小料理屋では、くらま天狗の会合が行われていた。
達雄だけでなく、耳のつぶれた男もいた。
達雄はギンガの元社員だった。

曽根は写真から同じ柔道部の仲間に話を聞く。
耳のつぶれた男は元警察官の生島秀樹で、
当時中学生の娘・望と、息子・聡一郎がいた。
生島一家が突然いなくなったと知らされます。

ロンドンから戻った阿久津は水島(松重豊)からの情報で、
ギンガ株の外人買いが進んでいるとの情報を得た。

当時を知る立花という証券マンに会うと、
その証券マンは、ギンガ株の外人買いは、
偽装した口座を使用した空売りだったのではないかと指摘します。
さらに「ギン萬事件」は、この空売りを使って利益を得ていたのではないか、
という可能性を指摘します。
事実なら企業から一円も受け取っていない「くらま天狗」の
本当の目的がみえてきた。

阿久津は金田という男が、キツネ目の男と深く関わりがあると突き止めた。
金田のスポンサーだという上林をたどり、
曽根が先に向かっていた小料理屋にたどり着きます。

曽根が仕入れた情報を阿久津も手に入れます。
阿久津は曽根に出会う。
曽根は、さらなる真相を求めて阿久津と行動を共にする。

青木組の建築会社放火殺人事件で容疑者になっていた津村と、
中学生ぐらいの男の子が消えたことを知った阿久津。
阿久津は中学生が生島総一郎だと睨み、岡山に向かいます。
ようやく総一郎の居場所を知り、総一郎と会う約束を取り付けます。

総一郎と会えた二人は、総一郎から当時の真相を聞く。
失踪したがすぐに青木組にばれて、
建設建築会社の寮に軟禁された。
姉望は逃げ出そうと試みますが、
キツネ目の男につかまってしまい逃げ出す途中に
交通事故で即死。

姉の死を間近で目撃した総一郎は、
青木組のパシリとしていいように使われてしまう。
総一郎は、総一郎の世話役をしていた津村と建築会社に火をつけ、
2人で逃げて姿をくらました。

苦境の連続で逃げるしかない生活を強いられてきた総一郎に、
阿久津は事件が時効になった、青木組は解散してしまったと伝えると、
安堵の気持ちからか泣き出した。

入院していた曽根の母真由美は、一時退院でテーラー曽根に帰ってきた。
曽根は思い切って手帳やカセットテープのことを母に問いただした。
テープに声を録音させたのは母・真由美だった。

父の死の理由について警察に不満を持っていた真由美は、
反体制運動に参加したりしていた。
達雄にギンガ事件の協力を依頼されたのです。
真由美はまだ子供だった曽根に脅迫文を読ませ、録音したのです。
曽根は子供が罪人になる可能性は考えなかったのかを問いますが、
母の警察を憎む気持ちは達雄により奮い立たされていたのだ。

阿久津は達雄を追い、再度ロンドンへ向かいました。
そして再びソフィに会い、今度は「日本人を知らないか?」と尋ねます。
するとソフィはその日本人の居場所を教えてくれました。
阿久津に会った達雄は観念したかのようにギンガ事件の真相を語り始めました。

ロンドンにいた達雄を訪ねてきた生島秀樹。
それがすべての始まりでした。
わいろの関与で警察をやめていた生島は、
反対運動をしていた達雄に目をつけていました。

達雄は生島の世の中にガツンと食らわせてやりたいという思いに賛同し、

今回の計画を思いついたのです。

護衛のいない日本人なら誘拐など容易なものだと考え、
やくざの青木やキツネ目の男などのメンバーが、生島により集められていきます。
しかし思いのほか金が稼げないことで、メンバーの中で対立が起こり、
金が欲しい思いの強かった生島は対立していた青木グループに殺されてしまうのです。

このままではヤバいと考えた達雄は生島の家族を逃がし、
自らは独断で再び金を手に入れようと画策しましたが、失敗に終わります。
達雄はギンガ事件は社会への戦いだったと語りますが、
阿久津からその後の生島家の顛末を知った達雄は、
その壮絶さに呆然と立ち尽くすしかありませんでした。
阿久津は達雄を置いて立ち去っていきます。

帰国した阿久津は、今回の話を記事にすることにしました。
それは大きな騒動になってしまいます。

生き残った総一郎は、生き残りの母・千代子を探すため記者会見を開きます。
そして養護施設で再会を果たしました。

長い月日を経た二人は再会を喜びますが、
姉望の死を総一郎が千代子に伝えるとともに涙を流します。

曽根に看取られて母千代子は息を引き取りました。
曽根は昔遊んだギンガのおまけのおもちゃが壊れたのを見て涙した。

その後、社会部に移った阿久津は、テーラー曽根で新しいスーツを新調します。
これからも真実を追い続けると誓う阿久津に曽根はぴったりのスーツを作ると約束した。
THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
line

アイ,トーニャ(2017)C~フィギュアスケート女性自伝

アイ,トーニャ(2017)C

★数行で映画紹介しなければ

1990年代にフィギュアスケート界を揺るがした

「ナンシー・ケリガン襲撃事件」のトーニャ・ハーディングの半生。

★ショウトしょうとSHORT

襲撃事件の真相があきれてしまいました。

母はDV。 DVを受けた子供も必ず乱暴女性になる。

掃き溜めから産まれた悲しさ

史上稀に見るほどの悪人が母親だった不幸。


完全あらすじ


========

★基本情報
原題
I, Tonya
監督 クレイグ・ガレスピー
脚本 スティーヴン・ロジャース
製作 ブライアン・アンケレス
スティーヴン・ロジャース
マーゴット・ロビー
トム・アカーリー
製作総指揮
レン・ブラヴァトニック
アヴィヴ・ギラディ
クレイグ・ギレスピー
ヴィンス・ホールデン
トビー・ヒル
ザンヌ・ディヴァイン
ローザンヌ・コーレンバーグ
出演者
マーゴット・ロビー
セバスチャン・スタン
アリソン・ジャネイ
音楽 ピーター・ナシェル
撮影 ニコラス・カラカトサニス
編集 タティアナ・S・リーゲル
製作会社 ラッキーチャップ・エンターテインメント
クラブハウス・ピクチャーズ
AIフィルムズ
配給 アメリカ合衆国 ネオン
日本 ショウゲート
公開
アメリカ合衆国 2017年12月8日(限定公開)
アメリカ合衆国 2018年1月19日(拡大公開)
日本 2018年5月4日
上映時間 121分
製作国 アメリカ合衆国
=====

筆者の公式サイト

話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line