fc2ブログ

善人サム(1948)D〜家の破産よりも他人には善人な夫

善人サム(1948)D〜家の破産よりも他人には善人な夫

★数行で映画紹介しなければ

ド親切なサムは、妻も含めて家族は大迷惑

他人の世話に一生懸命

そんなサムの親切につけこむ。

お金もとられても、他人に尽くす。

呆れる妻の苦労話

そんな彼が誠実ゆえに成功を収めるという具合に、結局はなるんだ。

でも、隣人に車を貸し、事故を起こされ、その尻拭いまで自分でしときながら

眉一つあげない主人公、“善人”と呼ぶより、はっきり言ってバカ。

お話も相当愚か。

荒唐無稽すぎるあらすじです

★ショウトしょうとSHORT
あまりの善人? 偽善者?
家族までも犠牲にする。
妻は奇人の夫に よく耐えている
ありえない。

========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
Good Sam
監督 レオ・マッケリー
脚本 ケン・イングランド
原作 レオ・マッケリー
ジョン・クローラー
製作 レオ・マッケリー
出演者 ゲイリー・クーパー
音楽 ロバート・エメット・ドーラン
撮影 ジョージ・バーンズ
配給 アメリカ合衆国の旗 RKO
日本の旗 セントラル映画社
公開 アメリカ合衆国の旗 1948年9月1日
日本の旗 1949年9月17日
上映時間 128分
製作国 アメリカ合衆国の旗

★概要ネタバレ

サム・クレイトンはボーデン百貨店の支配人
善人サムと綽名されている途方もない慈善家である。
彼はブッチとルルと2人の子を持ち、美しい妻のルウと楽しい家庭を持っていたのであるが、半年前からルウの腹違いの弟、クロードが食客となっている。彼が傷い軍人であるのに同情して、サムが寝室を提供したので、ルウはルルの室で、サムはブッチの室で、夜は別々に寝なければならぬ。失業者で怠け者のクロードは、食事を一緒にしたためしがない。通いの女中のクローエは、暇をもらいたいといっている。ルウは弟を追い出してくれと頼むのであるが、サムにはとても切り出せない。近眼の隣人バトラーが、ピクニックに出掛ける間際に、自動車が故障したのに同情し、サムが車を貸し手やると、バトラーは行った先で車を衝突させ、訴訟さたになる。バトラーの故障車の修繕代を、サムは支払わさせられる。店の売子の、シャーリー・メイが失恋した上にアパートの追い立てを食ったのも、サムは引き取ってやる。そういうわけで、百貨店の支配人でありながら、今だに借家住まいである。自分の家を欲しがっているルウの気持ちを察しながらも、隣人だったアダムスが、ガソリンスタンドを買う金を貸せというと、家を買うための預金をサムは残らず貸してしまう。ルウの理想的な家が格安で買える時になって、サムは当惑し、ルウは怒って泣き出す仕末である。折も折、クロードとシャーリー・メイが恋仲となる。裏庭で2人が密会しているとも知らず、ルウはシャーリー・メイの悪口をいい、早く追い出さないからこういう事になったと愚痴をいう。それを聞いたシャーリーは荷造りをして飛び出す。入れ違いに入ってきたのは、金を借りていた隣人のアダムスで、ガソリンスタンドが大金で売れたからといって、千ドルの利息をつけて借金を返しに来た。残りの金で別のスタンドを買うと言うので、クロードが雇われることとなる。ルウのあこがれの家も買えるわけである。サムは例年の通り、全市の浮浪者のために、クリスマス夜食をごちそうする企画を立て、その寄付金を銀行に預けにゆく途中、ゆき倒れを装った女を助けたばかりに、頭を撲られて金を奪われてしまう。切端つまったサムは、銀行へ行き貸し出しを申し込むと君に貸すのは危ないといって断わられる。

一方ルウは新しい家に越すのだといって喜んで、古い家の家具全部を救世軍に寄付する。
頭を怪我して早く帰って見ると、ちょうど救世軍が家具を受け取りに来ている所である。

有頂天になって喜んでいるルウに、打ちあけかねたサムは、当てもなく町へ出て、
トムの酒場でしたたか飲んで乱酔する。

これまでの善人ぶりを猛反省するサム。

転宅したルウは、新しい家でごちそうをして待っている。
そこへ銀行家が訪ねて来て、考え直した、
サムのような人に貸さなければ金の値打がない、
と事情をルウに打ちあける。
それに新居が担保になる。
百貨店のボーデン社長は、サムを支配人から副社長にしたと言って来る。
吉報は山程あるのに、肝心のサムは行方不明、
妻ルウが心配していると救世軍の楽隊の音が聞こえて来る。
酔っぱらって、浮浪者と服を取り替えたサムが、
救世軍女士官と肩を組み合って救世軍歌を歌いながらやって来る。
妻ルウはうれしくてうれしくて、いつまでもいつまでも笑いが止まらなかった。

THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line