FC2ブログ

かいじゅうたちのいるところ(2010) D~幼児向け

かいじゅうたちのいるところ(2010) D

モーリス・センダックの同題絵本を実写映画化

8歳の少年が、一人ボートを漕いで、怪獣のいる島に着きました。

? コメントできない、ただのおとぎ話。

==============

ネタバレあらすじ(執筆中)
==============
原題
Where the Wild Things Are
監督 スパイク・ジョーンズ
脚本
デイヴ・エガーズ
スパイク・ジョーンズ
原作 モーリス・センダック
製作 トム・ハンクス
ゲイリー・ゴーツマン
モーリス・センダック
ジョン・カールズ
ヴィンセント・ランディ
製作総指揮 トーマス・タル
ジョン・ジャシュニ
ブルース・バーマン
出演者
キャサリン・キーナー
マックス・レコーズ
マーク・ラファロ
声の出演
フォレスト・ウィテカー
ローレン・アンブローズ
クリス・クーパー
ジェームズ・ガンドルフィーニ
キャサリン・オハラ
音楽 カレンO
カーター・バーウェル
撮影 ランス・アコード
編集 ジェイムズ・ヘイグッド
エリック・ザンブランネン
制作会社 レジェンダリー・ピクチャーズ
ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ
プレイトーン
配給 ワーナー・ブラザース
公開
アメリカ合衆国の旗 2009年10月16日
日本の旗 2010年1月15日
上映時間 101分
製作国 アメリカ合衆国
『かいじゅうたちのいるところ』(Where the Wild Things Are)は、2009年の(日本では2010年公開)アメリカ映画。
スポンサーサイト



line

ガフールの伝説(2010)E~フクロウ世界の冒険と戦い

.

ガフールの伝説(2010)E


★数行で映画紹介しなければ


アメリカの作家キャスリン・ラスキーによる

フクロウ世界の冒険と戦いを描いたファンタジー小説『ガフールの勇者たち』を原作としている。

★ショウトしょうとSHORT

梁山泊? フォースの力を信じよ?

まったくオリジナリティなし。


完全あらすじ


========

★基本情報

原題
Legend of the Guardians:
The Owls of Ga'Hoole
監督
ザック・スナイダー
脚本
ジョン・オーロフ
エミール・スターン
製作
ザレー・ナルバンディアン
製作総指揮
ドナルド・デ・ライン
ライオネル・ウィグラム
デボラ・スナイダー
クリストファー・デファリア
ブルース・バーマン
キャスリン・ラスキー
出演者
ヘレン・ミレン
ジェフリー・ラッシュ
ヒューゴ・ウィービング
サム・ニール
音楽
デイビッド・ハーシュフェルダー
アウル・シティー
編集
デイビッド・バロウズ
製作会社
ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ
配給
ワーナー・ブラザース
ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ
公開
2010年9月24日

上映時間100分
製作国
アメリカ合衆国
オーストラリア
=====
元宝塚トップ出演の劇をプロデュースします。アソシエイトですが
ツイッター写真
えまおゆうスクリーンショット (401)
田村幸士スクリーンショット (400)
森田晋平スクリーンショット (399)


筆者の公式サイト

話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける

=====

line

グリンチ(2000)E~クリスマスが嫌い

.

グリンチ(2000)E


★数行で映画紹介しなければ

児童向け絵本『いじわるグリンチのクリスマス』の映画化

クリスマスの物語

★ショウトしょうとSHORT

幼稚園児向けでしょうか?

何の落ちも、めりはりもなし。


完全あらすじ


========

★基本情報

原題
How the Grinch Stole Christmas!
監督
ロン・ハワード
脚本
ジェフリー・プライス
ピーター・S・シーマン

原作
ドクター・スース(本名セオドア・スース・ガイゼル)

児童向け絵本『いじわるグリンチのクリスマス』


製作
ブライアン・グレイザー
製作総指揮
トッド・ハロウェル
出演者
ジム・キャリー
音楽
ジェームズ・ホーナー
撮影
ドナルド・ピーターマン
編集
マイク・ヒル
ダニエル・P・ハンレイ
製作会社
イマジン・エンターテインメント
配給
ユニバーサル映画
UIP
公開
2000年11月17日
2001年3月16日
上映時間104分
製作国 アメリカ合衆国

特殊メイクはリック・ベイカーが担当。アカデミー賞ではメイクアップ賞を受賞した。
=====
元宝塚トップ出演の劇をプロデュースします。アソシエイトですが
ツイッター写真
えまおゆうスクリーンショット (401)
田村幸士スクリーンショット (400)
森田晋平スクリーンショット (399)


筆者の公式サイト

話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける

=====

line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line