fc2ブログ

おかしな二人(1968)D〜ジャック・レモン


おかしな二人(1968)D〜ジャック・レモン

★数行で映画紹介しなければ
正反対の性格である二人の中年男性が同居するが

★ショウトしょうとSHORT
邦題の「おかしな」が疑問に思います。

「◯◯な二人」の作品、他にもあるが、
僕には良さが理解不能。
========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
The Odd Couple
監督 ジーン・サックス
脚本 ニール・サイモン
原作 ニール・サイモン
製作 ハワード・W・コッチ
出演者 ジャック・レモン
ウォルター・マッソー
音楽 ニール・ヘフティ
撮影 ロバート・ハウザー
編集 フランク・ブラクト
配給 パラマウント・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1968年5月2日
日本の旗 1969年4月26日
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国

★概要ネタバレ
暑い夜、ニューヨークの狭いアパートに集った男達がポーカーを楽しんでいた。
家主のオスカーは何事にもずぼらな性格、妻とも別れて一人気ままにアパートで暮らしている。
仲間達はフェリックスがやって来ないことを心配しています。
フェリックスが行方不明になっているという知らせが入ります。
ただ事ではないと感じた仲間達は、
フェリックスが部屋に入ってくると普段通りに接しようと試みるのでした。
思いつめた様子のフェリックスは、妻に別れを切り出されて自暴自棄になっています。
フェリックスは自殺をほのめかしますが、仲間達によって励まされます。
仲間たちはポーカーを切り上げ、オスカーは心身共に弱っているフェリックスを
とりあえず泊めた。

妻への未練を断ち切れないフェリックスに、
オスカーは結婚生活は終わったのだと諭し、
自分のアパートで共同生活をしないかと提案する。
几帳面で綺麗好きのフェリックスは部屋を綺麗に磨きあげ、
オスカーやポーカー仲間に手料理をもてなすなど素晴らしい家事能力を発揮し始めます。
フェリックスはオスカーのだらしない性格が許せず、説教してしまいます。
オスカーのほうは、妻のように口うるさいフェリックスの存在をだんだん鬱陶しく感じた。

息苦しい生活から解放されたいオスカーは、
階上に住むイギリス人姉妹とダブルデートをしないかとフェリックスに持ち掛けます。
フェリックスも渋々この提案に同意します。
姉妹がディナーにやって来る夜、フェリックスは腕に寄りをかけて手料理を作りますが、
オスカーの帰りは遅く、フェリックスはついイライラしてしまいます。
部屋に姉妹を迎えてディナーが始まりました。
オスカーがカクテルを作る間、フィリックスは姉妹の相手をする。
フェリックスは離れて暮らす自分の家族がいかに素晴らしいかを語りだし、
感傷的になって二人の前で泣き出してしまう。
フェリックスの家族を思う優しさに胸を打たれた姉妹は、
すっかりフェリックスに同情して一緒に泣きはじめます。
オスカーは三人が肩を寄せ合って泣いている姿を見て、すっかり白けた気分になる。
姉妹が帰った後、機嫌の悪いオスカーはフェリックスの性格や癖をことごとく批判し、
カチンときたフェリックスも応戦します。
二人の罵りあいは大喧嘩に発展し、
オスカーはフェリックスにアパートを出ていくよう怒鳴ってしまいます。
フェリックスは家を出て行ってしまうのでした。

ポーカー仲間達は友達を追い出したオスカーの薄情さを責め立てます。
皆フェリックスがどこに行ったかのか心配し、
オスカーも自分の言動を大人げなかったと反省するのでした。
チャイムが鳴り、入ってきたのはフェリックスとイギリス人姉妹でした。
なんとフェリックスはすっかりイギリス人姉妹と仲良くなり、
しばらくの間彼女達の部屋で暮らすというのです。
オスカーとフェリックスは同居は解消したものの、
これまで通りポーカー仲間としての付き合いは続けていくことで和解した。
フェリックスが荷物を持って出ていくと、普段通りポーカーゲームを楽しむ夜が始まります。
皮肉にもオスカーは以前に比べて少しだけきれい好きな性格になっていると気づいた。
THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line

ザ・ピーナッツバター・ファルコン(2019)C〜『ハックルベリー・フィンの冒険』の現代版

〜現在作業中

ザ・ピーナッツバター・ファルコン(2019)C

★数行で映画紹介しなければ

老人の養護施設で暮らすダウン症の青年ザックはプロレスラーになることを夢見ている。
ザックは一念発起して養護施設から脱走し、レスラー養成学校へと向かう。
道中、ザックは逃亡中のならず者タイラーに遭遇する。
2人は一緒に旅をすることになり、
施設の看護師エレノアに見つかる。
エレノアも旅に同行することになる。

『ハックルベリー・フィンの冒険』の現代版

★ショウトしょうとSHORT

よくあるストーリーですね

タイトルはプロレスリング名。

========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
The Peanut Butter Falcon
監督 タイラー・ニルソン
マイケル・シュワルツ
脚本 タイラー・ニルソン
マイケル・シュワルツ
製作 アルバート・バーガー(英語版)
クリストファー・ルモール
リジェ・サーキ
デヴィッド・シエス
ロン・イェルザ(英語版)
ティム・ザジャロフ
製作総指揮 カーメラ・カシネリ
マニュ・ガルギ
アーロン・スコッティ
ティム・シュライヴァー
ミシェル・シーエ・ウィッテン
出演者 シャイア・ラブーフ
ダコタ・ジョンソン
ジョン・ホークス
ブルース・ダーン
ザック・ゴッサーゲン
ジョン・バーンサル
トーマス・ヘイデン・チャーチ
音楽 ザカリー・ドーズ(英語版)
ジョナサン・サドフ
ゲイブ・ウィッチャー
ノア・ピケルニー
撮影 ナイジェル・ブルック
編集 ナサニエル・フラー
ケヴィン・テント
製作会社 アーモリー・フィルムズ
ラッキー・ツリーハウス
ボナ・ファイド・プロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ロードサイド・アトラクションズ
日本の旗 イオンエンターテイメント
公開 アメリカ合衆国の旗 2019年8月9日(限定公開)
アメリカ合衆国の旗 2019年8月23日(拡大公開)
日本の旗 2020年2月7日
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗

★概要ネタバレ
老人の養護施設で暮らすダウン症のザック(ザック・ゴッザァーゲン)は、施設内の老婆と食事中に施設を脱走しようとしますが捕まります。ザックは看護師のエレノア(ダコタ・ジョンソン)から怒られ、厳しく監視されることになります。

タイラー(シャイア・ラブーフ)はさえない漁師で、ダンカン(ジョン・ホークス)という男の物を盗んだとして、ボスから解雇されます。

ザックは大のプロレスファンで、ソルトウォーター・レッドネック(トーマス・ヘイデン・チャーチ)なるプロレスラーのレスラー養成学校のコマーシャルをテレビで何回も見て、施設の老人カール(ブルース・ダーン)を呆れさせます。カールはザックが外の世界でそのレスラー養成学校の生徒になりたいのを見て、ザックの脱走を助けることにします。脱走したザックは海辺のボートに逃げ込みます。

タイラーはダンカンに見つかり暴行され、ボートで逃げますが、そのボートにはザックがいました。

養護施設ではエレノアは上司からザックの脱走を叱責され、ザックを探すことを命じられます。エレノアはザックはレスラー養成学校に行くのでは?と推測します。



ザ・ピーナッツバターファルコンのネタバレあらすじ:承・プロレス学校へ向かうザックと彼を探すエレノア
タイラーはボートにいたザックを不審に思います。ザックはタイラーがレスラー養成学校行きを助けてくれると思ったのか、彼の後を追いかけ名前を呼び続けます。しかし、タイラーはザックに嫌気がさし、彼から離れます。

その後タイラーは、ザックがある少年から、高い場所から海に飛び込めと脅されているのを見かけます。泳げないザックは海に落とされますが、タイラーは彼を救います。二人は行動をともにすることにし、最終的にタイラーはザックをレスラー養成学校に連れて行くことにします。

タイラーは買い物をしますが、金がなくピーナッツバターしか買えません。その後、その店にエレノアが訪れます。エレノアはタイラーにザックの写真を見せますが、タイラーは知らないと言います。タイラーはザックに泳ぎ方を教え、銃の撃ち方も教えます。

夜、野宿する二人、ザックは悪役レスラーになりたいとタイラーに話します。タイラーとザックが森で壊れたボートを見つけると、男に銃を向けられます。男は盲目ですが、二人に危険性がないと判断すると、二人を自らのキリスト教の集会に参加させ、ザックを洗礼します。



二人は男のもとから去りますが、タイラーは昔を思い出し泣きます。エレノアが遅れてその男を訪ねますが、彼は盲目のためザックの写真を見せてもわかりません。

ザ・ピーナッツバターファルコンのネタバレあらすじ:転・エレノアに見つかるザック
タイラーはザックのプロレスの練習を助けますが、ザックに「リングネームをつけろ」と言います。ザックはリングネームをファルコンにして、顔にピーナッツバターをつけ、「ピーナッツバター・ファルコン」と叫びます。

翌朝、エレノアが二人を見つけます。エレノアはタイラーに、ザックを誘拐したとして警察に通報すると言いますが、ザックはソルトウォーター・レッドネックに会うと言い、施設には帰らないと言います。

3人はソルトウォーター・レッドネックを探しに行きます。夜になると、ダンカンがタイラーを襲います。しかし、ザックはダンカンに銃を向けタイラーを救います。3人はソルトウォーター・レッドネックの居場所を見つけ、彼を訪ねます。タイラーが家のドアを開け、現れたのは本人ですが、本名のクリントと名乗り、すでに引退し、レスラー養成学校も10年前に閉じたと言います。

3人は去りますが、ザックは事情がわからず、ソルトウォーター・レッドネックを探し続けると言います。そこへ、ソルトウォーター・レッドネックが昔のプロレスのコスチュームで登場し、ザックを喜ばせます。



ザ・ピーナッツバターファルコンの結末:ザックの夢のリング
3人はソルトウォーター・レッドネックの自宅に向かいます。ソルトウォーター・レッドネックは、ザックにプロレスのトレーニングを開始し、ザックはソルトウォーター・レッドネックに、本当にリングで闘いたいと申し出ます。

ソルトウォーター・レッドネックは野外の小さな会場で、ザックの夢の実現のためプロレスのイベントを始めます。ソルトウォーター・レッドネックはザックに、相手を汚い言葉で罵れとアドバイスします。

タイラーはエレノアと車の中にいますが、タイラーはエレノアに手錠をはめ、ザックの夢のプロレスの試合を止めないようにします。

ピーナッツバター・ファルコンとコールされリングに向かうザックは、タイラーと観客の大きな声援で迎えられます。対戦相手のサム(ジェイク・ロバーツ)はザックより大きく、ザックを圧倒します。本気になるサムにソルトウォーター・レッドネックは、「ザックを勝たせるという事前の約束と違う」と驚きます。

エレノアは、ダンカンがタイラーへの仕返しに来るのを目撃し、手錠を外してリングに向かいます。
ザックはサムに反撃し、サムを持ち上げます。そしてダンカンがタイラーに襲いかかります。

(映画は病院のシーン)タイラーはダンカンの襲撃で入院したようです。ザックとエレノアは心配そうに待ちます。

数日後、エレノアとザックはフロリダに向かいます。車の後部座席には退院したタイラーがいます。3人はフロリダで新しい生活を始めるのでした。


THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
line

神様の思し召し(2015)B~「最強のふたり」より断然笑えた

.
神様の思し召し

神様の思し召し(2015)B


★数行で映画紹介しなければ

医師と型破りな神父との不思議な友情のコメディ

★ショウトしょうとSHORT


「最強のふたり」より断然好きな作品


フランス映画の『最強のふたり』の再来だそうですが

「最強のふたり」はまったく笑えなかったが、本作は腹を抱えて笑った、

三度は爆笑、ネタバレで公開。

最後までコメディにしてほしかったのでB評価。


完全あらすじ


========

★基本情報

原題 Se Dio vuole

監督 エドアルド・ファルコーネ

脚本
エドアルド・ファルコーネ
マルコ・マルターニ

キャスト
マルコ・ジャリーニ
アレッサンドロ・ガスマン

製作国イタリア

上映時間88分
============

三度重版のマイ執筆
ヴィオロンの妻 以下 Amazon

ヴィオロンの妻 

実話~妻はコンサートマスターのバイオリニスト、国立音大卒
稀に見る妻を持った夫の苦悩と死 不倫された夫はどうするか?
ヴィオロンとは仏語でバイオリン

話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける

著作一覧

=====
line

アカルイミライ~オダギリジョー、不幸をもたらす猛毒クラゲ

.

アカルイミライ(2003)E


★数行で映画紹介しなければ

猛毒クラゲを飼育していた浅野忠信が自殺。

親友のオダギリジョーはクラゲに翻弄される。

★ショウトしょうとSHORT

最後は意味不明です。

115分も長く、退屈で、理解不能です。


完全あらすじ


========

★基本情報

監督脚本編集 黒沢清 

出演者
オダギリジョー
浅野忠信
藤竜也

上映時間 115分
============
コメントは、こちらにメールください
77hikoboshi@gmail.com

話題の映画とか一過性の映画でなくて、

100年経過しても名作と言われる映画を追いかける


村上サガンの著作一覧

=====
line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line