ラブ&ピース~園子温の無名の時の脚本、夢を見る

.

ラブ&ピース(2015)C


★数行で映画紹介しなければ

楽器の部品ピースの会社で働く主人公は、

以前はロックミュージシャンを目指していたが挫折。

そこへ夢をかなえる亀と出会う。

★ショウトしょうとSHORT

夢物語かファンタジー作品?

怪獣特撮や映画「トイストーリー」の影響大。


完全あらすじ


★仕入れた情報

本作は監督の園子温が無名の時代に書いた脚本を、

25年の時を経て、ほぼそのまま映画にした作品

========

★基本情報


監督脚本 園子温

出演者
長谷川博己
麻生久美子
西田敏行

上映時間 117分
============
コメントは、こちらにメールください
77hikoboshi@gmail.com

話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける


村上サガンの著作一覧

=====
スポンサーサイト
line

映画 みんな!エスパーだよ!~園子温のエロいコメディ

.

映画 みんな!エスパーだよ!(2015)E


★数行で映画紹介しなければ

テレビドラマの続編ではなく、テレビドラマとは異なるストーリー。

人類エロ化計画と対決するエスパー。

★ショウトしょうとSHORT


「偉大なる、しゅららぼん(2014)」の二次的作品のようです。


大昔の「ハレンチ学園」のようなエロ映画を追及したのでしょうか。


完全あらすじ


========

★基本情報

監督 園子温

脚本
田中眞一
園子温

原作
若杉公徳「みんな!エスパーだよ!」

出演者
染谷将太
池田エライザ
真野恵里菜

上映時間 114分
============
コメントは、こちらにメールください
77hikoboshi@gmail.com

話題の映画とか一過性の映画でなくて、

100年経過しても名作と言われる映画を追いかける


村上サガンの著作一覧

=====
line

新宿スワン~綾野剛、風俗嬢スカウト物語

.

新宿スワン(2015)A


★数行で映画紹介しなければ

和久井健の同名コミック。

実在したスカウト会社を舞台とした作者本人が体験した出来事にフィクションを交えて描く。

★ショウトしょうとSHORT

なかなかリアルな話で、面白いです。

千人万人と数多く女性を見る。 
すると女性のパターンがわかる。
女性を見抜く力を養うために数多く女性をこなす。


完全あらすじ


========

★基本情報

監督 園子温

脚本
鈴木おさむ
水島力也

原作 和久井健

出演者
綾野剛
山田孝之
沢尻エリカ
伊勢谷友介

上映時間 139分
============
コメントは、こちらにメールください
77hikoboshi@gmail.com

話題の映画とか一過性の映画でなくて、

100年経過しても名作と言われる映画を追いかける


村上サガンの著作一覧

=====
line

夢の中へ~園子温、ある男優の夢の中

.

夢の中へ(2005)E


★数行で映画紹介しなければ

テレビドラマの男優の夢の中。

★ショウトしょうとSHORT

女性遊びがお盛んで性病になった男優。

男優がみる夢のシーンが出てくる。


完全あらすじ


========

★基本情報

監督脚本 園子温

出演者
田中哲司
夏生ゆうな
村上淳
オダギリジョー
市川実和子
岩松了
麿赤児
温水洋一
手塚とおる
小嶺麗奈

上映時間 103分
============
コメントは、こちらにメールください
77hikoboshi@gmail.com

話題の映画とか一過性の映画でなくて、

何年経過しても名作だと思える映画を探しています。


村上サガンの著作一覧

=====
line

地獄でなぜ悪い~園子温、デタラメナンセンス

.

地獄でなぜ悪い(2013)F


★数行で映画紹介しようよ

娘の映画デビューをかなえたいヤクザ組長の父

抗争中のヤクザとの死闘を映画にする。


★ショウトしょうとSHORT


タイトルをもじって、

「映画駄作地獄で、なぜ悪い」

ですね。

がっかりと言うか、あきれました。



ネタバレ編


========

★基本情報

監督脚本 園子温

出演者
國村隼
堤真一
二階堂ふみ
友近

上映時間 130分


============


line

希望の国~原発事故になると、政府じゃなくて医者がテレビで「安全」だと嘘をつく。

.

希望の国(2012)D

★数行で映画紹介しようよ

日本の架空の県の東方沖で起こった大地震により、

原子力発電所が事故を起こし、

原発から半径20km圏内が警戒区域に指定された。

★ショウトしょうとSHORT

原発事故になると、政府じゃなくて医者がテレビで
「安全」だと嘘をつく。


辛口コメントですが、
福島ネタで、思いもよらない話しとかあるはずで、
ネタ不足ですね。

父と息子の別れで、恋人のように抱き合うのだろうか?

========

★基本情報

監督脚本 園子温

出演者
夏八木勲
大谷直子

上映時間 133分
line

気球クラブ、その後~園子温監督、永作博美、気球のような若者の青春

.

気球クラブ、その後(2006)B


★数行で映画紹介しようよ

熱気球サークルに集まった人々の思い出、恋愛模様

★ショウトしょうとSHORT

園子温さんの作品で、二番目に好きになりました。

でも園子温監督の作品に思えない乾いている感じがします。

メモリーを消去してまたそれぞれの生活に戻るという行為は新鮮

これまでに観たことのない脚本で、シャープです。

ユーミンの「翳りゆく部屋」、

永作博美さんの独特の魅力、

携帯電話が主人公に思える演出がいいですね。




========

★基本情報

監督脚本 園子温

出演者
深水元基
川村ゆきえ
長谷川朝晴
永作博美
西山繭子
いしだ壱成
与座嘉秋
大田恭臣
 

上映時間 93分



============

キで、はじまる恋愛映画(邦画編)





恋愛映画めざせ2000本~タイトル、アイウ順索引



by 村上サガン

line

愛のむきだし~この邦画にビックリ




映画「愛のむきだし(2009)」


約4時間に及ぶ映画だが、

後半はどんどん僕をクギづけにして

むしろ短いと感じさせた映画だ。

脚本がぴか一。 

演出撮影がB級だが、
そんなこと まったく気にならない。

成人指定映画ですから要注意!!

写真は僕の好きだったサソリさんです。

基本情報 愛のむきだし
Love Exposure
監督 園子温
脚本 園子温
出演者 西島隆弘
満島ひかり
安藤サクラ
尾上寛之、清水優、永岡佑、広澤草、玄覺悠子、
中村麻美、渡辺真起子、渡部篤郎、他
ゲスト出演
紅音ほたる、板尾創路、岩松了、大口広司、大久保鷹、
岡田正、倉本美津留、ジェイ・ウエスト、深水元基、吹越満、
古屋兎丸、堀部圭亮、宮台真司、日向ななみ他
音楽 原田智英
主題歌 ゆらゆら帝国
公開 2009年1月31日
上映時間 237分
製作国 日本


受賞
第9回(2008年)東京フィルメックスにおいて
観客の投票によって選出
「アニエスベー・アワード」を受賞。
第59回(2009年)ベルリン映画祭に出品され、
「カリガリ賞」「国際批評家連盟賞」を受賞した。


↓ 以降ネタばれ編




ネタばれ編及び知ったかぶり



まず浮かんだキーワードで、
調べた、知ったかぶり・・・

==========

★サソリに変装する

出会った時の格好が女装
梶芽衣子主演の映画「女囚さそり」と同じ格好だったため、
自分は「サソリ」だと名乗って別れる。
ヨーコは、自分を助けてくれたサソリに恋をする。

梶さん、あこがれの女優です(写真)

♪花よ綺麗と おだてられ
 咲いてみせれば すぐ散らされる
 馬鹿なバカな 馬鹿な女の 怨み節

===========

★この映画のテーマ

新約聖書コリントの信徒への手紙第13章

愛は忍耐強い。

愛は情け深い。

ねたまない。

愛は自慢せず、高ぶらない。

礼を失せず、自分の利益を求めず、いらだたず、

恨みを抱かない。

不義を喜ばず、真実を喜ぶ。

すべてを忍び、すべてを信じ、

すべてを望み、すべてに耐える。

愛は決して滅びない。


音楽(ベト7)が頭にこびりついています。

まさに ドンピシャですね。

Beethoven:交響曲第7番「第2楽章」1/2


========

★ラブ

他の方の評価を読むと
ジョンレノンの「LOVE」だという。

確かにその歌もそうだ。

主人公がヨーコという名前からも そうだろう。

でも、僕はビートルズの
「愛こそはすべて」だと思った。

♪愛があればそれでいい
愛があればそれでいい
愛さえあれば何もいらない
愛こそはすべて

===========

★なぜか遠藤周作 

作家遠藤の人生最大のテーマとなった葛藤が

「日本人でありながらキリスト教徒である矛盾」

僕は本作から遠藤の作品「沈黙」がよぎった。

『沈黙』をはじめとする多くの作品は、
欧米で高い評価を受けた。
グレアム・グリーンの熱烈な支持が知られ、
ノーベル文学賞候補にも挙げられたが、
『沈黙』のテーマ/結論が選考委員の一部に嫌われ、
『スキャンダル』が
ポルノ扱いされたことがダメ押しとなり、
ついに授与されることはなかった。

==========

★演出はB級

長く感じさせない、
むしろ短いと思うくらい。

後半はぐいぐいとひっぱってゆく

脚本がぴか一 

演出撮影がB級だが、
そんなこと まったく気にならない。

例えば血らしくない液体と
すぐわかるシーンは工夫してほしい。

==========

★監督脚本 園子温(その しおん)

90年代前半には、
路上パフォーマンス集団「東京ガガガ」を主宰した。

2001年以降はメジャー映画会社とも手を結び、
代表作には『愛のむきだし』や『紀子の食卓』がある。

近年ではテレビ朝日系列の
『時効警察』4、6話に脚本・演出で参加、
続く『帰ってきた時効警察』
3、6話にも脚本・演出で参加している。

時効警察のそれって名作です。

========

★安藤サクラの自虐演技

父親は俳優の奥田瑛二、
母親はエッセイストの安藤和津

彼女って劣性遺伝? 
美人に生まれていないが
この異様な不気味な雰囲気はたいしたものだ。
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
299位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line