人生は、奇跡の詩~ドンキホーテのような男の純愛

「ライフ・イズ・ビューティフル」で熱演のロベルト・ベニーニが、
実生活でも妻のニコレッタ・ブラスキと組んだ、男の純愛劇

人生は、奇跡の詩(2006)B

★映画紹介

愛する女性がイラク戦争に巻き込まれ、

自らの命を投げ打ってでも

看病する男性をユーモラスなタッチで描く。

★ショウトしょうとSHORT

早口でまくし立てるベニーニが苦手で、

それを我慢すれば良い作品だと思う。

前半は良くできていますね。
バクダットあたりから白けますが
最後はホロリとさせました。

何箇所か笑えた(カンガルー、酸素ボンベとか)。

本作は感動する人は多いだろう。

ベニーニでなくて他の役者なら
大感動したかもしれません。

★ニコレッタ・ブラスキ

「天井桟敷の人々」のギャランスに
似て、男をその気にさせておいて
逃げてゆくところまで、そっくり。

いい女ですね、好きになりました。

<最下段にネタバレ編>

★基本情報

人生は、奇跡の詩(うた)

La Tigre E La Neve
原題、「虎と雪」
監督 ロベルト・ベニーニ
脚本
ロベルト・ベニーニ
ヴィンセンツォ・セラミ
出演者
ロベルト・ベニーニ
ニコレッタ・ブラスキ
ジャン・レノ
上映時間 114分
製作国 イタリア


<ネタバレ編>

「ライフ・イズ・ビューティフル」と同じ
嘘がキーポイントで

感動する人は感動するだろう。
ぼくには、わざとらしい。

★映画ではまったく理解できなかった背景

主人公はヴィットリアとは一度結婚し、
娘が二人いるが、離婚。
ヴィットリアと再婚したく、
毎夜結婚式を夢見るほどだ。

主人公は、詩人で大学教授、詩を教えている。
出した詩集が映画の原題でもある「虎と雪」。
ヴィットリアは、
「パリに雪が降って、虎を見たら、あなたと結婚(再婚?)するわ」
と言う。

キャラが濃い過ぎる主人公の猛アタックを
毎回かわしている。

スポンサーサイト
line

メリーに首ったけ~キャメロン・ディアス出世作

.

メリーに首ったけ(1998)B


★数行で映画紹介しなければ

5人の男たちがメリーを射止めるために、

あの手この手のモグラたたき。

★ショウトしょうとSHORT

この頃のキャメロン・ディアスは輝いていましたね。可愛い。
キャメロン2

ファレリー兄弟の作品です。
特徴は徹底したお下劣系のユーモアと障害者ネタ

1996年公開の「キングピン/ストライクへの道」で損失を出してしまったファレリー兄弟は、

これが最後の作品になるかも知れないと思い、

思い描く限りのヒステリックなブラックコメディを作る。

本作が大ヒット(興行収入は約400億円以上)したおかげで、

映画を撮り続けることができる。

あの僕的大傑作の「愛しのローズマリー」は本作ヒットのおかげです。



★お下劣なヘアジェル
キャメロン1

自家放出した男のゼリーを耳の後ろにつけたままメリーと会う。

耳の下に垂れ下がった「ゼリー」を、ヘアームースと嘘を言う。

ちょどよかったわたしもヘアーを直すわと素早く「ゼリー」を手にすくって彼女がヘアに付ける。

と、メリーの髪が立ってしまう。


★タマを装填した銃をぶらさげてデートに行くな

大事なデートの前は弾を放出して女性と会え。

パイプ掃除。暴れん坊をてなずける。
大事なデートの前は抜いていくんだ。
ずっと溜まったままで
イライラ やりたいモヤモヤを頭から消せ。

これは妻帯者が女性にもてる理由ですね。

★人から聞いた情報は、必ず自分で確認を

本作でもライバルを蹴落とすために嘘の情報を伝える。

恋愛映画を観ていると、一番大事なのはこのことですね。

人は、ライバルのことを悪く言います。


完全あらすじ



========

★基本情報

原題 There's Something About Mary

監督
ボビー・ファレリー
ピーター・ファレリー

脚本
エド・デクター
ジョン・J・ストラウス
ボビー・ファレリー
ピーター・ファレリー

原案
エド・デクター
ジョン・J・ストラウス

キャスト
キャメロン・ディアス
ベン・スティラー
マット・ディロン

上映時間119分

製作国アメリカ合衆国
============
コメントは、こちらにメールください
77hikoboshi@gmail.com

話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける


村上サガンの著作一覧

=====
line

運転手の恋~宮沢りえのラブコメ台湾映画

.

運転手の恋(2000)D


★数行で映画紹介しなければ

婦人警官に一目惚れしたタクシー運転手が、

彼女の気を惹こうとあの手この手で交通違反を繰り返す。

★ショウトしょうとSHORT

宮沢りえは台湾では人気の女優のようです。

観て感じたのは、2000年代の映画なのに、

雰囲気は日本の1950年年代に思えました。


完全あらすじ


========

★基本情報

原題 The Cabbie

製作・監督:チャン・ホアクン

脚本:スー・チャオビン

キャスト
宮沢りえ
チゥ・チョンハン
タイパオ
チェン・シュウイン
ツァイ・ツァンダオ

製作国 台湾
上映時間 94分
============
コメントは、こちらにメールください
77hikoboshi@gmail.com

話題の映画とか一過性の映画でなくて、

100年経過しても名作と言われる映画を追いかける


村上サガンの著作一覧

=====
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
153位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line