70年代前半アカデミー賞作品賞

.
アカデミー賞作品賞1970~1974

A評価(感動順)

スティング(1973)A~ポール・ニューマン、ロバート・レッドフォード、一世一代の大詐欺


ゴッドファザー(1972)A~父親のバイブル、男は油断するな、永遠の2位


パットン大戦車軍団(1970)A~アカデミー賞独占の実話、アメリカの英雄


ある愛の詩(1970)A~70年代恋愛映画の人気第1位


M★A★S★H マッシュ(1970)A~軍医三人組の乱行コメディ


時計じかけのオレンジ(1971)A~非暴力にするトラウマ矯正治療



★最多部門賞

7部門受賞「スティング」と「パットン大戦車軍団」

歴代米映画2位のゴッドファザーは3部門受賞


★全作品賞受賞一覧

(好み度ABCDE)

○:その年の最優秀賞 

1970年(第43回)

○パットン大戦車軍団(1970)A~アカデミー賞独占の実話、アメリカの英雄

大空港 C

ファイブ・イージー・ピーセス(1970)E~ジャック・ニコルソン、捨てられる女


ある愛の詩(1970)A~70年代恋愛映画の人気第1位


M★A★S★H マッシュ(1970)A~軍医三人組の乱行コメディ



1971年(第44回)

○フレンチ・コネクション(1971)B~実話、米史上最大級の麻薬密輸組織の逮捕劇


時計じかけのオレンジ(1971)A~非暴力にするトラウマ矯正治療


屋根の上のバイオリン弾き(1971)C~ロシアでのユダヤ人排斥


ラスト・ショー(1971) C~演技の教科書映画

ニコライとアレクサンドラ

1972年(第45回)

○ゴッドファザー(1972)A~父親のバイブル、男は油断するな、永遠の2位


キャバレー(1972)C~ライザミネリのミュージカル

移民者たち
脱出
サウンダー

1973年(第46回)

○スティング(1973)A~ポール・ニューマン、ロバート・レッドフォード、一世一代の大詐欺

アメリカン・グラフィティ C
叫びとささやき E
エクソシスト D
ウィークエンド・ラブ C

1974年(第47回)

○ゴッドファーザー PART II A
チャイナタウン C

カンバセーション…盗聴…(1974)D~ジーンハックマン、ある盗聴屋

レニー・ブルース C

タワーリング・インフェルノ(1974)D~超高層ビル火災の元祖


==
スポンサーサイト
line

60年代後半アカデミー賞作品賞

.
1965~1969年アカデミー賞作品賞


 **  現在再見中で~す ** 

マイA評価(感動順)

サウンド・オブ・ミュージック(1965)A~千年語り継ぐべき名作ミュージカル


真夜中のカーボーイ(1969)A~ア賞作品賞、ニューヨークでジゴロになる


卒業(1967)A~究極の親子丼、アメリカンニューシネマの傑作


★短評

「サウンド・オブ・ミュージック」はずべての世代向け名作です。


★全作品賞受賞一覧

○:その年の最優秀賞 

1965年 (第38回)

○サウンド・オブ・ミュージック(1965)A~千年語り継ぐべき名作ミュージカル


ダーリング(1965)~ジュリー・クリスティ、王妃になった女性


ドクトル・ジバゴ(1965)D~再会しては不倫をする軍医


愚か者の船

裏街・太陽の天使

1966年(第39回)

○わが命つきるとも
ヘンリー8世、クロムウェルに殺されたトーマスモアの物語。ガリレオみたいな男。

アルフィー

アメリカ上陸作戦

砲艦サンパブロ(1966)D~スティーブ・マックイーン、中国停泊物語


バージニア・ウルフなんかこわくない(1966)C~息子の幻想におびえる妻


1967年(第40回)

○夜の大捜査線
黒人刑事もので初受賞。以後この手の黒人刑事映画の元祖。

俺たちに明日はない

ドリトル先生不思議な旅

卒業(1967)A~究極の親子丼、アメリカンニューシネマの傑作


招かれざる客

1968年(第41回)

○オリバー(1968)C~英文豪チャールズ・ディケンズの「オリバー・ツイスト」


ファニー・ガール

冬のライオン

レーチェル レーチェル

ロミオとジュリエット

1969年(第42回)

○真夜中のカーボーイ(1969)A~ア賞作品賞、ニューヨークでジゴロになる


1000日のアン

明日に向って撃て!

ハロー・ドーリー!(1969)C~名曲だけが光るミュージカル
!

Z

====
line

60年代前半アカデミー賞作品賞

.
アカデミー賞作品賞1960~1964

A評価(感動順)


アパートの鍵貸します(1960)A~サラリーマンものラブコメの秀作


アラバマ物語(1962)A~グレゴリー・ペック、アメリカ映画ヒーロー、ナンバーワン


ウエスト・サイド物語

マイ・フェア・レディ(1964)A~オードリー・ヘプバーン、ミュージカル映画マイベスト4


史上最大の作戦(1962)A~約300万の連合軍がドイツ占領のフランスに初上陸する史実


アラビアのロレンス(1962)A~砂漠の英雄、イスラムテロの原因


★短評

再評価中です

「トム・ジョーンズの華麗な冒険」の最優秀賞はありえません。


★全作品賞受賞一覧

○:その年の最優秀賞 

1960年(第33回)

○アパートの鍵貸します(1960)A~サラリーマンものラブコメの秀作


アラモ

エルマー・ガントリー(1960)C~布教活動は詐欺行為と表裏一体


息子と恋人

サンダウナーズ

1961年(第34回)

○ウエスト・サイド物語

ファニー(1961)

ナヴァロンの要塞(1961)


ハスラー(1961)B~ポール・ニューマン、賭けビリヤード屋の行方

ニュールンベルグ裁判

1962年(第35回)

○アラビアのロレンス(1962)A~砂漠の英雄、イスラムテロの原因


史上最大の作戦(1962)A~約300万の連合軍がドイツ占領のフランスに初上陸する史実


The Music Man(日本未公開)

戦艦バウンティ

アラバマ物語(1962)A~グレゴリー・ペック、アメリカ映画ヒーロー、ナンバーワン



1963年(第36回)

○トム・ジョーンズの華麗な冒険

アメリカ アメリカ

クレオパトラ(1963)

西部開拓史(1963)

野のユリ

1964年(第37回)

○マイ・フェア・レディ(1964)A~オードリー・ヘプバーン、ミュージカル映画マイベスト4


ベケット

博士の異常な愛情(1964)C~スタンリー・キューブリックの人類滅亡


メリー・ポピンズ(1964)~ジュリー・アンドリュース、魔法を使える子守


その男ゾルバ(1964)C~ギリシャ人の恐るべき排他主義


==
line

50年代後半アカデミー賞作品賞

.
1955~1959年アカデミー賞作品賞


 **  現在再見中で~す ** 

マイA評価(感動順)

情婦(1958)A~アガサ・クリスティとビリー・ワイルダーのミステリー傑作
 

戦場にかける橋(1957)A~戦争におけるひとつの狂気=おろかしさ


★短評

55年は不作で、最優秀賞は地味すぎる「マーティ」。

57年は秀作揃い

59年の「ベン・ハー」はアカデミー賞で最多の11部門独占で文句なしというか、他の作品が小粒。

★全作品賞受賞一覧

○:その年の最優秀賞 

1955年(第28回)

○マーティ(1955)B~イケメン、美女の出ないア賞作品賞をとった恋愛


慕情(1955)B~ジェニファー・ジョーンズ、香港を舞台の悲恋


ミスタア・ロバーツ(1955)C~米海軍の輸送船喜劇


ピクニック(1955)B~女性が目先の幸福よりも冒険の駆け落ちをする気持ち


バラの刺青  酒乱の悲劇

1956年(第29回)

○八十日間世界一周(1956)C~デヴィッド・ニーヴン、ジュール・ヴェルヌ作の冒険の旅


ジャイアンツ(1956)C~テキサス一家の大河ドラマ、ジェームスディーンの遺作
 

王様と私(1956)C~ミュージカルスタンダード映画


十戒(1956)C~ユダヤ人の歴史、救世主モーゼ
  
友情ある説得

1957年(第30回)

○戦場にかける橋(1957)A~戦争におけるひとつの狂気=おろかしさ


青春物語

サヨナラ(1957)C~マーロン・ブランド、日本人妻、人種差別問題


十二人の怒れる男 

情婦(1958)A~アガサ・クリスティとビリー・ワイルダーのミステリー傑作
 

1958年(第31回)

○恋の手ほどき(1958)C~もうひとつの「マイ・フェア・レディ」


メイム叔母さん

熱いトタン屋根の猫 

手錠のままの脱獄(1958)C~アカデミー賞脚本賞、美しき友情


旅路  

1959年(第32回)

○ベン・ハー(1959)C~ユダヤの元貴族ユダの災難


或る殺人(1959)C~衝動殺人は無罪

アンネの日記 

尼僧物語(1959)D~オードリー・ヘプバーン、実在のレジタンスになった尼僧
 

年上の女 

==
line

2001年アカデミー賞作品賞で思ったこと



第74回アカデミー賞

アカデミー賞作品賞候補は以下の5作品


ビューティフル・マインド(2001)A~実話、統合失調症を克服してノーベル賞


ゴスフォード・パーク(2001)D~全員が主役という映画~ロバート・アルトマン監督


イン・ザ・ベッドルーム(2001)D~復讐の行方


ロード・オブ・ザ・リング

ムーラン・ルージュ

最優秀は「ビューティフル・マインド 」

★総評

文句なし「ビューティフル・マインド 」です。

「ロード・オブ・ザ・リング」はスターウォーズ並みの娯楽作品です。

あとの残りの三作は選定疑問です。

★ この5作で僕的順位

ビューティフル・マインド(2001)A~実話、統合失調症を克服してノーベル賞


ロード・オブ・ザ・リング

ゴスフォード・パーク(2001)D~全員が主役という映画~ロバート・アルトマン監督


ムーラン・ルージュ

イン・ザ・ベッドルーム(2001)D~復讐の行方


===

アカデミー賞作品賞で思ったこと
line

2002年アカデミー賞作品賞で思ったこと



第75回アカデミー賞

アカデミー賞作品賞候補は以下の5作品

シカゴ(2002)A~「リーガルハイ」のようなミュージカル


ギャング・オブ・ニューヨーク(2002)D~レオナルド・ディカプリオ、マフィア以前のニューヨークヤクザ


めぐりあう時間たち


ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔

戦場のピアニスト

最優秀は「シカゴ 」

★総評

僕的には「戦場のピアニスト」ですが、
この手のナチ映画を見飽きた感はあります。

「ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔 」は前年最優秀の続編ですが、
選考委員に人気があるのですね。

★ この5作で僕的順位

戦場のピアニスト


シカゴ(2002)A~「リーガルハイ」のようなミュージカル


めぐりあう時間たち


ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔

ギャング・オブ・ニューヨーク(2002)D~レオナルド・ディカプリオ、マフィア以前のニューヨークヤクザ


===

アカデミー賞作品賞で思ったこと
line

50年代前半アカデミー賞作品賞

.
1950~1954

マイA評価(感動順)

真昼の決闘(1952)A~三大西部劇のひとつ、人間の本性


喝采(1954)A~グレイス・ケリー、あまりに献身的な妻


静かなる男(1952)A~ジョンフォード、アイルランド人情ドラマ


★短評

この年代のノミネート作品は不作のように僕的には感じます。

ノミネートされなかった作品でA評価

雨に唄えば(1952)A~ジーンケリー、ミュージカル映画のスタンダード


愛しのシバよ帰れ(1952)A~子供も愛犬も失くし、夫はアル中の初老女性


第十七捕虜収容所(1953)A~


月蒼くして(1953)A~


裏窓(1954)A~ヒッチコック、のぞき見ものの傑作


グレン・ミラー物語(1954)A~

ダイヤルMを廻せ!(1954)

裸足の伯爵夫人(1954)A~



ローマの休日がアカデミー作品賞を逃した理由


★全作品賞受賞一覧

×:日本未公開 ○:その年の最優秀賞 △:観たいがDVDなし


1950年(第23回)

○イヴの総て

ボーン・イエスタディ(1950)C~コメディ24位、ジュディ・ホリデイ世紀の怪演


花嫁の父(1950)B~エリザベス・テイラー、娘の結婚、父のドタバタ喜劇

△キング・ソロモン

サンセット大通り(1950)B~妄想にとりつかれた、往年の大女優の悲劇


1951年(第24回)


○巴里のアメリカ人(1951)D~ジーン・ケリー、レスリー・キャロン、友人との三角関係


△暁前の決断

陽のあたる場所(1951)B~エリザベス・テイラー、逆玉の輿男の悲劇


クォ・ヴァディス (1951)C~暴君ネロの最後


欲望という名の電車(1951)C~ヴィヴィアン・リー、追いつめられて発狂


1952年(第25回)

○地上最大のショウ(1952)B~チャールトン・ヘストン、サーカス映画のスタンダード


真昼の決闘(1952)A~三大西部劇のひとつ、人間の本性


△黒騎士

赤い風車

静かなる男(1952)A~ジョンフォード、アイルランド人情ドラマ


1953年(第26回)
○地上より永遠に

ジュリアス・シーザー

聖衣(1953)D~イエスを処刑した将軍の苦悩


ローマの休日~アカデミー作品賞を逃した理由


シェーン(1953)B~三大西部劇映画のひとつ、早撃ちの名シーン


1954年(第27回)

○波止場(1954)D~マーロン・ブランド、密告する勇気


ケイン号の叛乱

喝采(1954)A~グレイス・ケリー、あまりに献身的な妻


掠奪された7人の花嫁(1954)C~できちゃった結婚ミュージカル


愛の泉(1954)D~アメリカ女性3人、イタリアでの恋の行方

line

2003年アカデミー賞作品賞で思ったこと


2003年アカデミー賞作品賞で思ったこと

第76回アカデミー賞

アカデミー賞作品賞候補は以下の5作品

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還

ロスト・イン・トランスレーション~どれほど間違って日本が描かれているか


マスター・アンド・コマンダー~英国ラッキー・ジャック艦長の海戦記


ミスティック・リバー~クリント・イーストウッド作品、ショーン・ペン因果応報


シービスケット~競馬実話、あまりの奇跡カンバックに驚き



最優秀は「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」

★総評

圧倒的に「シービスケット」は感動しました。

「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」は確かに壮大なスケールの作品で、
びっくりはしました。
スケールで最優秀賞なんでしょう。

「ロスト・イン・トランスレーション」は舞台が日本でした。

★ この5作で僕的順位

シービスケット

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還

ロスト・イン・トランスレーション

マスター・アンド・コマンダー

ミスティック・リバー

line

40年代アカデミー賞作品賞

.
マイA評価(感動順)

カサブランカ(1943)A~アメリカ人にとって国宝級の映画


素晴しき哉、人生!(1946)A~死ぬまでに観てほしい映画です、人生絶望するなかれ


オール・ザ・キングスメン(1949)A~善人者も悪の独裁者になってしまう


聖処女(1943)A~ルルドの泉の実話


塵に咲く花(1941)A~実在の女性エドナ、私生児救援活動家の自伝


市民ケーン(1941)A~永遠なる映画NO1の座を永年保持する映画


心の旅路(1942)A~記憶喪失もの元祖にして古典的恋愛映画の名作


誰が為に鐘は鳴る(1943)A~ヘミングウェイ、誰のために戦う?


子鹿物語(1946)A~野生動物と少年の名作


我が道を往く(1944)A~ア賞7部門、さりげなく教会を再建していく男


三十四丁目の奇蹟(1947)A~サンタがいる証拠とは


蛇の穴(1948)A~作家志望の主人公が精神病院で体験した自伝


女相続人(1949)A~結婚は愛よりお金?親はどうあるべきか


独裁者(1940)A~チャップリンのヒトラー批判


頭上の敵機(1949)A~実話、米空軍初のドイツ白昼爆撃


牛泥棒(1943)A~「ミスト」のようなリンチの行方


★全作品賞受賞一覧
×:日本未公開
○:その年の最優秀賞
△:観たいがDVDなし


○レベッカ(1940)B~ジョーン・フォンテイン、ヒッチコックタッチの誕生、恋愛ミステリー


海外特派員(1940)C~ヒッチコック、ドイツのスパイとの暗闘


怒りの葡萄(1940)C~アメリカ白人難民時代


独裁者(1940)A~チャップリンのヒトラー批判


恋愛手帖(1940)B~「5時半の気分」と言われたアメリカキャリアウーマンのしたたかな女の道


月光の女(1940)C~射殺された男の行方


果てなき航路(1940)C~ジョン・フォードの「船員はつらいよ」


フィラデルフィア物語(1940)C~ケーリー・グラント, キャサリン・ヘップバーン, ジェームズ・スチュアート、元夫の元鞘作戦

△『我等の町』
△『凡てこの世も天国も』


○わが谷は緑なりき(1941)B~モーリン・オハラ、英国炭鉱一家の思い出


塵に咲く花(1941)A~実在の女性エドナ、私生児救援活動家の自伝


市民ケーン(1941)A~永遠なる映画NO1の座を永年保持する映画


マルタの鷹(1941)C ~米男優ナンバーワンとなったボギーの代表作


ヨーク軍曹(1941)C~第一次世界大戦の米国英雄


断崖(1941)D~疑惑の妄想にかられた妻の恋愛作品

△『我が道は遠けれど』
△『幽霊紐育を歩く』
× Hold Back the Dawn
△『偽りの花園』


○ミニヴァー夫人(1942)C~反戦!戦争はあらゆる人々を巻き込む


嵐の青春(1941)C~ロナルド・レーガン、幼なじみ二人の恋愛の行方


打撃王(1942)C~ヤンキース4番打者ルー・ゲーリッグの一生


心の旅路(1942)A~記憶喪失もの元祖にして古典的恋愛映画の名作


希望の降る街(1942)C~ケイリー・グラント、推理ものラブコメ


ヤンキー・ドゥードゥル・ダンディー(1942)C~ブロードウェイの父と呼ばれた自伝

△『潜水艦轟沈す』
△『偉大なるアンバーソン家の人々』
× The Pied Piper
× Wake Island


○カサブランカ(1943)A~アメリカ人にとって国宝級の映画


誰が為に鐘は鳴る(1943)A~ヘミングウェイ、誰のために戦う?


牛泥棒(1943)A~「ミスト」のようなリンチの行方


聖処女(1943)A~ルルドの泉の実話


ラインの監視(1943)E~ベティ・デイヴィス、映画「ジュリア」のリリアン・ヘルマン作

天国は待ってくれる(1943)B
△『町の人気者』
△軍旗の下に(1943)C
△『キュリー夫人』
× The More the Merrier


○我が道を往く(1944)A~ア賞7部門、さりげなく教会を再建していく男


深夜の告白(1944)D~生命保険金殺人ものの元祖


ガス燈 (1944) C~バーグマン、人心操作サスペンスの元祖?

△『君去りし後』
△『ウィルソン』


○失われた週末(1945)C~アル中の果てに小動物の幻覚が襲う


錨を上げて(1945)C~フランク・シナトラとジーン・ケリー、水兵ラブコメ


白い恐怖(1945)C~ヒッチコック、精神分析サスペンス

聖メリーの鐘(1945)D~「我が道を往く」の続編
△『ミルドレッド・ピアース』



○我等の生涯の最良の年(1946)B~三名の帰還兵の行方


素晴しき哉、人生!(1946)A~死ぬまでに観てほしい映画です、人生絶望するなかれ


子鹿物語(1946)A~野生動物と少年の名作

△『ヘンリィ五世』
△『剃刀の刃』


○紳士協定(1947)B~ア賞作品賞、差別を黙認していることが問題


気まぐれ天使(1948)C~ケイリー・グラント、天使が現れる


十字砲火(1947)C~見事な犯人誘導トリック


三十四丁目の奇蹟(1947)A~サンタがいる証拠とは

△大いなる遺産(1947)C


○ハムレット(1948)C~シェイクスピア、デンマーク王子の仇討ち悲劇


ジョニー・ベリンダ(1948)B~聾唖シングルマザーの行方


赤い靴(1948)B~バレエ映画の最高傑作


蛇の穴(1948)A~作家志望の主人公が精神病院で体験した自伝


黄金(1948)B~ハンフリー・ボガート、砂金に目がくらんで狂っていく



○オール・ザ・キングスメン(1949)A~善人者も悪の独裁者になってしまう


戦場(1949)C~アメリカ陸軍第101空挺師団のバストーニュでの戦闘


女相続人(1949)A~結婚は愛よりお金?親はどうあるべきか


三人の妻への手紙(1949)B~恋愛ミステリーの教科書、誰と駆け落ちしたか?


頭上の敵機(1949)A~実話、米空軍初のドイツ白昼爆撃





line

2004年アカデミー賞作品賞で思ったこと


2004年アカデミー賞作品賞で思ったこと

第77回アカデミー賞

アカデミー賞作品賞候補は以下の5作品


ミリオンダラー・ベイビー~観客置き去りは許せない


ネバーランド(2004)A ~号泣した実話~ピーターパン物語ができるまで


サイドウェイ~寄り道(サイドウェイ)した恋愛


アビエイター(2004)A~奇人の大富豪ハワードヒューズ自伝

Ray/レイ

最優秀は「ミリオンダラー・ベイビー」

★総評

「ネバーランド」は号泣で、
ジョニーディップの素顔の演技は驚きでした。

「アビエイター」は好きな作品ですが、
169分はあまりに長すぎで、
カットできるシーンが多かっただけに、
短くすれば、もしかしたら
レオナルド・ディカプリオの主演男優賞があったかもしれません。
主演男優賞をとったジェイミー・フォックス 「Ray/レイ」よりは、
あきらかに印象的でした。

「ミリオンダラー」は好きな作品ではありません。
後味悪すぎです。

★ この5作で僕的順位

ネバーランド
アビエイター
サイドウェイ
Ray/レイ
ミリオンダラー・ベイビー
line

2005年アカデミー賞作品賞で思ったこと


2005年アカデミー賞作品賞で思ったこと総括


アカデミー賞作品賞候補は以下の5作品

最優秀はクラッシュ


クラッシュ~群集劇の傑作


ブロークバック・マウンテン~ヒース・レジャー、男同士の恋愛の行方


カポーティ~「ティファニーで朝食」が不道徳で発禁本


グッドナイト&グッドラック~赤狩り実話映画~アメリカが北朝鮮になろうとした時があった

ミュンヘン


★総評

「クラッシュ」より「ミュンヘン」が力作だと思いますが
ア賞選考委員はスピルバーグを軽視する傾向にあります。

「ブロークバック・マウンテン」はゲイものですから、
ノミネートされただけでも評価ですね。

「グッドナイト&グッドラック」
赤狩り批判で、アメリカが北朝鮮のようになったことを忘れないように
絶対に必見作品です。
ハリウッド映画関係者に人気のジョージ・クルーニーが監督出演している。
賞を取っていいはずだが。
「シリアナ」でアカデミー助演男優賞受賞と票が割れたし、
同じ赤狩りのテーマの作品は過去に何度も映画化されているからかも?

「カポーティ」  
フィリップ・シーモア・ホフマンが主演男優賞を受賞でお茶を濁した?


★ この5作で僕的順位

グッドナイト&グッドラック

ミュンヘン

カポーティ

ブロークバック・マウンテン

クラッシュ
line

2008年アカデミー賞作品賞で思ったこと


¨
アカデミー賞第81回(2008)の総括

映画浦島太郎です。 

最新作は追いかけません。


2008年の作品賞候補は以下の5作品

スラムドッグ$ミリオネア<最優秀>


ベンジャミン・バトン 数奇な人生


フロスト×ニクソン


ミルク


愛を読むひと



★総評

「スラムドッグ$ミリオネア」の最優秀は文句なしですね。

娯楽性も含めて色んな面からバランスがとても良い映画です。

当時ツタヤ(池袋)で最初に準新作に落ちたのは「ベンジャミン・バトン」。

最後に落ちたのは「愛を読むひと」でした。

個人的に好きな作品と客観的に評価して良い作品は違いますね。

客観性を養う映画力をつけたいと思っています。

人の好み考えなど、なぜ受賞されたかを知ることは大切だと思います。

★最優秀に選ばれなかった僕の推理

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 

原作と違って赤ん坊を捨てるのは許せないと思います。今も怒ってます。

フロスト×ニクソン

今更ニクソンって感じがします。秀作ですが。なぜ選ばれたか疑問。

愛を読むひと

前半に濡れ場が多く、選考会員が敬遠??

ミルク

ゲイものは、選考会員のウケが悪い。


★ この5作で僕的順位

スラムドッグ$ミリオネア<最優秀>

  拍手喝采の作品でした。

愛を読むひと

  最後はホロリとしました。

ベンジャミン・バトン 数奇な人生

  子供を捨ててはいけない。話しはよかったが。

フロスト×ニクソン

  ただの秀作。

ミルク

  ショーンペンはこんな演技もするんだ。




==
line

2009年アカデミー賞作品賞で思ったこと 第82回

アカデミー賞第82回(2009)

アカデミー賞作品賞で思ったこと 

82回作品賞候補は10作

残念ながら「シリアスマン」(コーエン兄弟)
がレンタルされてませんので未見です。

なぜ、ア賞作品賞候補は軽視されるのか?
ア賞作品賞に、ハズレはないです。


2009年(第82回) 作品賞候補

ハート・ロッカー (最優秀)
アバター
しあわせの隠れ場所

第9地区(2009)B~ジンバブエ難民を異星人に見立てて実際にあった南アのヘイト

イングロリアス・バスターズ
プレシャス
カールじいさんの空飛ぶ家
17歳の肖像
マイレージ、マイライフ
シリアスマン


講評
この9作では「アバター」が個人的に最優秀です。

アカデミー賞選考の会員(5千名以上)の好感度からすると
圧倒的文句なしに「ハートロッカー」ですね。

アメリカの苦悩、反戦という作品賞の定義に合致しているからです。
爆弾処理という視点からの反戦、
これまでの作品賞にないオリジナル性が高いですね。

〇最優秀に選ばれなかった僕の推理

アバター 
これまでの作品賞で、宇宙人モノの受賞はありません。
「スターウォーズ」「ET」さえも

しあわせの隠れ場所
黒人の再生もの、会員うけが悪い

第9地区
南アフリカの作品で、「ガンジー」のような民族のテーマでないと難しい
宇宙人モノの受賞はありません

イングロリアス・バスターズ
イタリア映画のリメーク作品、仕置きものは作品賞テーマではないですね

プレシャス
黒人女性の残酷もの、会員うけが悪い

カールじいさんの空飛ぶ家
アニメで選べられただけでも意外、「ハリーとトント」に似ている

17歳の肖像
若気のいたり、イギリス映画、作品賞としては弱い感じ

マイレージ、マイライフ
会員に政治的人気のジョージ・クルーニー主演で候補になったのだろう

シリアスマン
会員うけ絶大のユダヤ、コーエンもの、観れないのが残念

--------------------------------------------------------------------------------

個人短評(好きな順)

アバター 
娯楽的に楽しめる

第9地区
南アフリカのアパルトヘイトの実態をカフカ「化身」のようにした秀作

プレシャス
父に二度も妊娠された娘の女の道、秀作

しあわせの隠れ場所
美談すぎる

マイレージ、マイライフ
既婚のキャリアウーマンに見事に遊ばれた男、作品賞向けではない

イングロリアス・バスターズ
見事な演出だが、作品賞は疑問

ハートロッカー
こんなアメリカに誰がした、リアル、会員ウケは間違いなし

17歳の肖像
印象に残らない、作品賞は疑問

カールじいさんの空飛ぶ家
普通の作品で、作品賞は疑問

line

2013年(第86回)アカデミー賞作品賞で思ったこと

.

DVD派なので

一年遅れて、本当に申し訳ないです。

全作観ましたので一言


ア賞作品賞に、ハズレがないのが持論です。


2013年(第86回) アカデミー賞作品賞

以下のノミート9作で 「それでも夜は明ける」が受賞しました。


あなたを抱きしめる日まで(2013)A~カトリック教会の子供売りの実話


ダラス・バイヤーズクラブ(2013)A~米国医療に挑戦した素人のヒーロー


キャプテン・フィリップス(2013)C~実録、ソマリア海賊襲撃事件方


アメリカンハッスル(2013)C~実話?詐欺師の最後の詐欺


ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013)C~ディカプリオ、株のヤクザ野郎


ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅(2013)C~息子の父孝行物語


ゼロ・グラビティ(2013)C~宇宙からの帰還


それでも夜は明ける(2013)D~自由黒人が奴隷になった災難


her/世界でひとつの彼女(2013)E~人格のある人工知能との恋?


~~~~~~~~

ノミート以外でA評価


ラッシュ プライドと友情(2013)A~実在のF1レーサーの優勝争い




★ノミート全作を観て、以下の2作がベストで、順位がつけられません。


あなたを抱きしめる日まで(2013)A~カトリック教会の子供売りの実話


ダラス・バイヤーズクラブ(2013)A~米国医療に挑戦した素人のヒーロー



★納得ゆかない作品


それでも夜は明ける(2013)D~自由黒人が奴隷になった災難


her/世界でひとつの彼女(2013)E~人格のある人工知能との恋?


★総評

「あなたを抱きしめる日まで」は、カトリック教会批判なので受賞を逃したのだろう。

「ダラス・バイヤーズクラブ」も異端者だからだろう。

======


2012年(第85回)アカデミー賞作品賞で思ったこと



2011年(第84回)アカデミー賞作品賞で思ったこと



=====


line

レイジング・ブル~デニーロ最高作に、実在ボクサーの波瀾万丈




公開から27年後に、再評価されて、永遠の米映画4位になる。

デニーロの作品でナンバーワンに、「タクシードライバー」を抜く。


アメリカ映画ベスト100~アカデミー賞選考会員が選んだ 


.

レイジング・ブル(1980)B


★数行で映画紹介しようよ

舞台はアメリカ

実在のチャンピオン・ボクサー

イタリア系ジェイク・ラモッタ。

黒人隆盛の頃に勝ち続けた男。

しかし異常な猜疑心は、マクベスのごとく。



★ショウトしょうとSHORT

3度目の見直し、今回は再評価の理由を探りました。

以下のクラシックが全編流れます、頭にこびりつきました。

カヴァレリア・ルスティカーナ間奏曲


これってどんな撮影をしたのか、わからないものが多い。

ファイトシーンは白黒、思い出の家族シーンはカラーと使い分けている。

音を消した沈黙の中のシーンも秀逸。

それで、あのデニーロの化けよう。

ラモッタそっくりの太い鼻。



あまりの太りようで、27キロ増量したそうだ。レイジングブル


電話ボックスから見える腹が異常に出ているシーンにはびっくりでした。

これぞ、デニーロアプローチ(完璧な役作り)の完成形。



ネタバレ編



========

★基本情報

原題 Raging Bull

監督
マーティン・スコセッシ

脚本
ポール・シュレイダー
マーディク・マーティン

原作
ジェイク・ラモッタ

出演者
ロバート・デ・ニーロ
キャシー・モリアーティ
ジョー・ペシ
フランク・ヴィンセント
ニコラス・コラサント
テレサ・サルダナ

上映時間
128分

製作国
アメリカ

line

グリーン・デスティニー~剣に生きる男の生きざま

.

グリーン・デスティニー(2000)D


★数行で映画紹介しようよ

舞台は中国

剣の名手と弟子は師匠の仇討を行うが・・・。


★ショウトしょうとSHORT

ワイヤーアクションの技術が評価を受けているようだが

どうも苦手と言うか、しらけました。

話も「スターウォーズ」みたいですね。



ネタバレ編


★仕入れた情報

第73回アカデミー賞で英語以外の言語による作品ながら作品賞ほか10部門で候補にあがり

(監督、脚色、撮影、編集、美術、衣装デザイン、作曲、歌曲、外国語映画)、

外国語映画賞など4部門を受賞した。


========

★基本情報

英題
Crouching Tiger, Hidden Dragon

監督
アン・リー

脚本
ジェームズ・シェイマス
ツァイ・クォジュン
ワン・ホエリン

原作
ワン・ドウルー
『臥虎蔵龍』

出演者
チョウ・ユンファ
ミシェル・ヨー
チャン・ツィイー
チャン・チェン

上映時間
120分

製作国
中国、台湾、香港、アメリカ


line

マスター・アンド・コマンダー~英国ラッキー・ジャック艦長の海戦記

.

マスター・アンド・コマンダー(2003)B


★数行で映画紹介しようよ

英国の伝説艦長ジャック・オーブリー率いる

サプライズ号の乗組員たちの戦い


★ショウトしょうとSHORT

英仏海戦記

さすが、ア賞作品賞候補で、リアルな海戦です。

場所は南アメリカ付近、ガラパゴス諸島とかでてきます。

時代は1800年代、英国も捕鯨していたんですね。

いつから捕鯨禁止となったんでしょう。



ネタバレ編


★仕入れた情報

アカデミー賞10部門にノミネート、うち撮影賞、音響効果賞を受賞。

『南太平洋、波瀾の追撃戦』(The Far Side of the World)をベースに、

『新鋭艦長、戦乱の海へ』(Master and Commander)等数作品のエピソードを取り入れている。

========

★基本情報

原題 Master and Commander
The Far Side of the World

監督
ピーター・ウィアー

脚本
ピーター・ウィアー
ジョン・コリー

原作
パトリック・オブライアン
海洋冒険小説、『オーブリー&マチュリンシリーズ』

出演者
ラッセル・クロウ
ポール・ベタニー

上映時間
138分

製作国
アメリカ
line

トラフィック~巨大麻薬組織の実態

.

トラフィック(2000)C


★数行で映画紹介しようよ

トラフィックとは、アメリカとメキシコを結ぶ巨大麻薬組織のこと。

麻薬組織撲滅の難しさをえがく。

★ショウトしょうとSHORT

衝撃的な作品でした。

麻薬は身近な家庭に迫っている。

組織を撲滅するために、警察は動くが

なかなかうまくゆかない実情がえがかれています。

アカデミー賞の監督賞、助演男優賞、脚色賞、編集賞


ネタバレ編



========

★基本情報

原題 Traffic

監督
スティーブン・ソダーバーグ

脚本
スティーヴン・ギャガン

原作
サイモン・ムーア

出演者
マイケル・ダグラス
ベニチオ・デル・トロ
ドン・チードル
ルイス・ガスマン
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ


上映時間
147分

製作国
アメリカ合衆国



line

アメリカン・ビューティー~ア賞独占の90年代の問題作、家庭崩壊

.アメリカンビューティ


アメリカン・ビューティー(1999)B


★数行で映画紹介しようよ

舞台はアメリカ

90年代、白人家族の行くつく先


★ショウトしょうとSHORT

アカデミー賞作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞、撮影賞を受賞。

二度目の鑑賞です。

10年たっても、まだ覚えている、そんな映画です。

90年代米映画の代表作であることは疑いようのない問題作です。

娯楽作品ではなくて、家族崩壊を、小説風に、驚くべき映像で、描いています。

アメリカの白人家庭で、現実にありえる病みようと崩壊のシナリオ。

全米が震撼させられるほどの痛烈な風刺でした。



ネタバレ編



========

★基本情報

原題 American Beauty

監督
サム・メンデス

脚本
アラン・ボール

出演者
ケヴィン・スペイシー
アネット・ベニング
ソーラ・バーチ
ウェス・ベントリー
ミーナ・スヴァーリ

上映時間
122分

製作国 アメリカ


============


村上サガンの出版物

line

イン・ザ・ベッドルーム~復讐の行方

.

イン・ザ・ベッドルーム(2001)D


★数行で映画紹介しようよ

舞台はアメリカ

息子は射殺されたが

それは事故と判断されて、悩む両親。



★ショウトしょうとSHORT


130分は長すぎで、

映画はカットするものだということを

監督は知らないようだ。 

90分以下にできますね。

アカデミー賞主要5部門にノミネート


ネタバレ編



========

★基本情報

原題 In the Bedroom

監督 トッド・フィールド

脚本
ロバート・フェスティンガー
トッド・フィールド

アンドレ・デュバスの短編"Killing"を下敷きにしたドラマ

出演者
トム・ウィルキンソン
シシー・スペイセク

上映時間 130分

製作国 アメリカ合衆国


============


村上サガンの出版物


line

テンダー・マーシー~ロバート・デュヴァル、カントリー歌手の再生

.

テンダー・マーシー(1983)C


★数行で映画紹介しようよ

舞台はアメリカ

落ちぶれたカントリー歌手であるマックの再起を描く。

★ショウトしょうとSHORT

tender merciesとは「ひどい仕打ち」の意味

過激なシーンは少ないけど、じわりと感動させますね。

ロバート・デュヴァルはギター上手。

本当に歌っているのであれば歌もうまい。


アカデミー賞 
作品賞 ノミネート
主演男優賞 ロバート・デュヴァル 受賞
監督賞 ブルース・ベレスフォード ノミネート
脚本賞 ホートン・フート 受賞



ネタバレ編



========

★基本情報

原題 Tender Mercies

監督 ブルース・ベレスフォード

脚本 ホートン・フート

出演
ロバート・デュヴァル
テス・ハーパー
アラン・ハーバード

上映時間 92分
製作国 アメリカ


============


村上サガンの出版物


line

2011年(第84回)アカデミー賞作品賞で思ったこと

古くて、申し訳ないです。



ア賞作品賞に、ハズレがないのが持論ですが、

2011年は渋柿作品があります。


講評

今回は10作でなくて9作で一番良かったのは




アーティスト~ア賞作品賞は納得のハッピーエンドラブストーリー


納得の最優秀賞でした。

次に良かったのは


ヘルプ~心がつなぐストーリー~黒人家政婦がみた差別の実態本、ベストセラー小説の映画化


白人を馬鹿にした作品だから最優秀賞はないでしょう。



マネーボール~実話、薄給の選手ばかりを集めて大リーグで地区優勝


野球ファンのみ、味わい深い作品ですね。



それ以外の6作品は、とても疑問

「ツリー・オブ・ライフ」は完全渋柿です。



--------------------------------------------------------------------------------

★ひと言(好きな順)


1.アーティスト

文句なし、作品、俳優両方共に最高


2.ヘルプ  心がつなぐストーリー

驚くべき黒人家政婦への人種差別


3.マネーボール

奥深い野球経営の話し


4.戦火の馬

よくできているが、脚本がいくつか納得できず



5.ミッドナイト・イン・パリ


タイムスリップもの、普通



6.ファミリー・ツリー


個人的には、魅入りました


7.ヒューゴの不思議な発明

映像はいいが、話しがつまらない


8.ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

父を事故で亡くして苦しむ少年を二時間もえがく


9.ツリー・オブ・ライフ

こんな映画は許せない

=====


第1回から作品賞の最優秀は全作観ています。



ノミネート作品も50年代から90%は観ています。

全作観たいんですが、DVDもないし、難航してます。


=====
line

声をかくす人~無実の女性がみせしめに、米国で死刑に

.
ロバート・レッドフォード監督の追及する社会正義とは


声をかくす人(2011)A


★数行で映画紹介しようよ

リンカーン大統領暗殺事件に関与したことでアメリカ合衆国連邦政府史上初めて

死刑となった女性であるメアリー・サラット

★ショウトしょうとSHORT

「アラバマ物語」のような、弁護士のジレンマ

「ニュールンベルク裁判」「東京裁判」のような、みせしめ裁判

「グッドナイト&グッドラック」のような「長いものには捲かれろ」

権力に逆らわない、声を隠す人は、日本だけでなくて米国にも大勢いたのですね。

「ダンサーインザダーク」みたいな後味悪さはなかったです。

========

★基本情報

原題: The Conspirator

監督 ロバート・レッドフォード

脚本 ジェームズ・ソロモン
原案 ジェームズ・ソロモン
グレゴリー・バーンスタイン

出演者
ジェームズ・マカヴォイ
ロビン・ライト
ケヴィン・クライン
エヴァン・レイチェル・ウッド
ダニー・ヒューストン
ジャスティン・ロング
トム・ウィルキンソン

上映時間 123分

製作国 アメリカ合衆国
言語 英語

============
line

ヘルプ~心がつなぐストーリー~黒人家政婦がみた差別の実態本、ベストセラー小説の映画化

.

悲惨な話しを笑わせる、心から拍手を送りたいほどの秀作ですね。

泣けました、ア賞作品賞候補は納得です。


ヘルプ~心がつなぐストーリー~(2011)A


★数行で映画紹介しようよ

1960年代南部のアメリカ

白人家庭で家政婦として働く黒人女性の実態を本にしてしまう。

そのこと自体、白人に逮捕、殺されること。

そのような危険な本「ヘルプ」がベストセラーになってしまう。

★ショウトしょうとSHORT

邦題は「ヘルパー」か「ザ・ヘルプ」ですね。

タブーの白人家庭での黒人家政婦差別実態本だから、たちまちベストセラーに。

白人よ、おごれるものは久しからず、黒人を差別したツケは必ず来る。


★EAT MY SHIT

白人にSHITを入れたパイを食べさせた家政婦

理由は

嵐の日に、外にある黒人専用トイレに行くのを、

ためらって、家でしたら、解雇された家政婦が

恨んで、自分のあれ(SHIT)を入れたパイを

元主人(白人)に食べさせた。

白人「おいしい。いったい何をいれたの?」

黒人「ク〇くらえ(EAT MY SHIT)」


★泣けたシーン

白人らの会食中に家政婦(黒人)の娘が訪問したら

それだけで家政婦は解雇


★なぜ南部の白人女性はワイルドか?

南部の白人女性は

黒人家政婦をやとって、家事育児は全部黒人家政婦に任せる。

白人の子の、育ての親は、黒人になるわけで

映画のラストシーンで

解雇されると、白人の子供が行かないでと泣く。

家政婦は言う「あたしの子供、頼みます」


★コーヒー、飲みすぎなの

白人の子供に「なぜ、肌が黒いの?」と聞かれて

「コーヒーの飲みすぎなの」と答えると

子供が驚いてしまう。


★黒人差別の実態

トイレは黒人専用

教科書、洗髪も白人と別

その他いろいろと出てきます。



★原作者キャスリン・ストケット

ミシシッピ州ジャクソンで生まれ育ち、

5年をかけて書き上げた処女小説「ヘルプ」は、

当初は60社のエージェントから出版を断られ続けたが、

2009年にペンギン・ブックスから出版されると

読者の熱烈な支持が口コミで広がっていった。

ニューヨークタイムズ紙のベストセラーリストに

103週間連続でランクイン(シリーズ物以外の小説では異例の超ロングヒット)し、

そのうち6週は第1位にランクされるという大反響を巻き起こす。

本作にもゲスト出演している。

★ア賞

作品賞、主演女優賞、助演女優賞の3部門4ノミネートで、

オクタヴィア・スペンサーが助演女優賞。


========

★基本情報

原題 The Help

監督脚本 テイト・テイラー


原作 キャスリン・ストケット
『ヘルプ 心がつなぐストーリー』


出演者
エマ・ストーン
ヴィオラ・デイヴィス
ブライス・ダラス・ハワード
オクタヴィア・スペンサー
ジェシカ・チャステイン
シシー・スペイセク
マイク・ヴォーゲル
アリソン・ジャネイ

上映時間 146分

製作国 アメリカ合衆国
line

2010年(83回)アカデミー賞作品賞で思ったこと

2010年(83回)アカデミー賞作品賞で思ったこと 

古くて、本当に申し訳ないです。


第1回から作品賞のアカデミー賞作品賞最優秀は全作観ています。

ノミネート作品も50年代から70%は観ています。

全作観たいんですが、DVDもないし、難航してます。


=====

ア賞作品賞に、ハズレがないのが持論です。


2010年(第83回)

講評

10作で一番良かったのは

「キッズ・オールライト」ですが


同性愛ものですから最優秀は無理ですね。

次に良かった


「トイ・ストーリー3」もアニメですから無理ですね


アカデミー賞選考の会員(5千名以上)の好感度からすると

圧倒的文句なしに「英国王のスピーチ」でしょう。


★受賞理由

勝手な想像だが

選考会員の英国賛美病と、他に迷う作品がノミネートされていない。


--------------------------------------------------------------------------------

★★作品賞ノミネート作品で、ひと言(好きな順)

キッズ・オールライト
今までにないテーマで新鮮

トイ・ストーリー3
シリーズ最高傑作

英国王のスピーチ (最優秀)
どもりの治療が面白かった

ザ・ファイター
今までによくある感動をもらう

ブラック・スワン
妄想ものが1作増えた

インセプション
映像がいいのだろう

127時間
単純な話をここまで退屈しないで描く

ソーシャル・ネットワーク
訴訟で財産をえたい我利我利亡者

トゥルー・グリット
どうかリメークしないでほしい

Winter's Bone
暗さをここまで追求した作品もないだろう

以上
line

シカゴ~「リーガルハイ」のようなミュージカル

.

シカゴ(2002)A


★数行で映画紹介しようよ

シカゴでミュージカルスターを

夢見る女性の波乱万丈

★ショウトしょうとSHORT

最初に本作を観た時に体調が悪かったのか

C評価だったが、今回再見してAです。

ミュージカル映画って、嫌いですが

本作は、見事にミュージカル部分を

あらすじに挿入していて、

今まで観たことのない手法です。素晴らしい。

アカデミー賞は納得

受賞:作品賞、助演女優賞、美術賞、衣装デザイン賞、音響賞、編集賞

ノミネート:主演女優賞、助演男優賞、監督賞、脚色賞、撮影賞、歌曲賞



ネタバレ編


★仕入れた情報

ブロードウェイの伝説的振付師・演出家、ボブ・フォッシー
によるトニー賞受賞作『シカゴ』を映像化した作品

近年のアメリカ映画において、
ミュージカル映画はヒット作に恵まれない状況が続いていたが、
そのジンクスを覆した作品とも評価されている。


========
★基本情報

原題 Chicago
監督 ロブ・マーシャル
脚本 ビル・コンドン
原作 ボブ・フォッシー
フレッド・エッブ
原作戯曲
モーリン・ダラス・ワトキンス

出演者
レニー・ゼルウィガー
リチャード・ギア
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
クイーン・ラティファ
ジョン・C・ライリー

上映時間 113分
製作国 アメリカ合衆国

============

by 村上サガンのプロフィール


line

メリー・ポピンズ~ジュリー・アンドリュース、魔法を使える子守

本作でジュリー・アンドリュースが
ア賞主演女優賞をもらっているが
その年のア賞作品賞、監督賞、主演男優賞をとった
傑作「マイ・フェア・レディ」で
オードリーヘップバーンが主演女優賞をとれなかった
因縁の作品


メリー・ポピンズ(1964)D


★数行で映画紹介しようよ

魔法の使える子守、メアリー・ポピンズ

★ショウトしょうとSHORT


「ウォルト・ディズニーの約束」
を、観た。

内容は

パメラ・トラバースが書いた「メリー・ポピンズ」

ウォルト・ディズニーの子供が夢中で、

ディズニーは、子供らに映画化を約束する。

しかし20年もかかっても、パメラがOKせずに

やっと映画化となるが、パメラは無理難題のイチャモンをつける。

実は「メリー・ポピンズ」は未見だったので

観てみました。 

空飛ぶ傘、なんでも出てくるカバン、風向きが変わると立ち去るとか、

その後の作品に影響を与えているのは確かですが、

ミュージカル、アニメ合体映画ですが、

幼い子供が楽しめる程度でした。

本作でジュリー・アンドリュースが

ア賞主演女優賞をもらっているが

疑問ですね。

その年のア賞作品賞、監督賞、主演男優賞をとった
傑作「マイ・フェア・レディ」で
オードリーヘップバーンが主演女優賞をとれなかった。

ジュリーのファンでは、ありますが、

オードリーが可愛そうで、賞を逃がしたのは不公平です。




ネタバレ編



========

★基本情報

原題 Mary Poppins

監督
ロバート・スティーヴンソン (実写)
ハミルトン・S・ラスク (アニメ)

脚本
ビル・ウォルシュ
ドン・ダグラディ

出演者
ジュリー・アンドリュース

上映時間 139分
製作国 アメリカ合衆国

line

深夜の告白~生命保険金殺人ものの元祖

.

深夜の告白(1944)D


★数行で映画紹介しようよ

夫の生命保険金殺人を依頼された間男の行方

★ショウトしょうとSHORT

敬愛するビリー・ワイルダー監督作品

この手の保険金殺人ものは

ヒッチコックがビリーより上ですね。

ただ1940年代製作作品で、その後の

犯罪ものドラマの元祖であるのはたしかで。

フィルム・ノワールの古典は納得。



ネタバレ編



========

★基本情報

原題 Double Indemnity

監督 ビリー・ワイルダー

脚本
レイモンド・チャンドラー
ビリー・ワイルダー

原作 ジェームズ・M・ケイン
『倍額保険』

出演者
バーバラ・スタンウィック
フレッド・マクマレイ
エドワード・G・ロビンソン

上映時間 107分
製作国 アメリカ合衆国
line

アメリカンハッスル~実話?詐欺師の最後の詐欺

.

アメリカンハッスル(2013)C

★数行で映画紹介しようよ

舞台はアメリカ

実際の収賄事件「アブスキャム事件」の裏側

詐欺師が、FBIのおとり調査に協力する。

貸付詐欺師のおとり捜査が

政治家の賄賂、そしてマフィアまで

おとり捜査の網に、ひっかかってしまう。


★ショウトしょうとSHORT

時代は70年代、その頃のヒット曲が

絶え間なく流れ、懐かしすぎです。

裏の裏をかく、詐欺師の手口、あっぱれ。


ネタバレ編



========

★基本情報

原題 American Hustle

監督 デヴィッド・O・ラッセル

脚本 デヴィッド・O・ラッセル
エリック・ウォーレン・シンガー

出演者
クリスチャン・ベール
ブラッドレイ・クーパー
エイミー・アダムス
ジェレミー・レナー
ジェニファー・ローレンス

上映時間 138分

製作国 アメリカ合衆国


line

ゼロ・グラビティ~宇宙からの帰還

.

ゼロ・グラビティ(2013)C


★数行で映画紹介しようよ

事故によって宇宙空間に放り出され、

スペースシャトルも大破してしまった宇宙飛行士と科学者の

サバイバル。


★ショウトしょうとSHORT


40年前の映画「宇宙からの帰還」を

もっとリアルにした感じですね。





ネタバレ編


★仕入れた情報

原題は「グラビティ(重力)」

邦題は「ゼロ・グラビティ(無重力)」

========

★基本情報

原題 Gravity

監督 アルフォンソ・キュアロン

脚本
アルフォンソ・キュアロン
ホナス・キュアロン

出演者
サンドラ・ブロック
ジョージ・クルーニー


上映時間 91分

製作国 アメリカ合衆国  イギリス
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
331位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line