FC2ブログ

LBJ ケネディの意志を継いだ男(2017)C~ジョンソン大統領誕生の裏側

LBJ ケネディの意志を継いだ男
LBJ ケネディの意志を継いだ男(2017)C

★数行で映画紹介しなければ

ジョン・F・ケネディ大統領暗殺を受け、

副大統領から大統領になったLBJリンドン・B・ジョンソン)。

★ショウトしょうとSHORT

黒人差別をなくす公民権法

ケネディは、この法律を提出する決意をすると、

南部は、第二の南北戦争だと、大統領暗殺に。

**

南部出身のジョンソンがなぜ、ケネディの跡を継いだか

ジョンソン「リンカーン大統領! あんたの後始末は、私が」

そして大統領に再出馬しなかったジョンソン。


完全あらすじ


========

★基本情報
原題
LBJ
監督 ロブ・ライナー
脚本 ジョーイ・ハートストーン
製作 マシュー・ジョージ(英語版)
ティム・ホワイト
トレヴァー・ホワイト
ロブ・ライナー
リズ・グロッツァー
製作総指揮 マーティン・シェイファー
エリザベス・A・ベル
出演者 ウディ・ハレルソン
マイケル・スタール=デヴィッド(英語版)
リチャード・ジェンキンス
ビル・プルマン
ジェフリー・ドノヴァン
ジェニファー・ジェイソン・リー
音楽 マーク・シャイマン
撮影 バリー・マーコウィッツ
編集 ボブ・ジョイス
製作会社 アカシア・エンターテインメント
サヴィ・メディア・ホールディングス
スター・スローワー・エンターテインメント
キャッスル・ロック・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 エレクトリック・エンターテインメント(英語版)
日本の旗 ツイン
公開
アメリカ合衆国の旗 2017年11月3日
日本の旗 2018年10月6日
上映時間 97分

製作国 アメリカ合衆国

=====
幻冬舎から出版 映画エッセイ
映画脚本家SAKIの物語
サスペンス、ミステリー、恋愛小説でもあり、映画エッセイでもあり・・・
sakimori200428.jpg
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====

スポンサーサイト



line

ブッシュ(2008)D~大統領ジョージ・W・ブッシュの伝記


ブッシュ(2008)D

★数行で映画紹介しなければ

アメリカ合衆国大統領ジョージ・W・ブッシュの伝記映画

★ショウトしょうとSHORT

お真面目な優等生より かつて不良の方が人間味がある。

あっさりしたストーリーで、がっかりです。

奥様がアデマン、勝利の女神だったのですね。


完全あらすじ


★仕入れた情報

日本版の予告編では「世紀のKY(靴よけ)男 ブッシュ」という文字が出る
========

★基本情報
原題  W.
監督 オリバー・ストーン
脚本 スタンリー・ワイザー
製作
ビル・ブロック
エリック・コペロフ
ポール・ハンソン
モリッツ・ボーマン
スタンリー・ワイザー
製作総指揮
アルバート・ヤン
トーマス・スターチ
エリオット・ファーワーダ
ジョニー・ホン
テレサ・チャン
トム・オルテンバーグ
クリストファー・マップ
デイヴィッド・ウィーリー
マシュー・ストリート
ピーター・グレイヴス
出演者 ジョシュ・ブローリン
エリザベス・バンクス
音楽 ポール・カンテロン
撮影 フェドン・パパマイケル
編集 ジョー・ハッシング
ジュリー・モンロー
配給 アメリカ合衆国の旗 ライオンズゲート
日本の旗 角川映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2008年10月17日
日本の旗 2009年5月16日
上映時間 129分
製作国 アメリカ合衆国
=====
幻冬舎から出版 映画エッセイ
映画脚本家SAKIの物語
サスペンス、ミステリー、恋愛小説でもあり、映画エッセイでもあり・・・
sakimori200428.jpg
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====

line

ゴーストライター(2010) D~サマンサ(キム・キャトラル)が新鮮

ゴーストライター(2010) D

元イギリス首相のゴーストライターとして雇われた男が、
国家を揺るがすある秘密に触れてしまう様を描く

サスペンス作品だそうで、
最初の5分で
だいたいあらすじがわかってしまった。
「あ~ つまらん」
あとは退屈でしかなかった。

「セックス・アンド・ザ・シティ」の
サマンサ(キム・キャトラル)が新鮮でした。


==============

ネタバレあらすじ(執筆中)
==============
原題
The Ghost Writer
監督 ロマン・ポランスキー
脚本 ロバート・ハリス
ロマン・ポランスキー
原作 ロバート・ハリス
製作 ロベール・ベンムッサ
ロマン・ポランスキー
アラン・サルド
製作総指揮 ヘニング・モルフェンター

キャスト
※括弧内は日本語吹替

ゴーストライター - ユアン・マクレガー(森川智之)
アダム・ラング元首相 - ピアース・ブロスナン(てらそままさき)
アメリア・ブライ - キム・キャトラル(西村野歩子)
ルース・ラング - オリヴィア・ウィリアムズ(幸田直子)
ポール・エメット - トム・ウィルキンソン(喜多川拓郎)

音楽 アレクサンドル・デプラ
撮影 パヴェル・エデルマン
編集 エルヴェ・ド・リューズ
配給 日本の旗 日活
公開 ドイツの旗 2010年2月12日
(第60回ベルリン国際映画祭)
ドイツの旗 2010年9月18日
フランスの旗 2010年3月3日
イギリスの旗 2010年4月16日
日本の旗 2010年10月27日
(第23回東京国際映画祭)
日本の旗 2011年8月27日
上映時間 124分
製作国 フランスの旗 フランス
ドイツの旗 ドイツ
イギリスの旗
line

嘘はフィクサーのはじまり(2016)E~リチャード・ギア、友人がイスラエルの首相になった行方

嘘はフィクサーのはじまり(2016)E

★数行で映画紹介しなければ

友人がイスラエルの首相になった行方

★ショウトしょうとSHORT

これで、映画にするんですね。

わかりづらいし、すぐ忘れてしまう映画です。


完全あらすじ


========

★基本情報
原題
Norman: The Moderate Rise and Tragic Fall of a New York Fixer
監督 ヨセフ・シダー
脚本 ヨセフ・シダー
製作
ミランダ・ベイリー
ローレンス・イングリー
デヴィッド・マンディル
オーレン・ムーヴァーマン
エヤル・リモン
ギデオン・タドモア
製作総指揮
ジム・カウフマン
アマンダ・マーシャル
キャロライン・カプラン
ミハル・グレイディ
マイルズ・ネステル
リサ・ウィルソン
出演者
リチャード・ギア
リオル・アシュナケージ
ハンク・アザリア
スティーヴ・ブシェミ
シャルロット・ゲンズブール
マイケル・シーン
ダン・スティーヴンス
音楽 三宅純
撮影 ヤロン・シャーフ
編集 ブライアン・A・ケイツ
製作会社
タドモア
コールド・アイアン・ピクチャーズ
The Rabinovich Foundation
The Jerusalem Film Fund
Keshet International
配給
イスラエルの旗 ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
アメリカ合衆国の旗 ソニー・ピクチャーズ・クラシックス
日本の旗 ハーク
公開
アメリカ合衆国の旗 2016年9月3日 (テルライド)
イスラエルの旗 2017年3月8日
アメリカ合衆国の旗 2017年4月14日
日本の旗 2018年10月27日
上映時間 117分
製作国 アメリカ合衆国
イスラエル
=====

映画脚本家SAKIの物語
sakimori440.jpg

=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====

line

オール・ザ・キングスメン~清き政治などありえない

.

オール・ザ・キングスメン(2006)D


★数行で映画紹介しなければ

地方の一活動家から理想に燃えて州知事となるも

政治的駆け引きと、そのための裏工作にのめりこんでいく男と、

彼に付き添うジャーナリストの人生が交錯し、悲劇が生まれる。

★ショウトしょうとSHORT

本作は1949年版とは印象が違い、ショーペンの演技だけが良かったです。

リメークとは言えない感じですね。

1949年版は、アカデミー賞(作品賞・主演男優賞・助演女優賞)をとっていて、

見ごたえがありました。

政界浄化を唱え知事選にうって出たが、二度の落選で理想主義を地にまみれさせ、俗物に堕ちて行く様を、
初めは彼に共感し取材を始めた記者(J・アイアランド)の視点から描く。
やがて、汚い手口で知事になったスターク(ブロデリック・クロフォード)は、
彼に反対する人達を力で封じ込める独裁者になっていた。
大変な愛妻家でもあった彼だが、やがて愛人もできて妻を裏切る様になる…。

テーマは、この映画の以下のセリフが物語る。
悪から善が生まれる。
卵は割らなければオムレツは作れない。
誰でも過ち(悪)を犯す、その償いのために善を行う。

この映画を見て、トラボルタ主演の「パーフェクト・カップル」を連想しました。



完全ネタバレ編


★仕入れた情報

1949年版では権力欲にとりつかれた州知事と描かれており、2006年版とは趣を異にしている。

各種媒体において本作品(2006年版)が1949年版の「リメイク」と紹介されることが多いが、

監督のザイリアンは1949年版を見ておらず、原作に忠実に脚本化したと語っている。

========

★基本情報

原題 All The King's Men

監督脚本
スティーヴン・ザイリアン

出演者
ショーン・ペン
ジュード・ロウ
ケイト・ウィンスレット
アンソニー・ホプキンス
上映時間 128分

製作国 アメリカ合衆国

============

コメントは、こちらにメールください
77hikoboshi@gmail.com


エッセイ「恋愛映画を話そうよ」Amazonで出版


過去3年、600本からマイベストです。


俳優別映画一覧


恋愛映画1600本~アイウ順索引


村上サガンの出版物






line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line