ラッキーとは何か~マフィアのボスになった日本人



ラッキーとは何か

~マフィアのボスになった日本人

ラッキーからの横道は
これで最後です。

モンタナ・ジョーと呼ばれた日系人

日本名「衛藤 健」

賭博場でのカードさばきが絶妙で
あっというまにマフィアのボスになる。
その地位はバラキより断然上の大ボス。

最終的にはマフィア大幹部になるが
敵も多くなり命を狙われるが
ラッキーな男で不死身である。

陰謀でバラキと同じ
<リンゴ箱の中>の
一人とみられて、
身を案じて
警察に投降して
軍管理下の施設で
85歳の人生を全うする。

あのほとんど戦死した2世部隊に入り
イタリア戦線で活躍して
数々の危険をくぐり抜けた
ラッキーな男には違いない。

参考
映画『モンタナ・ジョー』
『モンタナ・ジョー - マフィアのドンになった日本人』、村上早人、小学館
スポンサーサイト
line

ラッキーとは何か~リンゴ箱は全部処分



ラッキーとは何か~リンゴ箱は全部処分

ルチアーノは根回し上手

秀吉みたいだ。

信長のあとの後継者会議も
柴田以外は完全に根回しされていた。

総統になったマランツァーノが
恐れていたのはルチアーノで
彼は殺し屋をやとう。

ルチアーノも準備していて
根回しも完全で
マランツァーノの幹部さえも
根回しが終わっていた。

マランツァーノは学者のようで
他のものには畏敬に思われ
シーザーになろうとした者は
暗殺される運命にある。

映画「バラキ」では
警察に紛争した二人の殺し屋に
暗殺されてしまう。

映画「モブスター」では
ルチアーノと対決して
窓から落とされるが
これは史実ではないだろう。

映画「ゴッドファーザー」でも
警官に扮する殺し屋がでてきますね。

ルチアーノは総統にならないで
合議制でマフィアを仕切った。
このルチアーノも国外追放になり、
マフィアに混乱の時代が到来する。

バラキは陰謀事件に巻き込まれる。

他のマフィアメンバーは警察に捕まるが、
バラキだけは逃げ足早く逃亡する。
それがあだとなって、
ボスから裏切り者とみなされる。

バラキは「俺は裏切っていない」とボスに直訴する。
するとボスが
「腐った林檎が一個でも見つかったら、
その林檎箱は全部処分しなければならない」と言う。

バラキは納得しないで
警察に投降してしまう。
マフィアのことを全部さらけ出し、
彼の議会証言がテレビで放送された。
バラキは軍隊監視下の病院で
暮らして人生を全うする。

ヤクザの世界はいさぎよい。

八百長問題があれば
全部処分するしかないかもしれない

今回も横道で
ラッキーから外れたが
次回にマフィアにいた日本人のボスで
横道を終わりにします。
line

ラッキーとは何か マフィアの総統と呼ばれた男



ラッキーとは何か 

マフィアの総統と呼ばれた男

バラキというのは
マフィア全盛時代に
実在した人物で、
彼は逃げ足だけは
早いのが取り柄。

サルヴァトーレ・マランツァーノ
の運転手として
マフィア世界で
成り上がっていく。

サルヴァトーレ・マランツァーノは
6ヶ国語に精通していて、
ローマ帝国のジュリアス・シーザーの信奉者である。
彼の書斎の壁4面すべてに本棚がそなえてあり
ジュリアス・シーザー関連の本で埋め尽くされていたという。
それらの本をラテン原語で読む教養人で
禁欲的な知識人であり、
生まれながらの戦士であると言われている。

映画バラキでも
そのマランツァーノの教養ぶりがでてくるが
神父の資格もあったようだ。

マランツァーノはジョー・マッセリア
との関が原の戦いを行っていた

マッセリアの部下ラッキー・ルチアーノに
マッセリアを裏切るように言うが、
裏切りに乗らなかったため彼を拷問にかけ、
顔に一生残る傷をつけた。

この部分は映画「バラキ」
では出てこないが

映画「モブスターズ」では
ルチアーノは友人や仲間を裏切るくらいならば
死を選ぶと裏切らなかった。
マランツァーノに捕らえられ
リンチを受けて半死状態で捨てられる。
担ぎ込まれた病院で医師も見放し、
生き返らないと思われたが奇跡的に生き返る。
そこから「ラッキー」と呼ばれるようになる。

その後は
映画「バラキ」によると

この関が原の戦いが
あまりに死傷者がでるので
ルチアーノら幹部はボスに和睦を求めるが
ボスが応じないために
ルチアーノは自分のボスマッセリアを
自ら殺すことで、
この戦いに終止符をうつ。

そしてマランツァーノは
マフィアの総統になる。

ボスの中のボスを総統と呼んだ。
シカゴのアルカポネなどを
統率する大ボスだ。

line

ラッキーとは何か ラッキー・ルチアーノ



ラッキーとはなにか ラッキー・ルチアーノ

ラッキーと呼ばれる人は
もう生まれたときから
ラッキーのようだ。

私達凡人とは最初から違う。
だから言えることは
ラッキーかどうか
いち早く見抜いて
その人についてゆくことが
ラッキーになるのでは
ないでしょうか

実在のラッキー・ルチアーノが
数多く登場する映画は

「コーザ・ノストラ?(1973) 」
「バラキ(1972)」
「モブスターズ/青春の群像?(1991)」
の三作でしょう。

「ゴットファーザー1(1972)」
は架空の話しである。
ドン(ヴィトー・コルレオーネ)から
受け継ぐ2代目
マイケル・コルレオーネ
(アル・パチーノ)が行う
ニューヨーク五大ファミリーのドン一掃は
ラッキー・ルチアーノを彷彿とさせる。


何度も死にかけた(殺されかけた)けれども
そのたびに生き残ったのでラッキーと
呼ばれるようになった彼は

仁義を守る。
トップに立とうと思わない。
次郎長に近い?

ルチアーノと豊臣秀吉の共通点は
無駄な争いはしないこと。
これが頂点にのしあがる常道だと思う。

信長のような
マフィアの初代総統を暗殺して
実質トップに立つが
彼は委員会合議制とする。
約15年その代表として君臨して
65歳心臓病でなくなる。
その配下にアル・カポネなどの
名だたるボスがいた。

次回はラッキーから横道に外れて
映画
「バラキ(1972)」
「モブスターズ/青春の群像?(1991)」
「ランスキー(1999)」
についての紹介です。

line

ラッキーとは何か ~映画「バラキ」のラッキールチアーノ



ラッキーとは何か ~映画「バラキ」のラッキールチアーノ

映画「バラキ」(1972)

監督: テレンス・ヤング.
出演: チャールズ・ブロンソン, リノ・ヴァンチュラ,

歴史上の人物の自伝などを
映画で観ていて
この人ラッキーだと
思えることはないでしょうか

僕がこれまで
思った人物は

ラッキー・ルチアーノ
エリザベス女王
豊臣秀吉
東郷平八郎
淵田美津雄

です。

どうしてこの人達だけ
ラッキーなんだろう
それが不思議に思えるのです。

「バラキ」に登場する
ラッキー・ルチアーノ

あくまでも映画を通してなので
実像はかなり歪んでいるかもしれません。
でも本当の彼を知っている人は
いるのでしょうか?

実名チャールズ・ルチアーノ
Charles "Lucky" Luciano,
本名 サルヴァトーレ・ルカーニア 
Salvatore Lucania,
1897年11月24日 - 1962年1月26日
アメリカ合衆国のイタリア系犯罪組織
マフィア(コーサ・ノストラ)の
最高幹部で組織改革者。
犯罪シンジケートの立案者・実力者で
マフィア史上最大の大物といわれる人物。

映画は
組織に裏切られたマフィア幹部バラキが、
FBIに“コーザ・ノストラ”の実態を告白する。
バラキが組織に拾われ、
ニューヨークのマフィア抗争で
活躍するまでを回想形式で語る

ほとんど実話だと思います。

この中でルチアーノが出てくるんですが
あっというまに
彼に興味を持つようになりました。

マフィアの彼が登場する時代は
まさに日本で言うと戦国時代。
そこに登場した
豊臣秀吉のような感じ。

秀吉は猿と愛嬌がありますが
ルチアーノは完全クールで
物腰はやわらかな優男
底に秘めた冷酷
そんな感じです。

映画「ゴッドファーザー」
のモデルになった人物ですね。

アンジェロ・インファンティ
が演じていますが
しびれました。
ルチアーノご本人も、
この映画を観て
「オレ、ここまでコワモテじゃない!」
と言ったそうだ。
line
line

FC2Ad

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
299位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
カテゴリ
line
総アクセス数
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line