fc2ブログ

劇場(2020)〜現在作業中

ABCDEFG
劇場(2020)〜現在作業中

★数行で映画紹介しなければ
又吉直樹が、『火花』よりも前から書き始めていた

★ショウトしょうとSHORT
無名の脚本家 女の家で働かないでヒモ暮らし
先の展開がすぐわかるし
以前にも同じようなストーリーはある。

サキは結婚してほしいが
男は結婚したくない。
すれ違い。

========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
監督 行定勲
脚本 蓬莱竜太
原作 又吉直樹『劇場』
製作 谷垣和歌子
新野安行
製作総指揮 坂本直彦
古賀俊輔
出演者 山﨑賢人
松岡茉優
寛一郎
伊藤沙莉
上川周作
大友律
井口理 (King Gnu)
三浦誠己
浅香航大
音楽 曽我部恵一
撮影 槇憲治
編集 今井剛
制作会社 ザフール
製作会社 「劇場」製作委員会
配給 吉本興業
公開 日本の旗2020年7月17日
上映時間 136分

★概要ネタバレ
高校時代に野原(寛一郎)と出会った永田(山﨑賢人)は、
知識豊富な野原に刺激され文章を書くようになっていました。
上京後、ふたりで「おろか」という劇団を旗揚げしたもののその評価は酷評ばかり。

そんな中、永田は青森出身の沙希(松岡茉優)という女性に出会い声をかけます。
劇団員に愛想を尽かされた永田でしたが、一方で沙希をデートに誘い、
気が合ったふたりはやがてつきあうようになります。

新作の原稿を野原にみせた永田はその女優に沙希を推し、最初は拒んでいた沙希も演じてみたら役に見事にはまり、その芝居『その日』は評判になります。おかげで劇団は定期的に公演ができるようになりましたが、永田はその後沙希を役者として使うことはしませんでした。稽古日が増えてバイトできなくなった永田はお金がなくなり、下北沢の沙希のアパートへと転がり込みます。

次第に沙希の存在は、永田にとってかけがえのないものとなっていきます。永田はヒモのような現状にコンプレックスを感じていましたが、そんな彼を沙希は徹底的に甘やかすのでした。


劇場のネタバレあらすじ:承
ある日、沙希は男友だちに原付きバイクをもらってきます。見知らぬその男に嫉妬し、無邪気にはしゃぐ沙希に腹を立てた永田は隠れてバイクを破壊し、転んで壊れたと嘘をつきます。沙希はひどく落ち込み、深いため息をつきます。

学校に行かなくなった沙希は、朝から洋服屋で働き、夜は居酒屋でアルバイトをする生活を始めました。それでも永田は生活パターンを変えず、夕方起きて散歩して、ほとんど何も思いつかないまま部屋に帰るという生活を続けていました。光熱費だけでも払ってもらえないかという沙希をごまかし、そういう話をさせないよう永田はずっと物憂げな表情をしていました。

年が明け、永田は野原と「まだ死んでないよ」という劇団の芝居を見に行きます。その客席には評論家や劇作家、俳優などが並び注目度の高さがうかがえます。終演後、永田の目からは自然と涙が落ちていました。

「次元が違う」

永田は生まれて初めて演劇をみて泣きました。
その作者、小峰(井口理)が自分と同じ年だと知ると永田は純粋に嫉妬し、自分の根幹が揺らぐ感覚を覚えるのでした。


かつての劇団員、青山(伊藤沙莉)と会った永田は、彼女にライターの仕事を頼まれそれを承諾します。安い原稿しか回ってこないものの、借金をしてでもひとり暮らしをすることを永田は決めました。一番の理由は、沙希の存在が創作の邪魔になると思うようになったからです。

沙希は永田の手をつかみ、「家具や本はそのまま置いといて」と悲しそうに言います。
高円寺のアパートに移った永田はなぜかほっとしていました。

永田は青山に誘われて出版・演劇関係者の飲み会に参加しますが、評論家相手につい大人げない対応をしてしまい青山に注意されます。沙希の顔が見たくなった永田はアパートを訪れなぐさめてもらいます。翌朝、永田は沙希が働いている店に小峰がよく来ていること、そして劇団員がいっしょに働いていることを知ります。

青山に会った永田は、青山が沙希をよく知っていること、そして沙希がよく彼氏(永田)の話しをしていると聞き、バカにされているような気分になります。そのことで沙希を責め、永田は沙希のアパートから足が遠のきます。ただ、酒に酔って気が大きくなるとそっと部屋に入って添い寝をし、朝になってバツが悪いと寝たフリをしてごまかすのでした。

そんな生活の中、沙希は次第に酒の量が増え、帰りが遅いことも多くなりました。

あるとき、沙希が居酒屋の店長と芝居を見に行ったことを知ると永田はひどく不機嫌になりました。沙希も酔っていて、永田が嫌がることをわかった上でその芝居のことをほめました。逆上した永田は物を壁に投げつけて暴れますが、沙希は「何考えてるのかわかんないよ!」と泣き叫ぶのでした。


劇場の結末
大切な話があります、という沙希のメールを数週間無視し、今後のことを話し合いたいというメールにも返信していなかった永田は、沙希の働く居酒屋へ迎えにやってきました。

沙希はすでに店長と帰ったあとで、そこにいたのは劇団「まだ死んでないよ」の役者、田所(浅香航大)と劇団の仲間たちでした。小峰に心配されながら激励された永田は逃げるようにその場を離れ、沙希を探しに店長の家があるという地区に向かいました。沙希を呼び出すことに成功した永田は、沙希を自転車の後ろに乗せて桜を見に行きます。永田はずっと何かを取り繕うように思い出をしゃべり続け、無言で頑なだった沙希はやがて永田の背中に顔を埋めて寄り添うのでした。

しかし、梅雨の頃には沙希の酒量はますます増え、トラブルに巻き込まれてしまいます。そのことを知った永田はその相手のところに怒鳴り込みに行こうとしますが、事情を知った青山と野原に止められ、沙希と別れてあげてほしいと言われます。

冷静になって沙希の部屋に戻った永田に、沙希は実家に帰ろうと思うと告げました。

アパートの荷物はそのままにして実家に戻った沙希からは、体調がよくなったというメールが届くようになりました。結局、沙希は実家近くの会社で働くことになり、永田は沙希の部屋でひとり荷造りをしています。押し入れになったダンボールの中から、沙希と演じた芝居『その日』の原稿やチラシ、台本が出てきました。「永くんすごい!」という書き込みを見た永田には、後悔の念がこみ上げます。

沙希が到着し、久しぶりに会うふたり。いっしょに荷造りをしながら、永田は『その日』の台本を沙希に見せます。そこでふたりでセリフを読み合い、今の別れの状況にあまりにもよく似た台本に、ふたりは自分の思いを乗せて語り始めます。迷惑をかけたことをあやまる永田。沙希は、永くんは悪くないと答えます。自分が勝手に焦っただけだ、と。永くんがいなかったらもっと早く帰っていた、東京にきて永くんに会えて本当によかった、と沙希は言います。沙希に促され、永田は続けます。
「演劇だったら何でもできる」
永田は、これから実現させたいことを次々に挙げていきます。


実家に帰った沙希が元気になり、いっしょにおいしいものを食べに行く。温泉に行って、それから海外にも行ってテーマパークに行こう。乗り物に2回ずつ乗って…

いつしか部屋の壁は倒れ、ふたりは劇場の舞台の上にいます。

永田は、自分が贈った財布を沙希が落としたときの話を始め、財布を買おうと言います。その姿を客席で見つめる沙希の目から涙が流れ落ち「ごめんね」と。

すると舞台上の沙希が「ごめんね」と言い、永田はセリフを続けます。「終わったらまっすぐ帰るよ。こんなあたりまえのこと、なんでできなかったんだろう?沙希はおかえりって言えるよね」。沙希「ごめんね」。永田「帰ってきたら梨を食べよう。今度は俺がむくから」。

それを聞いた客席の沙希は泣き、舞台は暗転します。

再び明るくなった舞台上には、かつてお気に入りだったサルの面をつけた永田の姿がありました。その面をつけておどけると、沙希は屈託なく笑っていたものです。何度も「バァ」とおどけ、ようやく客席の沙希に笑顔が戻りました。

客席からは拍手が起こり、舞台は終わりました。舞台でおじぎをするのは永田、沙希、野原、そして青山らかつての劇団員と「まだ死んでないよ」の小峰と田所の姿もありました。
やがて観客がすべて去り、ひとり残った客席の沙希は、誰もいなくなった自分の部屋のセットをじっと見つめ、そして立ち去るのでした。

以上、映画「劇場」のあらすじと結末でした。
THE END
=====
観た一万本の映画を整理中 解説付きで

筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
スポンサーサイト



line

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密(2022)〜現在作業中

ABCDEFG
ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密(2022)〜現在作業中

★数行で映画紹介しなければ
本作は、前作『黒い魔法使いの誕生』の出来事から数年後の1930年代、ブラジルのリオデジャネイロとドイツのベルリン、そしてイギリス、アメリカ合衆国を舞台に、魔法界が第二次世界大戦に参戦するまでの物語。

★ショウトしょうとSHORT

========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
Fantastic Beasts:
The Secrets of Dumbledore
監督 デヴィッド・イェーツ
脚本 J・K・ローリング
スティーヴ・クローヴス
原案 J・K・ローリング
製作 デヴィッド・ハイマン
J・K・ローリング
スティーヴ・クローヴス
ライオネル・ウィグラム
ティム・ルイス
製作総指揮 ニール・ブレア
ダニー・コーエン
ジョシュ・バーガー
コートニー・ヴァレンテ
マイケル・シャープ
出演者 エディ・レッドメイン
ジュード・ロウ
エズラ・ミラー
ダン・フォグラー
アリソン・スドル
ウィリアム・ナディラム
カラム・ターナー
ジェシカ・ウィリアムズ(英語版)
ヴィクトリア・イェイツ
ポピー・コービー=チューチ
フィオナ・グラスコット
キャサリン・ウォーターストン
マッツ・ミケルセン
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
撮影 ジョージ・リッチモンド(英語版)
編集 マーク・デイ
製作会社 ヘイデイ・フィルムズ
配給 ワーナー・ブラザース・ピクチャーズ
公開 日本の旗 2022年4月8日
アメリカ合衆国の旗 2022年4月15日
上映時間 143分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国

★概要ネタバレ
ニュート・スキャマンダーは調査に訪れた先で、心清き者にひざまずく習性を持つ魔法動物「麒麟」と出会う。麒麟はニュートの目の前で出産するが、その時突然現れた魔法使いたちによってその麒麟は殺され、子供の麒麟は連れ去られる。ニュートは、殺された麒麟の傍らに子供がもう一匹生まれているのを見つけ、引き取る。

そのころ魔法界では、指導者アントン・フォーゲルの任期満了に伴い、次期指導者を決める選挙が行われようとしていた。急速に勢力を拡大していた闇の魔法使いゲラート・グリンデルバルドもその選挙に立候補する。ニュートとアルバス・ダンブルドアたちはグリンデルバルドの指導者就任を阻止しようと動きだすが、グリンデルバルドの息のかかったフォーゲルは、グリンデルバルドの罪を証拠不十分として取り下げる。

グリンデルバルドは、麒麟を殺してその死体を操り、観衆の前でひざまずかせることで自らを指導者に仕立て上げようとしていた。ところが、ニュートたちが生き残ったもう一匹の麒麟を連れてきたことでその企みは阻止され、ヴィセンシア・サントスが新たな指導者に選ばれる。グリンデルバルドは血の誓いを破ってダンブルドアと戦うが、二人は互いの心臓の鼓動を感じて戦いをやめ、グリンデルバルドは再び追われる身となる。
THE END
=====
観た一万本の映画を整理中 解説付きで

筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
line

ベイビー・ブローカー(2022)C〜現在作業中

ABCDEFG
ベイビー・ブローカー(2022)C〜現在作業中

★数行で映画紹介しなければ
親が育てられない新生児を預かる「ベイビー・ボックス」に預けられた1人の赤ちゃんを巡って、善意と悪意が絡まりながら色んな思惑を持った人々の姿を描き出す人間ドラマ

★ショウトしょうとSHORT

前半「三人の名付け親」風に展開
しかし 後半 読めない展開に
さすが是枝さん



========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
監督 是枝裕和[1]
脚本 是枝裕和
製作 ユージン・リー[2]
出演者 ソン・ガンホ
カン・ドンウォン
ペ・ドゥナ
イ・ジウン
イ・ジュヨン
音楽 チョン・ジェイル(朝鮮語版)[3]
撮影 ホン・ギョンピョ[4]
編集 是枝裕和[1]

製作会社 ZIP CINEMA
配給 大韓民国の旗 CJエンタテインメント
日本の旗 ギャガ
アメリカ合衆国の旗 Neon
公開 大韓民国の旗 2022年6月8日
インドネシアの旗 2022年6月15日
香港の旗 シンガポールの旗タイ王国の旗 2022年6月23日
日本の旗ベトナムの旗中華民国の旗 2022年6月24日
アメリカ合衆国の旗 2022年12月26日
上映時間 129分
製作国 大韓民国の旗 韓国

★概要ネタバレ
ある土砂降りの日に、若い女性が「赤ちゃんポスト」の前に、赤ん坊を置き去りにしていく。その様子を遠くから二人の刑事が観察をしていた。刑事のスジンは、後輩の刑事に女性の尾行を命じ、赤ん坊を「赤ちゃんポスト」へ入れる。施設の中には、若い青年のドンスと中年のサンヒョンがいた。二人は、施設の職員をしながら、赤ん坊を売る「ベイビーブローカー」の仕事もしていた。

赤ちゃんを回収すると、中にはメモが入っており、「必ず迎えに来る」というメモが残されていた。ところが、施設育ちのドンスは、母親が迎えに来ることはないということを知っていた。そんなドンスの予想とは裏腹に、翌日に母親が赤ちゃんを施設に迎えに来る。ところが、ドンスとサンヒョンは既に赤ん坊を施設内で預かっていないと伝える。そのことに気が付いた母親のソヨンは、警察に通報しようとする。仕方がなくソヨンを赤ちゃんのもとへと案内し、自分たちのもう一つの仕事を伝える。ソヨンは、そんな二人にうんざりしながらも、赤ちゃんの育て親を探す旅に出たいと伝える。

スジンとイ刑事は、人身売買の容疑でドンスたちを逮捕しようとしており、旅に出るソヨンたちを尾行する。まずソヨンたちは、漁港へ行き、赤ちゃんを買ってくれそうな夫婦に会う。ところが、赤ちゃんの顔を見た夫婦は、赤ちゃんの顔にケチをつける。自分の赤ちゃんを馬鹿にされたソヨンは激怒し、交渉は決裂してしまう。

続いて一行は、ドンスの生まれ育った施設へ向かう。ドンスの来訪に施設の子どもたちは、大喜びで迎え入れる。施設の子どもたちの境遇について、改めて知ることになった一行。話の中で、赤ちゃんを捨てようとするソヨンと、ドンスは口論になってしまう。その日の夜にソヨンとドンスは、お互いに謝罪し和解をする。

一行が次の買い手のもとへ向かう車に誤って施設の子のヘジンが紛れ込んでしまう。ヘジンは、施設の暮らしにうんざりしており、抜け出したいと前々から思っていたのである。ヘジンの目的を知った一行は、ヘジンをひとまず旅に同行させるのであった。

刑事のスジンは、一行を逮捕するため、おとりの買い手夫婦を用意する。ところが、この夫婦がおとりであると、ドンスに見破られてしまう。

他の里親候補が出てくるのを待つサンヒョンたち。コンビニにソヨンが一人で行った際に、刑事が待ち伏せており、ソヨンにとある提案を持ちかける。実はソヨンは、ヤクザの男であり、赤ちゃんの父親でもある男を殺害していたのである。ソヨンがサンヒョンたちの逮捕に協力すれば、ソヨンとウソンの身の安全を保証するというものであった。

サンヒョンは、ソヨンの帰りが遅いということで、ソヨンの裏切りを勘付き始める。サンヒョンたちのもとに戻ってきたソヨンは、サンヒョンたちに刑事からの提案をすべて打ち明ける。ドンスは、車に取り付けられたGPSを取り外し、車ではなく電車で移動し、ウソンの育て親候補に会いにソウルへ行くのであった。

一行がソウルへ到着すると、ウソンの育て親候補に会いに行く。人柄の良さそうな夫婦で、ウソンを大切に育てることを約束してくれる。一晩じっくり考えさせてほしいとソヨンに伝える。

一行は、その日の晩は、モーテルに宿泊する。そこでドンスは、改めて親に捨てられることの辛さを話し始める。しかしながら、ソヨンの人柄の良さを知ったドンスは、彼女を非難することはなくなった。ソヨンはウソンを抱きしめて、「生まれてきてくれてありがとう」と伝え、明日育て親候補に引き渡すことを決める。

翌朝、育て親候補に会いに行く一行。ところが、サンヒョンの姿が見当たらない。サンヒョンを除いた一行は、取引を里親候補と話を進めていくのだが、その最中に警察が突入して来て一行を逮捕する。

その後、ウソンを引き取ったのはスジンであった。ソヨンたちが出所した後に、ウソンを育てられるように手配をするのであった。




THE END
=====
観た一万本の映画を整理中 解説付きで

筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
line

メイド・イン・ヘヴン

2021年公開の日本映画。
監督 丹野雅仁。
脚本・企画・製作・原案:カマチ
主演は手塚理美・国広富之。

かずさ映画製作委員会製作の第二弾。
原作はカマチの小説『メイド・イン・ヘヴン』(アメージング出版)。
メイドインヘヴン(英語:Made in heaven)とは英語の成句で「天で作られた」

あらすじ
あの世での話
あの世も生前と同じ世界が存在する。死んでも人は自宅で暮らす。
先に死んだ妻は自宅で待っていた。
しばらくして夫も死んだが事故で記憶喪失になっていた。

しかし

あの世とは小説家が作った世界だった。



line

生きちゃった(2020)〜現在作業中

ABCDEFG
生きちゃった(2020)〜現在作業中

★数行で映画紹介しなければ
幼なじみの妻・奈津美と5歳の娘・鈴と暮らす山田厚久は平凡だがそれなりの生活をおくっていた。厚久には幼なじみの武田がいる。ある日、会社を早退して帰宅すると、妻と見知らぬ男が情事にふけっているところを目撃する。あまりにも急な出来事に戸惑いを隠せない厚久は自らの感情に蓋をするしかできなかった。その日を境に厚久と奈津美、武田の関係は歪んでいき、予期せぬ方向へと向かっていく…。

★ショウトしょうとSHORT

========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
監督 石井裕也
脚本 石井裕也
製作総指揮 石井裕也
出演者 仲野太賀
大島優子
パク・ジョンボク
毎熊克哉
太田結乃
柳生みゆ
TOBI(レ・ロマネスク)
MIYA(レ・ロマネスク)
芹澤興人
北村有起哉
原日出子
鶴見辰吾
伊佐山ひろ子
嶋田久作
若葉竜也
音楽 河野丈洋
主題歌 仲野太賀・若葉竜也「夏の花」
撮影 加藤哲宏
編集 普嶋信一
制作会社 RIKIプロジェクト
ビッグアーチ
製作会社 『生きちゃった』製作委員会
配給 フィルムランド
公開 日本の旗 2020年10月3日
上映時間 91分

★概要ネタバレ
本の配送業者で働く山田厚久は、高校時代から仲が良かった奈津美と結婚し、
2人の間には5歳になる娘の鈴がいます。

厚久は、奈津美と鈴の為に、高校時代からの親友である武田と起業する事を考え、
英語や中国語を学んでしました。

厚久は、自分の本心を伝える事が苦手で、
奈津美の前でも口数が多くありません。

奈津美は、そんな厚久に不満を感じており、
厚久の実家に帰った時も、厚久の兄、透が引きこもっている事や、
厚久の両親が苦手な事から、
奈津美は厚久に「あっちゃんの家族は壊れてる」と伝えます。

厚久は、そんな奈津美の不満に気付きながらも、何も語りません。
奈津美と鈴が眠った後に、厚久は実家にいる透と再開します。

祖父の墓参りの為に、実家に戻っていた厚久は透に「あんなにお世話になったのに、
爺ちゃんが生きていた実感が沸かない」と伝えます。

透は何も言わず、厚久に親指だけを立てて立ち去ります。

仕事先で体調を崩した厚久は、早退し自宅に戻ると、
奈津美が洋介と交尾をしている現場に遭遇します。

突然の事に感情が錯綜した厚久は、何事も無かったかのように
鈴を幼稚園に迎えに行き、自宅で寝込みます。

目覚めた厚久に、奈津美は「この5年間、愛情を感じなかった」と、
一方的に厚久へ離婚を突きつけます。

厚久は、遠い目をしたまま「分かった」とだけ答えます。

厚久は、奈津美と鈴と住んでた家を出て、養育費だけを振り込むようになります。

ある時、武田の部屋を奈津美が訪ねて来ます。

突然、厚久と離婚した奈津美を武田は責めますが、奈津美は妊娠していた時に、厚久が自宅で、元婚約者の早智子という女性と一緒にいた所に遭遇していました。

早智子は、奈津美へ丁寧に頭を下げますが、奈津美は無言で2人を見つめるしか出来ませんでした。

また、奈津美は高校時代から武田の事が好きだった事を告げますが、武田は奈津美を突き放します。

厚久は、鈴の養育費の為に、英語と中国語のレッスンを辞めます。

そのまま武田の家に泊まった際、厚久は奈津美が忘れていったマフラーを見つけ、武田から「奈津美がここに来た」と知らされます。

厚久は「そうか」とだけ答えますが、厚久の本心が見えない事を、武田は責めます。

過去に厚久と武田は音楽でプロを目指していた事から、武田は厚久の気分を変える為に、音楽のライブへ誘います。

半年後、奈津美は鈴と一緒に、洋介との生活を始めていましたが、洋介は全く働かず、奈津美の収入だけを頼っており「デリヘルでもやって稼げ」と言い放ちます。


奈津美は、そんな洋介に「デリヘルでも何でもやる、あんたと別れる気持ちは無い」と逆に洋介へ詰め寄ります。

ですが、奈津美のパートの収入だけでは辛い為、厚久に生活費を振り込んでもらっていました。

厚久は実家に帰り、両親と透に、奈津美と離婚した事を伝えます。両親は奈津美の悪口を言いますが、透だけは黙って聞いていました。

透は、奈津美の住んでいるアパートを訪ねます。

ですが、再就職した洋介のお祝いを奈津美と鈴はしており、透は一度アパートを離れます。

洋介が、ジュースを買う為に外へ出た所、待ち構えていた透は、洋介の腕を掴み首を横に振ります。

ですが、逆上した洋介は、透を殴って振りほどきます。透は大麻を常習的に吸っており、情緒不安定な所がありました。

透は、洋介を追いかけて、石で頭部を殴り命を奪います。

半年後、刑務所に収監された透を、厚久は両親と訪ねていました。父親の提案で、久しぶりに厚久は家族との写真を撮ります。

一方、奈津美の方はというと、洋介が借金400万円を残していた事が発覚し、金融屋が自宅に押しかけてきました。


数日後、厚久が奈津美を訪ねますが、奈津美と鈴は実家に戻っていました。奈津美は実母に鈴を預け、歌舞伎町のデリヘルで働くようになります。

半年後、奈津美は、デリヘル嬢を狙った殺人鬼に遭遇してしまい、殺害されてしまいます。厚久の所にも刑事が現れ、奈津美が亡くなった事を聞かされます。

厚久は武田と奈津美の葬式に参列しますが、奈津美の母親に追い返されたうえに、鈴は奈津美の実家で育てる事を聞かされ「鈴の事は忘れてほしい」と伝えられます。

半年後、厚久は武田と、奈津美が殺害されたホテルを訪ね供養します。

厚久は「奈津美が生きていた実感が沸かない」とつぶやきますが、武田に「奈津美は生きていた」と諭されます。

厚久は、本当に大切な人に本心を伝える事が、昔から苦手で、早智子を自宅に入れた時も、その悩みを聞いてもらう為でした。

武田は、厚久を乗せて車を出し、奈津美の実家の前を通過します。

庭で遊ぶ鈴を見た厚久は、そのまま立ち去ろうとしますが、武田は「今の気持ちを、鈴に伝えろ」と涙を流しながら説得します。

武田から説得された厚久は「俺には出来ないかもしれない」と泣きながら、車を降り、鈴のもとへ走っていきます。
THE END
=====
観た一万本の映画を整理中 解説付きで

筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
line

ソワレ(2020)〜現在作業中

ABCDEFG
ソワレ(2020)〜現在作業中

★数行で映画紹介しなければ

★ショウトしょうとSHORT

35分から映画は始まる
それまでは?
男女は駆け落ちする。
女が父のレイプしているところを、男が止めた。
女は父をナイフで刺して、二人で逃亡したのだ。


========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
監督 外山文治
脚本 外山文治
製作 豊原功補
出演者 村上虹郎
芋生悠
岡部たかし
康すおん
塚原大助
花王おさむ
田川可奈美
江口のりこ
石橋けい
山本浩司
音楽 朝岡さやか
亀井登志夫(音楽監督)
撮影 池田直矢
編集 加藤ひとみ
制作会社 新世界合同会社
製作会社 2020ソワレフィルムパートナーズ
配給 東京テアトル
公開 日本の旗 2020年8月28日
上映時間 111分

★概要ネタバレ
翔太は俳優を目指して上京しましたが、芽が出ず、
今ではオレオレ詐欺に加担して、
食い扶持を稼ぐ自堕落な日々を送っていました。

劇団の稽古でも翔太ひとりだけが台詞を覚えてこなかったため、
演出家から厳しい言葉をかけられるありさまです。

ある夏、翔太は故郷の和歌山にある高齢者施設で演劇を教えることになり、
劇団の仲間と共に施設を訪れました。

その施設ではタカラという少女が働いていました。
タカラは口数が少なく、黙々と仕事をこなしていました。
怖い顔をして寝ている老人に「笑えないときはこうやって笑うんよ」
と口元に指をやってタカラは微笑みました。

翔太たちは和歌山県に伝わる『安珍・清姫伝説』を題材にした物語を上演するために、
入居者の老人に熱心に指導していましたが、
突然、入居者のひとりが倒れ、息をひきとるのを見て、動揺します。

タカラは、刑務所に入っている父親が出所するという知らせを受け、
不安にさいなまれていました。
通知に記された罪状は「婦女暴行」とありました。

そんな中、タカラが世話している老人が急に彼女に手を伸ばしてきました。
驚いたタカラは悲鳴を上げ、部屋を飛び出します。
その間に、老人は部屋を抜け出し、行方がわからなくなってしまいました。

老人はみつかりましたが、老人はタカラを激しく拒みます。
施設の別の職員があっさり、老人を説得するのを見て、タカラは落ち込みます。

その様子を観ていたひとりの女性劇団員が、祭りに行こうとタカラを誘います。

仲間から迎えに行くようにと言われた翔太は、
タカラの部屋の窓が突然割れてガラスの破片が飛び散り驚きます。
あわてて部屋に入ってみると、
刑務所帰りの父親からレイプされているタカラの姿がありました。

翔太は男にとびついて引き剥がすと、
タカラに向かって「逃げろ!」と叫びますが、
タカラは動けずにいました。


タカラの父親が翔太を攻撃しだした時、
タカラがそこに飛び込んできます。
彼女の手には大きな裁縫鋏が握られており、
父親は腹から血を流して苦しみ始めました。

あわてて救急車を呼ぼうとする翔太の行為をやめさせるタカラ。「俺が証言するから、本当のことを言ったらいい。君は悪くない」という翔太にタカラは「もう何度も話した。大勢の前で何度も何度も」と言い、「うち、ずっとお父ちゃんにひどいことされてきたんよ。なんで私だけこんなひどい目にあわんとあかんの?」と叫びました。

その言葉を聞いた瞬間、翔太はタカラの手を取り、部屋を飛び出し、2人は真夏の風景の中を走り出しました。

翔太は駅で時間待ちをしていた列車に飛び乗りますが、タカラはドアの前で躊躇します。

「自首してくる。翔太くんに迷惑はかけられない」というタカラに翔太は「なんで弱いやつだけ損せなあかんねん!傷つくだけのために生まれてきたのとちゃうやん!」と叫びました。

タカラは意を決したように電車に飛び乗り、ふたりの逃避行が始まりました。

逃げ切るのは無理というタカラに翔太は
「絶対逃げたる。俺、かくれんぼ得意やねん」とおどけたように言い、タカラを励ましました。

廃校に入り込もうとする翔太に『学校にはいい思い出がない』というタカラ。「誰かの心にはタカラのことが残っているかもしれないやん」という翔太に「それはない」というタカラ。翔太は「誰かの心に残っておきたいから役者やってる」と言うのでした。


空き家に入り込んだりしながら転々としていた2人でしたが、ついに所持金がなくなり、通りがかった農家に飛び込み「バイトさせてください」と頼みます。

農家の女性が不審そうにふたりをみるのを見て、タカラは咄嗟に「駆け落ちなんです!」と叫んでいました。

懸命に仕事をしたふたりは、農家に泊めてもらいますが、深夜、翔太がその家の金を盗もうとしているところを見つかり、家を飛び出すことになってしまいます。

和歌山市内にやってきた翔太は、ギャンブルで金を増やそうとしますが、負けてしまいます。「負けるって言ったやん」と責めるタカラに「どっちが多く稼げるか勝負しよ」と翔太は言いました。

翔太がパチンコ屋にはいる一方、タカラはスナックに飛び込み、仕事を得ます。客の相手をしながら、タカラは頬に指をあてて微笑んで見せました。


翔太はパチンコに買って、タカラのためにとマニキュアをゲットしますが、
待ち合わせ場所のコインランドリーでタカラを待っていると、
彼女はほんの少し頬を赤らめて、やってきました。

彼女がバイトしてきたことを知り、
翔太は恥ずかしくなって、
ゲットしてきた商品を隠します。
タカラは「ちゃんと働けてるって言われた。別の人生みたい」とご機嫌でした。

自分の不甲斐なさに直面した翔太は
「俺ら、逃げてるんやぞ! 遊びやないねんぞ」と怒鳴ります。

挙げ句に、お前のせいで人生台無しや、
どうてくれるねんと口走り、ふたりは決裂してしまいます。

タカラは翔太が戻ってくると信じて待ち続けますが、彼は帰ってきません。
自首しようと警察署も訪ねますが、結局何もできずに出てきてしまいます。

レイプした父は病院に運ばれてしばらくして死亡。
警察は殺人事件として操舵開始。

県立美術館のすみで眠っていたタカラは、
翔太が立っているのに気が付きました。
「タカラっていい名前やな」と翔太がいうと
「大っきらい!自分が全部嫌い」とタカラは叫んでいました。

「いいな、役者って。いろんな自分になれて。私もなろうかな」
とタカラが翔太に向かって言うと、翔太は「なれるで」と応えました。

ふとみると、翔太の姿はありませんでした。
しかし、タカラが少し歩くと翔太が再び現れ、
ふたりは向かい合って安珍と清姫の台詞を交わしあいました。
しかし翔太の姿はまた消えてしまい、タカラだけが残されていました。

橋の欄干に登り、川に飛び込もうとするタカラ。
しかし、飛び込めず、橋の上にうずくまってしまいます。
そこに誰かが通りかかりました。
翔太でした。

「ごめんな、遅くなって」と翔太はタカラに歩み寄り言うのでした。
「ほんまはなんもないねん。才能もない、
人の心に残るような特別なやつやないねん。
人には言えへんこともした。どうしようもないねん。俺かて一人やねん」

2人は堅く抱き合いました。

ホテルに入り、抱き合うふたり。
しかし、タカラの体は翔太を受け入れられず、
「ごめん、ほんとにごめん」とタカラは涙ぐむのでした。

翌朝、目覚めたタカラは隣に眠っている翔太を愛おしそうに見て、手を伸ばそうとしました。
その時、自分の指にマニキュアが塗られているのに気が付きます。
タカラは心に温かいものが満ちてくるのを感じていました。

しかしそんな間にも警察はふたりを追って、すぐ近くに来ていました。

フェリー乗り場で切符を買った2人は、警察の姿を認めてあわてて逃げ出します。
しかし、途中でタカラは走るのをやめてしまいます。
「翔太くん、また見つけてな。沢山の人の心に残る役者さんになってな」

早く逃げろ!と叫ぶ翔太。

しかし、タカラは追ってきた警官につかまり、
翔太は「そいつ全然悪くないんです!」とタカラのもとへ駆け寄りますが、
警官に羽交い締めにされてしまいます。

それからどれくらいの月日がたったでしょうか。
翔太は東京でアルバイトをしながら、芝居を続けていました。

昔と違って、熱心に台本を読み、稽古にいそしむ翔太。
ある日、仲間たちが訪ねてきて鍋を食べて帰ったあと、
翔太は高校時代に作った自主制作映画のDVDを何気なく見ていました。

すると、その中で翔太が扮する人物が
「ほら、つらいときは、こうやって笑い」と台詞を言って、
頬に指をあてて笑ってみせる姿が映っていました。
それはタカラがしばしば行っていた動作と同じものでした。

翔太は目を見開いてその場面を再生しました。

あの時。高校の教室で映画を撮っていたその時、
黒いスーツを来た大人に連れられて廊下を歩いていた少女。

翔太は思わず嗚咽し始めました。

翔太は思い出していました。
シーンの撮影を終えて、仲間たちとカメラを覗いていた翔太が振り返ると、
廊下にたたずんで後ろ姿を見せた少女が指を頬にもっていく姿があったことを。


THE END
=====
観た一万本の映画を整理中 解説付きで

筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
line

脳天パラダイス(2020)〜現在作業中

ABCDEFG
脳天パラダイス(2020)〜現在作業中

★数行で映画紹介しなければ
東京郊外の大豪邸。家族の大黒柱である男性は、
借金苦で泣く泣く我が家を手放すことになり、
肩を落としながら引っ越し準備にあたっていた。
そんな父に苛立ちを募らせる娘は、
「今日、パーティをするので誰でも来てください」
とヤケクソでツイート。

★ショウトしょうとSHORT
内容がナンセンスで あきれました。

========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
公開日: 2020年11月20日 (日本)
監督: 山本 政志
出演者
南果歩
いとうせいこう
田本清嵐(タモト清嵐)
小川未祐
玄理(玄里)
村上淳
古田新太
柄本明
上映時間:95分

★概要ネタバレ
東京郊外の高台にある一軒の大豪邸で引っ越しの準備が進められ、
あとは業者のトラックに荷物を積み込むだけとなる。
家長の笹谷修次(いとうせいこう)が破産したのだった。
引きこもり気味の息子ゆうた(田本清嵐)は
現実を淡々と受けとめる一方、
生意気盛りの娘あかね(小川未祐)は不甲斐ない父親にイラついている。
あかねはヤケクソ気分でTwitterに「今日、パーティーをしましょう。誰でも来てください。」
と地図付きでツイートして、ふて寝。
すると瞬く間に投稿が拡散され、知らぬ間にリツイートを知らせる通知が鳴り響いていった。
ツイッターを見て、数年前に恋人を作り家を出ていった元妻・昭子(南果歩)が現れ、
ゆうたは久しぶりの母との再会を喜ぶが、
修次やあかねにとっては招かれざる客でしかない。
借金まみれになり一家離散目前の笹谷家にツイッターを見たインド人のゲイカップル、
やる気のない運送業者、手癖の悪いあかねの友人、
台湾から来た観光客の親子、酔っ払いのOL、恋人を探しているイラン人、
謎のホームレス老人(柄本明)などといった客が次々に押し寄せ、
修次は頑なに追い返そうと一人奮闘するものの珍客は増え続ける。
やがて豪邸はドンチャン騒ぎを超え、
ヤクザが賭けの場に使ったり
庭は縁日の境内状態になる。
特別なコーヒー豆が巨大化して肉食植物になり人々を襲う。
銅像が謎の光線を放ち、肉食植物は破壊された。
翌朝
集合したメンバー帰宅していった。
引越し前に、家族で記念撮影


THE END
=====
観た一万本の映画を整理中 解説付きで

筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
line

2021年邦画 8本

邦画
劇場版 奥様は、取り扱い注意(2021)E〜Mr.&Mrs. スミスの模倣

キネマの神様(2021)E〜日の目を見た脚本

君は永遠にそいつらより若い(2021)D〜レズになってしまいました

総理の夫(2021)D〜妻が総理になった

花束みたいな恋をした(2021)A〜似た者同士の恋の行方

半径1メートルの君(2021)G〜短編オムニバス

街の上で(2021)D〜恋人に振り回される男

老後の資金がありません!(2021)D〜天海祐希の主婦はつらいよ

キネ旬
第1位 「ドライブ・マイ・カー」
第2位 「茜色に焼かれる」
第3位 「偶然と想像」
第4位 「すばらしき世界」
第5位 「水俣曼荼羅」
第6位 「あのこは貴族」
第7位 「空白」
第8位 「由宇子の天秤」
第9位 「いとみち」
第10位 「花束みたいな恋をした」
line

2020年代前半 83本


数年遅れの最新 12本

2021年 邦画8本

2020年 洋画16本

2020年 邦画47本

line

イチケイのカラス(2023)〜現在作業中

ABCDEF
イチケイのカラス(2023)〜現在作業中

★数行で映画紹介しなければ
自由で型破りな裁判官・入間みちおの活躍

岡山県瀬戸内に異動した入間みちおは、
主婦が防衛大臣に包丁を突きつけた事件を担当する。
背景にあるイージス艦と貨物船の衝突事故を調べようとしたが、
国家機密のイージス艦の航海内容は明かされない。
同じ頃、坂間千鶴は隣町で弁護士を始めていた。

★ショウトしょうとSHORT

キムタクドラマ「HERO」を完全に
検察官から裁判官に
スライドしたドラマで
同じような演出

2つの話も過去の映画のコピー的

========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
スタッフ

監督:田中亮
原作:浅見理都

キャスト

竹野内豊
黒木華
斎藤工
向井理
柄本時生
西野七瀬
水谷果穂
桜井ユキ
小日向文世
山崎育三郎
吉田羊
宮藤官九郎
八木勇征
尾上菊之助
平山祐介
津田健次郎
田中みな実

★概要ネタバレ

秋名市

岡山県瀬戸内に異動した入間みちおは、
主婦が防衛大臣に包丁を突きつけた事件を担当する。

背景にあるイージス艦と貨物船の衝突事故を調べようとしたが、
国家機密のイージス艦の航海内容は明かされない。

坂間千鶴は隣町で弁護士を始めていた。

海上自衛隊のイージス艦と民間貨物船の衝突事故が発生。
亡くなった船長・島谷(津田健次郎)の墓参りに訪れた
防衛大臣・鵜城英二(向井理)に対して、
船長の妻・加奈子(田中みな実)が傷害事件を起こした。

事故当日、貨物船は法に基づく通常の運航ルートを外れていた可能性が高く、
「事故の責任はあくまでも貨物船の方にある」とすでに結論付けられていましたが、
貨物船のGPS記録は船の沈没により消失し、
イージス艦側の運航記録は“紛失”してしまっていました。

慎重な性格で、操船技術も高かった夫が事故を起こしたとは
どうしても信じられない加奈子。
みちおは彼女に真実を伝え、
全てに納得した上で自身が犯した罪と向き合ってもらうためにも

“職権”を発動”。

傷害事件の背景にある衝突事故の再調査を宣言します。

一方の弁護士千鶴は、シキハマ株式会社・日尾美工場の社員がトラック運搬中に
落とした荷物が、老婦人・トメが運転する後続車の前に
土埃を起こし交通事故を誘発した事件を通じて、事務所に所属せず、
各地を渡りながら依頼を引き受け続けている弁護士・月本信吾(斎藤工)と出会います。

トメの計らいによって二人は同事件の弁護をともに担当することになり、
無事にシキハマ・日尾美工場との裁判に勝訴しました。


やがて月本は、日尾美工場では社員の急な配属替えや退職が度々あること、
そうした社員たちは皆病院で長期治療を受けていることから、
工場内で“健康被害”が発生している可能性を指摘。その調査への協力を千鶴に頼みます。

工場内へ不法侵入し、工業排水を採取するなどの強引な手段をとりながらも、
社会正義を貫こうとする月本の姿に、千鶴は次第に惹かれていました。

衝突事故の調査を進めようとするみちおの元には、
例の防衛大臣・鵜城が姿を現しました。

事故発生時、貨物船の船員たちは船長を含め頭痛・吐き気などの体調不良に陥っていたが、
それは事故発生日の前日に行われた船内での酒盛りが原因である可能性が高く、
船長の名誉を守るためにもその情報を伏せていたと語る鵜城。

裁判官交代!!

「あなたのこれからを応援しています」
とだけ言い残した鵜城との面会を終えたみちおは、
加奈子の傷害事件の担当から外されてしまいました。

対して、工場から採取した排水から、
基準値を超える量の有毒な有機フッ素化合物が検出されたと分かった千鶴と月本は、
公民館を借りて日尾美町の住民に向けた説明会を行っていました。

しかし説明会の途中、日尾美工場の工場長・木村(平山祐介)率いる社員たちとシキハマの顧問弁護士・三田村(尾上菊之助)が乱入。
三田村に排水の入手ルートの不明瞭さを指摘され、
シキハマ側が準備した別のデータを提示されてしまったことで、説明会は無駄に終わりました。

後日、千鶴は港の廃棄物集積場で、月本が工場長・木村から大金を受け取る姿を目撃しました。

月本は、日尾美工場の環境汚染と健康被害を解決する気はなく、環境保護団体に情報をリークし事態を大きくした上で、最終的には「環境汚染はない」と住民にアピールし、日尾美工場から謝礼金兼口止め料を得ることを画策していたのです。

月本がそのような行動をとったからこそ、環境汚染は確実に存在すると理解する千鶴。その後、自身の息子が環境汚染による健康被害を受けているラーメン屋店主・松原から依頼を受けた彼女は、“民事裁判”として日尾美工場への健康被害訴訟を起こしました。

その訴訟の裁判長を担当することになったみちお。
原告・松原の弁護士を千鶴が、被告・シキハマの弁護士を三田村が務める中、みちおは例の排水の入手ルートが不明瞭であると改めて指摘し、工場周辺の土を徹底的に検査するよう千鶴に命じました。

訴訟裁判が始まった途端、松原の営むラーメン屋のガラス戸が投石で割られるなど、悪質な嫌がらせが始まります。

日尾美町の経済には欠かせない大企業・シキハマに楯突くことに不安を隠せない松原を千鶴は励ましますが、彼女の暮らすアパートも何者かに放火されました。

千鶴と火事の現場で遭遇した月本は、訴訟を取り止めるよう忠告した上で「真実の追求を依頼人のためではなく、正義感という我欲のためにやっているのでは?」「正義を振りかざした代償を払えるのか」と指摘しました。

月本は7年前、「自身の勤めている建設会社が耐震偽装をしている」と妹から聞かされた際に「自分が弁護を務め、必ず守るから」と内部告発を促しました。しかし会社は隠蔽を続け、同僚たちから執拗な嫌がらせを受け続けた結果、彼の妹は自ら命を絶ちました。

会社は最終的に耐震偽装を認めたものの、月本の妹を自殺へと追い込んだ一件について罪に問われることはありませんでした。その時に月本は“法の不完全さ”を痛感し、以来自らが抱いていた社会正義を否定するようになったのです。

千鶴はそれでも、真実を追い続けることを誓います。そして月本に「“真実”から目を背け続け、“暗闇”のままでいることが怖くないのか?」と訴えました。

家を失くし、日尾美町の商店街内にある事務所にも泊まれない千鶴は、秋名市にあるみちおの家へと向かい、一晩泊まらせてもらうことに。

眠りにつこうとする中、千鶴は月本に指摘された正義感について弱音を吐きますが、みちおは「悩んで悩んで悩み抜くことでしか、いい答えは見つからない」「もっと悩め」と答えました。

後日、みちおは月本を呼び出します。

「シキハマから金を巻き上げたにも関わらず日尾美町に残り続けているのは、日尾美工場の環境汚染の“新たな情報”を入手したから」と考えていたみちおは、千鶴がシキハマからの和解提案を断り、最後まで訴訟を闘い抜こうとしていることを告げました。

月本は密かに、“新たな情報”が入った封筒をみちおに渡します。その封筒の中には、5人の子どもたちと工場の社員たちが映った、古びた写真が入っていました。


その後、月本は神社の階段から何者かに突き落とされ、命を落とします。報せを聞き、雨に濡れながらも警察の遺体安置所に駆けつけた千鶴は、月本の亡骸を前に涙を抑えられませんでした。

後日、千鶴は港の波止場で、釣り人姿のみちおと会います。

工場周辺の土壌汚染が確認できたこと、シキハマ側は「長年の工場稼働で長期間にわたり有害物質が蓄積されただけで、健康被害とは関係ない」と弁明したが、工場は隠蔽のため“汚染土の入れ替え”を行っていた可能性が高いことを報告する千鶴。

彼女の報告を聞いたみちおには、“真実”が見えつつありました。

千鶴は今回の裁判の右陪席・土井(柄本時生)と左陪席・赤城(西野七瀬)とともに、例の日尾美工場のトラックが誘発した交通事故の被害者・トメの車を調査します。そして、車に残っていた土埃を採取し分析した結果、それは汚染土だと判明しました。

一方、みちおは都内開催のイベントに出席していた防衛大臣・鵜城と会います。

みちおは「沈んだ貨物船を引き揚げれば“真実”はすぐに明らかになる」と提案しますが、鵜城はそれを拒否。「鵜城が今回の裁判に対し過剰に反応する真の理由」に思いを巡らせながらも、みちおは釣り人や漁師と交流する中で、事故の目撃証言を集められたと明かしました。

裁判と調査が続く中で、千鶴のアパートを放火した犯人も警察に逮捕されました。その正体は、日尾美町商店街にある和菓子屋の息子で、千鶴とも親しくしていた幸太郎(八木勇征)でした。


健康被害訴訟の第4回公判。裁判を進めるにあたって、みちおは“異例の証人尋問”として傷害事件の加害者・加奈子を証言台に立たせます。

貨物船とイージス艦の衝突事故の“真実”を伝えるみちお。

事故現場付近の無人島に設置されていた監視カメラの映像により、貨物船はイージス艦側の証言通り、通常の運航ルートを外れていたのが確認できたこと。

事故当日、日尾美工場から運搬された汚染土が積まれていた貨物船は、汚染土の隠蔽のために無人島へ土を運ぼうとしていたこと。


衝突事故発生の前日、例のシキハマのトラックが誘発した交通事故での「土埃が起こった」という証言からも、トラックが密かに運搬していた汚染土を密閉した容器が、事故の際に破損したこと。

密閉されないまま汚染土を貨物船に積んでしまった故に、船員たちは体調不良に陥り、最終的に事故を引き起こしたこと……。

夫が日尾美工場の環境汚染の隠蔽に加担していた……「日尾美町で生まれ育ち、町のことを愛していたのに」とショックを受ける加奈子。

千鶴は続けて、健康被害に遭った工場社員たちの治療費が町役場から“緑地造成費”として補償されていたことを指摘した上で、日尾美町の住民を長年診てきた医者であり、日尾美工場の産業医も務めている悦子に証言を求めました。

悦子は、日尾美工場の環境汚染を隠蔽し続けてきたのはシキハマではなく“日尾美町の人間”と告白した上で、町が隠し続けてきた真実を語ります。

100年以上も町の経済を支えてきた日尾美工場でしたが、今から5年前、工場稼働時に排出される有害物質の国際基準に法改正がなされたことで、シキハマ本社から「工場負担での有害物質の処理設備の導入」を要請されました。

設備を導入できるような金は工場にはない。一方で工場がなくなれば、社員たちやその親族はおろか、社員たちがいたから成り立っていた近隣企業・商店街も立ちゆかなくなる……結果、“環境汚染の隠蔽”を日尾美工場に関わる人々は選んでしまったのです。

「法律は“こぼれ落ちた人間”を守ってくれない」「工場もかけがえのない“故郷”だった」「あなたが、日尾美に来なければよかった」……日尾美町に生きる人々が傍聴席で涙を堪えられない中、自身も健康被害を受けていた悦子は“真実”を追い続けた千鶴を責めます。

みちおは「あなたたちの町は病気です」「町は、すでに壊れていたのでは」と諭し始めます。

「法律は確かに万能ではないが、法律があるから、人間が生きるための権利は守られる」「壊れたのなら、壊れたところから始めるしかない」「それが、大切な故郷があるべき姿に戻るための1歩目となる」……。


みちおの「判決を即決で決めたい」という提案に応じる千鶴と三田村。判決は、原告であるラーメン屋店主・松原の勝訴となり、被告・シキハマは日尾美工場での環境汚染を認めた上で、原告側へ慰謝料を払うことになりました。

裁判後、港のそばを歩いていたみちおの前に鵜城が現れます。

事故の目撃証言の中には「イージス艦に鵜城大臣が乗っていた」という証言があったこと、その事実を公にできなかったが故にイージス艦側は航海記録を“紛失”させ、鵜城も過剰に反応したことを指摘するみちお。

鵜城は事故当日、イージス艦では新開発の対艦ミサイルを搭載しての極秘訓練が行われていたこと、その事実を国民に知られたら、国防に数十年単位で遅れが出たであろうことを語ります。


“真実”を隠し通す覚悟があるのかと問うみちおに「私は私なりのやり方で国を守る」と答え、その場を去った鵜城。やがて彼は会見を開くと、イージス艦航海記録の管理責任をとる形での防衛大臣の辞任、そして一政治家としての再スタートを表明しました。

裁判を経て工場が閉鎖された後、日尾美町商店街はかつての活気を失っていました。“真実”を追った代償を痛感しながらも、千鶴は月島が亡くなった神社の階段へ訪れ、花束を供えました。

そこに姿を現したみちお。そして千鶴に、月本から渡された例の写真を見せました。

写真に映っていた子どもたちは、小学校時代の悦子、輝夫、木村、島谷でした。かつて学校の課題研究を通じて「工場もまた自分たちの“故郷”なのだ」と知った子どもたちは、成長し大人となっても、それぞれの立場で工場を守ろうとしていたのです。

また月本は亡くなる直前、悦子、輝夫、木村と神社で会っていました。

隠蔽に耐えかねていた輝夫が、環境汚染を究明してもらうべく、千鶴へトメの交通事故や松原のことを紹介していたのが明らかになる中、月本は「町の悲しみを、自分も弁護士として受けとめる」と4人に裁判で証言をするよう説得しました。

しかし月本は、「工場を守る」とかつて約束した子どもたちの“もう一人”……データの改竄を行い、本社への虚偽報告を担っていたシキハマの顧問弁護士・三田村に階段から突き落とされ、命を落としたのでした。

悦子と輝夫によると、階段から突き落とされた直後も意識がかすかにあったという月本。彼が最期に遺した千鶴への言葉をみちおから聞かされ、千鶴はその場で泣き崩れました。

月本を殺してしまった三田村も含め、隠蔽に加担した日尾美町の住民一人一人と弁護士として向き合うことを決意する千鶴。その決意を聞き届けたのち、「坂間さんと絡むのは、もうごめんだ」と言うみちおに、千鶴も「それは私も同じです」と答えました。

三田村の月本殺害事件の初公判。千鶴が弁護士として法廷に出席する中、裁判長を務めるみちおは「全員が納得する答えを見つけましょう」という言葉とともに裁判を開廷しました……。
THE END
=====
観た一万本の映画を整理中 解説付きで

筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
line

日本の悲劇(1953)〜現在作業中


日本の悲劇(1953)E〜娼婦の母を許せない息子

★数行で映画紹介しなければ

夫が戦死して、子供を育てるために売春するが・・・

★ショウトしょうとSHORT

母は育てたと、子供に見返りを求めてはいけません。
子供が幸福であればいいのです。
子離れを見届けて、黙って去っていくべき。

トルストイのアンナ・カレーニナに
なぜか似ていると勝手に思ってます。

時系列にそってない演出で
落ち着けないですね


やたら政府批判。
政府に期待しすぎですね。

========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
監督 木下惠介
脚本 木下惠介
製作 小出孝
桑田良太郎
出演者 望月優子
桂木洋子
佐田啓二
高橋貞二
上原謙
音楽 木下忠司
撮影 楠田浩之
配給 松竹
公開 日本の旗 1953年6月17日
上映時間 116分

★概要ネタバレ
熱海の旅館で働く戦争未亡人・春子の生き甲斐は、
英語塾や医科大学に通わせている娘・歌子と息子・清一。

春子は、時に闇屋をやり、
時に売春などをしながら、子供たちを育てていた。

子供たちはそんな母に依存しながらも軽蔑していた。

清一には養子縁組の話が来る。
苦労して育ててきた春子は猛反対する。

清一は、両親の結婚が、
春子の話と違って姉・歌子が妊娠してできた子だったと知り
衝撃を受けてしまった。
大学の寮を出て裕福な開業医の養子になってしまう。

歌子は、一人暮らしで働きながら英語塾に通っていたが、
英語塾を開く赤沢との関係を、赤沢の妻から疑われていた。
好きでもない赤沢に迫られて、
春子に無断で赤沢と駆け落ちした。

投機に失敗した春子は、歌子が駆け落ちしてしまい。
借金に追われた春子は、前にも金を借りた、
虫の好かない“旦那”の岩見が待つ湯河原温泉に向かう。
なかなか春子は決心がつかず、
清一に借金返済の相談をするが、
「お母さんなんか馬鹿だ、ふしだらだ」と言われてしまう。
春子は「久しぶりに“お母さん”って言ってくれて嬉しいよ」と言い残し、
清一の前から去る。

子供たちに見捨てられた春子は熱海への帰路の途中、湯河原駅で降り、
衝動的に反対側のホームに入ってきた列車に飛び込む。

自殺した夜、春子が勤めていた熱海の旅館の片隅には、
春子に何かと気にかけてもらっていた流しの達也のギターの音色に
耳を傾けながら涙ぐむ
板前修業中の煮方・佐藤の二人が、「いい人だった」と
春子を悼む姿があった。

THE END
=====
観た一万本の映画を整理中 解説付きで

筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
line

ダイヤモンド作戦(1966)〜現在作業中

ABCDEFG
ダイヤモンド作戦(1966)〜現在作業中

★数行で映画紹介しなければ
リスボンを訪れたアメリカのビジネスマンが、
紛失したダイヤを巡る各国スパイたちの争いにまきこまれる

★ショウトしょうとSHORT
中学生の頃観て大好きだった作品
やっとYOUTUBEで観れた。


映画音楽 「夜のストレンジャー」 フランク・シナトラ
========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
A MAN COULD GET KILLED
アメリカ Color 99分
初公開日: 1966/05/26 公開情報:UNI
監督:ロナルド・ニーム  
出演:ジェームズ・ガーナー | メリナ・メルクーリ | サンドラ・ディー

★概要ネタバレ
イギリス銀行業界の依頼を受けて、ポルトガルの資源調査にやって来た、アメリカ人ベドーズ(ジェームズ・ガーナー)は、出迎えのイギリス大使館員ハットン・ジョーンズから秘密諜報員としての取り扱いを受けた。数日後、イギリス本国から高価なダイヤが盗まれリスボンに密輸されたらしいから調べろとの、電話が入った。ベドーズはオーロラ(メリナ・メルクーリ)という美しい女性に食事に招待された。彼女はベトーズが何者かに殺害されたイギリス大使館員の愛人で、食事中、意外な事実を話してくれた。死んだ愛人が最後の電話で言った3つの言葉「赤い豚」「土曜日」「米」が消えたダイヤに関係があるらしい。そして、その電話に大きなくしゃみの音が入ったという。早速、「赤豚ホテル」を訪ねたところ、そこにはスパイ団らしい、あやしげな一味のほかにベドーズとはすでに顔なじみの、スチーブ(アンソニー・フランシオサ)とエミー(サンドラ・ディー)が来ていた。スチーブはダイヤ探索に協力し、発見者としての賞金がほしいらしい。次に米を積んだ貨物船を探しに波止場に行った。急に雨が降ってきて、探索に協力していたハットン・ジョーンズが大きなくしゃみをした。ベドーズはジョーンズを殴り倒した。この事実が露見すると大使館が迷惑するから、ジョーンズをヨットに移そうと提案したのは、オーロラの知人マシソン博士だった。その頃スチーブとエミーは、山道の途中で出会った救急車の中から、巨額の債券を発見し、ベドーズに報告に来た。それを見たマシソン博士は、いきなり拳銃をつきつけ、悪党の本性をあらわした。マシソンに一同がとじこめられた時、ハットン・ジョーンズが、自分はイギリスの陸軍秘密諜報員であることを打ちあけた。一同は力を合わせて、マシソンのヨットから脱出を図った。積荷のブランデーに火をつけて、騒ぎたてたのだ。数時間後、マシソン一味は港のパトロール艇に、全員逮捕された。スティーブは、ついにダイヤを発見し、賞金とエミーの愛も得た。オーロラはベドーズと別れたが、彼が再び自分のところへ戻って来ることを知っていた。何故なら彼女はベドーズの切符と旅券をすりとっていたからだ。
THE END
=====
観た一万本の映画を整理中 解説付きで

筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
line

殿、利息でござる!(2016)〜現在作業中


反省 以前観たのを忘れていました。こわい〜

ABCDEFG
殿、利息でござる!(2016)〜現在作業中

★数行で映画紹介しなければ
18世紀に仙台藩の吉岡宿で
宿場町の窮状を救った町人達の記録『国恩記』(栄洲瑞芝著)を元にしている。

★ショウトしょうとSHORT

宿場町では無料で伝馬役を課せられて
宿は負担に耐えきれずに宿をたたみ
宿場町として維持できなくっていた。

町の繁栄なしには店が成り立たない。

千両を藩に献上して、伝馬の役を免除させる作戦に出る。

========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
監督 中村義洋
脚本 中村義洋
鈴木謙一
原作 磯田道史「穀田屋十三郎」
(『無私の日本人』所収)
製作 池田史嗣
ナレーター 濱田岳
出演者 阿部サダヲ
瑛太
妻夫木聡
竹内結子
千葉雄大
羽生結弦
松田龍平
草笛光子
山﨑努
音楽 安川午朗
主題歌 RCサクセション「上を向いて歩こう」
撮影 沖村志宏
編集 川瀬功
制作会社 ザフール
製作会社 「殿、利息でござる!」製作委員会
配給 松竹
公開 2016年5月14日
上映時間 129分

★概要ネタバレ
1766年(明和3年)の仙台藩領内の宿場町・吉岡宿。
仙台藩の宿場町には宿場町間の物資の輸送を行う「伝馬役」が課せられており、
通常は藩より宿場町に助成金が支給されているのだが、
吉岡宿は藩の直轄領ではないため助成金が支給されていなかった。

このため、伝馬役にかかる費用は全て吉岡宿の住人が負担して町は困窮し、
破産者夜逃げ者が相次ぐ有様であった。
このような町の有様を案じていた造り酒屋の当主・穀田屋十三郎は、
町の窮状を訴えるため、代官に訴状を渡そうとするが、
京から帰ってきたばかりの茶師・菅原屋篤平治に命が危険であると止められる。
ある日の晩、未亡人ときが営む煮売り屋「しま屋」で篤平治と偶然一緒になった十三郎は、
吉岡宿を救う手立てが何かないか相談する。
篤平治が出した策は、吉岡宿の有志で銭を出し合い藩に貸して利息を取り、
それを伝馬役に使うという奇策であった。
百姓がお上にお金を貸すなど、案を出した当の篤平治ですら夢物語と言うほど
現実味がない策のように思われたが、十三郎は策の実現のため、同志集めと銭集めに動き出す。

十三郎と篤平治は吉岡宿の実力者である遠藤幾右衛門と千坂仲内を説得して同志に引き入れ、
秘密裏に銭集めを進めていくが、十三郎たちの行動は次第に吉岡宿の人々の関心を集めるようになり、周囲に諭されて銭を出す者や名誉欲に駆られて銭を出す者も現れ出した。
また、私財を売り払ってまで銭集めに奔走する十三郎に対し、息子の音右衛門が反発するなど問題が山積していた。
そんな中、十三郎の弟で実家の造り酒屋浅野屋を継いでいた甚内が協力を申し出て、目標額の千両に相当する5千貫文を集めた。出資する商人が尊敬を集める一方で出資しない商人が蔑まれるなど宿場内に出始めた不和を心配した千坂は銭を出した商人たちに徹底的に慎みを求め、子々孫々にいたるまで出資を自慢せず、上座に座る事もなく慎ましい生活を送る事などを誓わせる。

しかし、十三郎たちの申し出は、代官橋本権右衛門、郡奉行・今泉七三郎を経て
仙台藩庁に提出されるが、出入司の萱場杢に却下されてしまう。
人々は策を諦めかけるが、守銭奴と悪評が立っていた先代・浅野屋甚内が、
伝馬役の免除のために銭を貯めていたと分かる。
つまり十三郎の実の父も同じことを考えていたのだ。
養子に出されて今は父ではないが。

吉岡宿のためにコツコツ貯めていた先代甚内に
感銘を受けた代官・橋本は再度嘆願する。

50年余りの貯金だったので
萱場は申し出を受け入れる。

しかし、「藩は銭(貫文)は取り扱わないので、金(両)で納めるように」と言われる。
藩は財政難で銭を乱発していたため交換比率が下がっており、さらに銭が必要となった。
吉岡宿の人々が各々銭を工面するが銭が足りない。

十三郎は甚内が酒屋である浅野屋はもうすでに蔵じまいをしていた、

を潰すほど出資したり、
音右衛門が仙台に奉公に出て10年分の給料を前借りするなどして千両を揃えた。

十三郎たちは萱場から報奨金を受け、浅野屋のために銭を渡そうとするが
甚内はその銭さえも宿場の人々に分け与えようとして固辞。
そこへ藩主・伊達重村が現れ、3つの酒名を与えて浅野屋を潰さぬよう命じた。
THE END
=====
観た一万本の映画を整理中 解説付きで

筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
line

最初のきっかけは作戦が必要

映画「最後の恋のはじめ方」より
ニューヨークで恋愛コンサルタントを営むヒッチ。
「僕が学んだことを、男たちに教えねば。
それなりの作戦と技がなきゃ、恋愛できない」

出会いの演出から、
エチケット、ファッション、デート中の会話にいたるまで、

独自の恋愛理論と徹底した身辺調査で、

恋愛が苦手な多くの男たちを3度のデートで幸せに導いてきた。

但し、真面目な恋愛をする男の相談のみを行うのがポリシー。

最初のきっかけを上手に演出して、

1回目のデートに、こぎつけるアドバイスをする。

いろんなパターンがでてくる。

要はきっかけなのだ。

第3者が2人の出会いを演出するのは

そんなに難しいことではないだろう。

女性の私生活、家族構成、女性の好みなど
入念に調べつくす。

女性が犬を飼っているのであれば、

その犬を迷子にさせて

命がけで犬を助けるような演出までしてしまう。
line

最初のデートの申し込みは第三者に任せる

最初のデートの申し込みは第三者に任せる

恋愛コンサルタントを営むアレックス・ヒッチが言う。
映画「最後の恋のはじめ方」より

朝起きて今日一日誰にも言い寄られたくないと

思っている女なんていない。

女性は、こんな風に言うだろう

「恋をする気分ではない」

「自由を楽しんでいたいのよ」

「今は男よりキャリアをUPしたいの」

信じる? 

彼女も信じてない。 

なぜなら、彼女は嘘をついているから、男にね。

意味わかる? それも大嘘。  

恋をする気もあるし、自由なんて別にいらない。

キャリアも確かに必要だが、彼女の本音はこういうこと。

「ほっといてよ」 

もしくは 「下手な口説き方ね」 

思い当たる?

人間のコミュニケーション方法の60%は言葉じゃない。

ボディーランゲージだ。

30%は声の調子。

つまり人が交わすコミュニケーションのうち、

90%は言葉じゃないってこと。

彼女が嘘をつくのはあくまで男を傷つけないため断るため。

しかたない、知らない相手なんだから。

今はね。

彼女がどんな美女でも

デートすることが出来る。 
もちろん逆に、どんな男でも。

アプローチ次第でね。

自分を創るのはいただけない。

内気でも社交的でも、ありのままの自分を出す。

なぜなら男の本当の姿を彼女は知りたがるからね。

ヒッチは最初のデートに持ち込むアドヴァイスを行う。

これは第三者が介入した方が、うまくいくだろう。

きっかけは肝心。

前出のペット作戦、無線を宅配で彼女に送る作戦、

店員、勘違い作戦

お目当ての女性に「ちょっとおねえさん、ビールふたつ」

日本でも仲人とか縁結びが好きな人いますよね。

出会いのきっかけをつくるキューピットは必要だということ

お見合いして、結婚するタイプじゃないので

女性がことわろうすると

縁結びの女性が言う。

「わかった。とりあえず花嫁衣裳があるので、着てみたら」

花嫁衣裳を着た女性は、いつのまにか結婚してしまう。

そんな不思議な実話を

テレビ番組「新婚さん、いらっしゃい」で観たことがある。

ことわざ

「縁は異なもの 味なもの (えんはいなもの あじなもの)」

男と女のめぐりあい、結びつきというものは、

予測のつかないほんとうに不思議なもの、

おもしろいものだということ。

line

最後の恋のはじめ方(4)成功の鍵は一歩引くこと

最後の恋のはじめ方(4)成功の鍵は一歩引くこと

最初のデートで
君の本当の姿を彼女は知りたがる。

それは、一気にたくさんかもしれないし、少しずつかもしれない。

君は今夜、どんな話をしようか、

もしくは相手の気持ちを知りたがるだろう。

でも忘れるな! 

すでにデートは成立してるんだ。 

NOとは言わなかった。
YESと言ったんだ。

気に入ったから会おうと思った。

そっけなく断るんじゃなくてね。

つまり、彼女に好かれようとする努力はもう必要ない。

今後の目標は、ただヘマをしないこと。

僕にはこの服も靴もとてもよく似合っていると考えることが大切だ」

成功の鍵は一歩引くこと。

彼女を観賞するな。 
例えば絵画鑑賞のデートだとする。

彼女が絵を見てたら、他の絵を見に行け。

ただし目は離さないこと。

目が合えば軽く手を振ればいい。

それだけで彼女は嬉しいからね。

夜、お店を出たらふらっと歩けばいい。

絵について話そう。(今日の出来事)

どの絵が気に入ったか、その理由も聞くこと。 

答える彼女の口元を絶対にジロジロ見ない。

彼女の裸も想像にしちゃいけない。

彼女の話をきちんと聞いてそれに答えるんだ。

じゃないと自分が答えるときにこんなことしか言えなくなる。

「君の口元 sexyだね」 ではなく

「僕は像の写真が良かったな。 とても迫力があり・・・」

そう それでいい。

2回目のデート成立だ! 
line

奈緒子(2008)

奈緒子(2008)

マラソン青春映画 上野樹里・三浦春馬

喘息の療養で訪れた島で、
12歳の奈緒子は走るのが大好きな10歳の少年・雄介と出会う。
ある時両親に連れられ釣り船で沖合に出た奈緒子は、誤って海に転落、
救助してくれた雄介の父が命を落としてしまう。

以来、奈緒子は罪の意識に悩む。

6年の時が流れ、
雄介は高校陸上界期待のランナーになっていた。
駅伝に転向した雄介は、
やがて初めてのレースに挑戦する


line

クイーンシーバ 

クイーンシーバ

ファミリーマート 目黒東山一丁目店の向かいです

以下の地下になります

クイーンシーバ2

和訳すると シバの女王
ワンコーラスだけ自声披露1分(YOUTUBE)

line

SAKIMORIの続編

沙希子(サーキー SAKI) 映画脚本家の行方

作品の紹介サイト

現在 続編

ミュージカル「カサブランカで朝食を」 SAKIBLANCA

新SAKIMORI(サンズリバーサイド) 沙希子の母も脚本家

沙希子の椿姫  SAKITUBAKI

不知火の肖像  時をかける物語 第二版改定中








line

高輪いきいきプラザ

高輪いきいきプラザ

住所 港区高輪三丁目18番15号

1 品川駅
JR山手線・京浜東北線 品川駅 西口(高輪口)徒歩10分

駅を背にして右へ
第一京浜道路に沿って
300メートル以上歩く

高輪歩道橋を渡り、左折 約270歩で目的地

高輪公園内に入らない
高輪いきいきマップ


P高輪いきいき


-----------------------------
2 高輪ゲート駅

JR山手線・京浜東北線 高輪ゲート駅 徒歩10分?

駅の降り口は一つ  エスカレータで下る
駅の降り口を背にして 右へ(品川駅方面)

最初の信号 (高輪二丁目交差点)

左に見えるミヤコシティーホテル側に行く
ホテルを右にして 約250歩

高輪歩道橋が見えたら、右折 
高輪歩道橋


約270歩で目的地
高輪公園内に入らない
高輪いきいきマップ


P高輪いきいき

---------------------------
line

白金いきいきプラザ  行き方


白金いきいきプラザ

高輪白金駅 3番出口 徒歩8分

三番出口 (エスカレーターで上がります)

1 右に「ローソン」があります。
ローソンを 右にして直進

 (約160歩)

2 道路を面した 左角に「ヤブザキ信栄堂薬局 」
白金(ヤブザキ信栄堂薬局 )

上の写真の右側に 右折する交差点が見えてますね。

3 道路(数歩)を渡って

ヤブザキ信栄堂薬局 を左して 
直進(約48歩)

4 交差点 信号 (交差点名なし)に着きます。
左がスナック「博多」
道路先の右が「鬼わそと」看板

5 交差点を右に渡る

直進 (約188歩)

6 小出自動車会社を右折
(頭上に 白金商店街の看板)
白金商店街


直進(約167歩)

7 白金保育園を 左折
白金保育園


直進(78歩)

8 右側に  いきいきプラザ

白金いきいきプラザ

------------------
line

「時代劇研究所」への行き方 2023年6月版

地下鉄(銀座線) 田原町駅 1番出口

直進 約125歩 で 
左手角 「コスモ石油」が見えます

コスモ石油P6240233 (1)

コスモ石油を 左折して 約470歩で 「時代劇研究所」です

ここ (1)

時代劇研究所は土足禁止ですので内履きをお願い致します。
住所 台東区寿1丁目3-4

-----------------------

line

冬のライオン セリフその4(終わり)

映画「冬のライオン」から

ヘンリー王
「お前たちが結束する日は 豚が空を飛ぶ日だ!」

后エレノア
「その朝になれば 豚は飛びます
新しい息子は結束の口実になり
国を出れば失うわ」

「ただちに みんなが?」

「フィリップも加わるわ」

「・・・」

「それでもローマへ?」

「・・・」
「勝ったわ 私の勝ち」

「武装兵千人を従えては あざといか?」

「あきらめなさい」

「かわいそうに 言いにくいが 見込み違いしたな」

「何を?」

「留守中は良妻の振りをすると 約束すれば 息子たちは自由だった」

「自分の息子を幽閉する気?」

「しないで か? しばらくシノンにいさせるのもよい」

「父上は私と寝たと思う?」

「どうせ寝たと言うだろう」

「とりみだした?」

「わしは やるぞ」

「捨てないで 引き留めるためなら何でもする」

「そなたにできるものか」

「なんでも言って!」

「我々の仲は終わった」

「なにか命じて!」

「聞かんくせに」

「父上とのことだけど・・・」

「わかった 死んでくれ!」

「わたしはあなたが死ぬのを待つわ」

「哀れな女だ。嘘のつけない」

「つきました。 父上を愛さなかった」

「本音をはいたな」

「あなたに触れるたびに 父上を思ったわ ジェフリーと」

「その程度の中傷では わめかん」

「ルイより もっと あなたを裏切ったわ
捨てれば殺すわ」

「やってみろ」

「父上の体が忘れられない 美しかった」

「戯言を」

「今でも目に浮かぶわ あの腕・・・
たくましくて ここに傷が・・・
今でも感じるわ」

ヘンリーは傷ついて外へ出ようとする。

「どう 少しは傷ついた?」

「本当に抱かれたわ あなたが隣の部屋にいる時」

ヘンリーは出ていった。

一人になったエレノア

「どの家庭にも浮き沈みはあるわ。
寒いわ。からっぽ。
もう元には戻れない・・・
そうなの? ヘンリー」

------------------



line

冬のライオン セリフその3

「私達の出会いを覚えているか」

「時刻も あなたの靴下の色も」

「そなたの顔がまぶしくて見えなかった」

「あの日は雨だったわね」

「ほとんど話さなかった」

「そうだったわね」

「初めて出会った美しさに歩み寄り 触れてみた
どこで度胸を見つけたのか」

「私の瞳の中よ」

「愛していた」

キスをして頬を寄せ合う。

「無効宣告はやめて。離婚はやめて」

「させんか?」

「諦めた方がいいわ」

「あれはただの気まぐれだ」

「安心したわ あなたを失うかと思った」

「いかに好奇心と知性を動員しようと分からん。
なぜわしを失える?
会いもせず一緒どころか そばにも住んどらん仲だ
手紙も書かんし 使いも送らん
テムズを越えて贈り物も せん仲だ」

「そうね」

「別個の人間は心が通じていなければ失うこともない」

「絆を感じない?」

「わしを縛れないことは承知のはずだ」

「つまずかせるだけ。 あなたの敵は皆ローマに繋がり
てこずらせます」

「わしは朽ち果てる油絵ではない。 まだ何年も生きる」

「何年? わたしがあなたを一年引き止めたら?
最初の息子(アレースとの子)が長男のように死ぬこともありえます
私達同様 次が娘だったら? ありえることです
その時に 父君は何歳におなり?
足はよろけ 関節はガタガタに 
臆病で萎えた 腰抜けになっている」

「ご心配かたじけない」

「もしあなが死んだら? それも考えなければね
か弱いアレースといたいけな王子はどうなるの?
リチャードが王子の成人まで待つわけがない」

「まさか そそのかすまいな」

「それどころか リチャードを 王子の部屋に送り込むわ」

「そんなことはさせん」

「ご心配なく あなたが死ぬまで待ちます」

「エレナ! 何が望みだ?」

「あなた同様に 私の息子を王位に。私はもう息子は作れない
リチャードだけ 彼を葬りながら 私を残酷とは
この十年 私からすべてを奪い 他の女を愛しながら
そんな私が 残酷と?
あなたの皮を剥いでも 神は正義だと言って下さるわ」

「たしかに わしも長くない
ついに避けられぬ日も来よう
頼む 即位式には息子を王に!」

「涙で迫っても 私には通じません」   

「息子が欲しいんだ」

「三人で十分。これ以上必要ありません。

「幸運を祈ってくれ 私は行く

「ローマへ?」

「法王に会う」

「行けるものですか」

「正午に発つ 馬の尻にわめけ 王妃の地位も復活祭までだぞ」

「反乱を起こすわ 3人の息子と組んでね!」

その4につづく
line

冬のライオン セリフその2

「ローマ法王がお許しになるの?」

「わしの力で法王になれたので。許すさ」

「私を外し、アレースを入籍・・・
なぜ?」

「新しい妻に息子を産ませる」

「あなたが辟易することがあるとすれば
息子を持ったことのはずなのに」

「わしは息子が欲しいのだ」

「あなたの息子を産んだ娘たちで 国が一つ作れるわ
腐った子の数は?」

「わしの息子はみんなそうだ」

「離婚は本当なの?」
「心のそこから そう思っとる」

「三人の息子は血と肉の一部よ」

「コブと同じだ。取り除ける」

「私達が作った私達の子よ

「ああ すごい奴らだ。ジェフリーは最高の傑作だ。
あれは舵取り装置で動く機械だ。
ジョン! やつの裏切りは そなたの差し金か?」

「・・・」

「嘘をつくのは若さゆえ。欺瞞も子供だからと許し。
盗みも女遊びも見過ごしたが。
子供でなくただの男だ」

「わたしの責任にしないで。あなただけの作品よ」

「リチャードはそなたのだ・
なぜフィリップと取引させた?」

「疲れ果てて 忙しくもあり・・・」
二人は友達です」

「奴は一番できが良かった。
そなたに奪われて抱けもせず」

「抱く気もなかったでしょ?」

「奪い合って。夫とは別居できても。 息子とは無理か」

「すべてはあなたが仕向けたこと」

「やつのために寝台を追われた」

「わたしはロザモンドに追われた」

「それで片付ける気か そんな他愛もない理由でか」

「愛していたわ」

「嘘だ」

「今でも」

「そなたの嘘の中でも最も下劣だ」

「だから今までとっておいたのです」

二人はハグする。

「私達は関わったすべてのものを壊しました」

「してしまったことだ。 仕方がない」

続く

line

冬のライオン セリフ1

「わしをとり戻したいか?」

「あの子は愛の欲求は枯れないと信じている」

「たしかに。 そなたは未だ跳ね橋のごとく
 男はすべて通過させる」

「交通量は減りました」

「何をたくらんでいる?」

「リチャードに会いました。三人を勘当なさるおつもり?」

「しないかもしれん。どう思う?」

「どうでもいいわ。食事さえ忘れてしまいそう」

「そなたの嘘ならいくらでも聞こう。
欲の皮もついに緩んだか」

「疲れ果てました」

「眠れ! わしを料理して食べる夢でもみろ!」

「やめて!ちょうだい。 何がお望み?
私はどこにでも署名しますわ」

「なにを望んでいる?」

「安らぎを! すべてを終わらせたい。塔に戻して一人にさせて」

ヘンリーは拍手喝采

「誓うわよ」

再度 拍手喝采

「約束するわよ」

拍手にうんざりするエレノア

「枕は? 肩掛けは? 誓いは神への冒涜! 署名は紙の無駄!
わしのおまえへの罵倒を無視するな! よく聞け!」

「一体!どこでどうやって間違えて こんなクリスマスを迎えることに?」

「毎日の積み重ねだ」

「私はどうなるの?」

「さすが女猫は瀕死しても、好奇心が旺盛だ。
わしの計画を知りたいか?」

「バチカンを征服しようが(離婚成立)
尼にならせようが、ご勝手に。
私はジョンヘの割譲(後継者はジョン)の署名をして
寝たいだけ」

「寛容すぎて嘘っぽい」

「血でも唾でも何でもいい。早く署名させて」

「そなたの署名はいらない」

「要らない?」

「そなたをいたぶるのは楽しい」

「え! ジョンヘの王国割譲をしなくていいの?」

「その通り」

「軽薄なあなたは嫌い。リチャードは見限り、今度はジョンまで?」

「やっとわかったか」

「わたしを痛めつけるといいわ。降参よ。何が欲しいの?」

「新しい妻だ」

「私を妻から外すと言うのね」

その2へ続く





line

冬のライオン 感想その2

イギリスとフランスの半分を領土としたヘンリー二世は
ノルマンディー出身。
僕的にはヘンリー二世が治めた国を「ヘンリー帝国」と勝手に名付ける。
12世紀半ばに突如として勃興して、初代英国王になる。

乱立していた英国は、フランス出のヘンリーによって統一される。
織田信長的だが、フランス人気質だろうか?
決して権力のために親を殺したり、妻子を殺さない。
幽閉という手段をとる。

後継ぎ問題は、長男が若くしてなくなっって始まる。
妻は残った息子3人のために、夫を殺すか幽閉しよとする。
妻エレノアはヘンリーより12歳年上で、
フランス女性らしく数々の不貞を行う。
エレノアとヘンリーは従兄弟に近い関係だが、
エレノアの財産によって
「ヘンリー帝国」を作った最大の貢献者ですね。

後継ぎ問題
次男 後に「獅子王」と言われるリチャード。 義経のように勇猛果敢
三男 父母の愛にめぐまれずに猜疑心しかない。
四男 ジョン 知的におとり不器用

ヘンリーは純朴なジョンを溺愛して、後継ぎにしたいと思う。
エレノアは次男リチャードを後継ぎに推す。


ヘンリーはエレノアの度重なる反乱の罪で幽閉してしまう。
リチャードの妻として養女にしていたアリエールに手を出して
ヘンリーはアリエールを妾にしてしまう。

現在執筆中





line

ロジャー・ムーア

ロジャー・ムーア

今日5月23日は命日ですね。

デビュー作は「雨の朝巴里に死す」なんですね。

007「死ぬのは奴らだ」で 人気俳優に。

ロストイントランストレーション」で

ラジャー ムーワー と発音すると知りました。
運動音痴で、スタンドマンにラブシーンまでも任せたという伝説が

サーキーの映画の時間
------------
line

面影(1976)〜クラーク・ゲーブルとキャロル・ロンバート半生

ABCDEFG
面影(1976)〜クラーク・ゲーブルとキャロル・ロンバート半生

★数行で映画紹介しなければ
クラーク・ゲーブルとキャロル・ロンバードのドラマチックな
ロマンスを再現した恋愛映画

飛行機事故によって、
33歳の若さで亡くなった女優キャロル・ロンバートの後半生を描いた作品。
39年に結婚したクラーク・ゲーブルの回想という形で、
二人のロマンスを中心として語られる。

★ショウトしょうとSHORT
「へい!G!」と言われるクラーク・ゲーブル

事情通によれば
映画をドラマチックに盛り上げるための改変ないし脚色が多いそうだ。
事実じゃないにしても実に拍手喝采の脚色ですね
========
★概要ネタバレは基本情報のあとに
========

★基本情報
1976年製作/アメリカ
原題:Gable and Lombard
監督: シドニー・J・フューリー
音楽: ミシェル・ルグラン
撮影: ジョーダン・クローネンウェス
出演:
ジェームズ・ブローリン
ジル・クレイバーグ

★概要ネタバレ
1942年1月17日、アリゾナ州の山岳地帯に旅客機が墜落した。
旅客機にはキャロル・ロンバード(ジル・クレイバーグ)が乗っていた。
彼女こそ30年代を代表するスターであり、
当時『キング』クラーク・ゲーブル(ジェームズ・ブローリン)
の最愛の女性でもあった。
現場に飛んだゲーブルは、飛行機が落ちたという山頂を見守り続け、
キャロルとの波瀾に富んだ関係を想い出していた。

1930年代のクラーク・ゲーブルは、まだ週給100ドルも稼げない俳優だった。
ビバリー・ヒルズの大邸宅で開かれるパーティに招待され、出かけた。
MGMの宣伝部長イバーン・クーパー(レッド・バトンズ)から服装を注意され、
体よく追い返された。
帰り道、反対方向から飛ばして来た救急車を避けそこね、
街路樹に衝突して動かなくなってしまった。
仕方なく邸に引き返したゲーブルが見たのは、
救急車から出て来た金髪の女性が「一杯食わせたでしょ!」
と集った人々を相手に得意気に叫んでいる場面だった。
女性こそ、パラマウント映画のドル箱スター、キャロル・ロンバードだった。
車を壊され、怒ったゲーブルはキャロルに抗議する。
「大スターだって、あんたみたいな無礼は許せない、
謝るのが すじだろう」
「言ったわね。私に喧嘩うるわけ? さあ かかってきなさいよ」
「女性だろう なんだそのファイティングポーズは? ふざけるな」
キャロルが一発ゲーブルを殴る。
あまりのパンチにゲーブルは吹っ飛んだ。
「いいパンチしているな」
「わたし ボクシング習っているのよ」
キャロルは車の修理代として300ドル、
ボクシングのレッスン代として10ドルをゲーブルに投げつけた。

数年、「或る夜の出来事」で爆発的な人気を得たゲーブルは、
MGMの看板スターになった。

ゲーブルとキャロルの共演映画が製作されることになった。
ゲーブルはかつてのパーティを思い出し厭がったが、社長命令で、
しかたなく昼食会に出かけた。

ゲーブルは何時間も待たされた。
窓から外を見ると、キャロルは外でみんなとはしゃいでいた。
怒ったゲーブルは帰ろうとすると、キャロルが現れた。

「あら! 車のプリンスちゃん」
「おれは キングと言われている」

キャロルは衣装を脱いで、目の前で下着姿になりナイトグローブに着替える。

「今日は嫌なあんたと、会社がランチしろと言うから来たんだ。
それをこんなに待たせやがって、いったい何様だ?」
「なんですって?」
怒ったキャロルはフルーツの盛り付けてあったボールを
クラーク・ゲーブルの頭の上からひっくり返して
フルーツを頭にかぶせた。
お返しにゲーブルはケーキを顔にお見舞いして
2人はののしり合い、子供のように食物を投げつけあった。

帰りの車の中で、ゲーブルは同行していたクーパーに
「明日の朝の9時までにキャロルをものにしてやる」という賭けを申し入れた。
夜、キャロルの出席するパーティにゲーブルも出席した。
外から言われたものを持ってくるゲームがあって。
キャロルとゲーブルが一緒に外に探しに出た。
(おそらくゲーブルが仕掛けた)
あらかじめ雇った3人の暴漢に襲わせ怪我をした。
深夜の出来事で、「病院!病院と叫ぶ」ゲーブル。
狂言とは知らないキャロルは、
手当てするために自分の家へ連れて行き、手当する。
キャロルはゲーブルが赤チンを塗っただけだとバレてしまう。
「出ていって!まったく」

「俺は雷が落ちたんだ。あんたに惚れたんだ。
悪かった」
ゲーブルは言う、ドアを出た。
大きな倒れる音がした。
キャロルがかけつける。「また演技?」
完全に気絶している。
数分して気づいたゲーブルは「今度は本当にこけた」
二階の螺旋階段から踏みそこねたのだ。
二人は見つめ合いキス。

2人は一晩一緒に過ごした。

2人のトップスターの恋愛は、MGM、パラマウント両社にとって大問題だった。
ゲーブルには別居中とはいえリア(ジョアンヌ・リンブル)という妻がいるため、
不倫の恋は世論が許さなかったからだ。
会社側の強い説得で、2人は一度は諦める決心をしたが、
とうとう郊外に2人だけの家を借りて、つかの間の逢瀬に身をこがした。
リアも一度は離婚を承知したものの、
ゲーブルとキャロルのゴシップが新聞や雑誌に書きたてられたため、
離婚話をくつがえした。
ノリーン・ワトソン(キャロル・マクギニース)というナイトクラブのホステスが、
4カ月になるお腹の子供の父親がゲーブルであると、承知訴訟を起こした。
ゲーブルは今度こそ、映画俳優としての自分の将来が断たれたと覚悟し、
今やキャロルの名を守るだけに専念した。

全米の注目を集めて裁判が始った。
最終日、キャロルが自ら証人台に立ち、自分とゲーブルが長い間同棲生活を送っており、
ノリーンが訴えている問題の夜も、一晩一緒にいたと証言したのだった。

キャロルの証言が利いたのか、ゲーブルは無罪となった。

2人は、映画界を捨て、2人だけの生活を見出すべくハリウッドを去る決心をした。
映画界や世論は、2人の恋と勇気ある態度を支持し、大歓迎したのだった。
ゲーブルはリア夫人に離婚を承認させ、1939年3月20日、
アリゾナの小さな町で、静かな結婚式を挙げた。
長い回想が終り、ゲーブルは現実に戻った。
生存者は発見されなかったようだった。
ゲーブルを乗せた車は静かに遠去かって行った。
THE END
=====
筆者の公式サイト
話題の映画とか一過性の映画でなくて、
100年経過しても名作と言われる映画を追いかける
=====
line

渡辺 淳一 命日

化身

渡辺 淳一 命日

主な映画作品
『化身』
『別れぬ理由』
『ひとひらの雪』
『桜の樹の下で』
『失楽園』
『化粧』
『愛の流刑地』
『花埋み』
『遠き落日』
『リラ冷えの街』
『流氷の原』
『無影燈』(『白い影』)
『エ・アロール それがどうしたの』
『氷紋』
『北都物語』
『野わけ』
『ダブル・ハート』(『冬の陽』)
『まひる野』
『くれなゐ』
『麻酔』
『阿寒に果つ』
『雪舞』(『雪舞い』)
『メトレス・愛人』
『マリッジリング』
『きみに届く声』(『少女の死ぬ時』)
『泪壺』




line
line

line
おススメ映画検索
line
最新記事
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
恋愛
1位
アクセスランキングを見る>>
line
総アクセス数
line
カテゴリ
line
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

line
検索フォーム
line
sub_line